団子鼻はもう嫌!鼻筋を高く見せるノーズシャドウの入れ方をマスターして悩みを解消しよう

woman

美人顔と呼ばれる顔は、目鼻立ちがくっきりしたものが多いですよね。

そして、外国人のような彫りがあって、鼻筋が通った顔。

しかし、多くの日本人の顔に彫りは少なく、ぺちゃっとした団子鼻が多いので、鼻筋がスーっと通った顔に憧れを持っている女性も、多いのではないでしょうか?

憧れるけど、整形とかは怖いし費用もかかるから無理、と思っている方、彫りや鼻筋はノーズシャドウを使ったメイクで、簡単に作ることができるんですよ。

そこで今回は、目鼻を立体的な美顔になるノーズシャドウの入れ方について、ご紹介します。

バストトップをピンクに!黒ずみへの効果は?美白クリーム「ホワイトラグシュアリー」を試してみた感想や口コミをご紹介します
実は、多くの女性はバストトップの色の悩みを抱えている方が多いようです。 昔は、キレイな色だった...
朝のルテイン&プラセンタ「ひとみの専門店」口コミと評判・目にいい効果って?飲んでみた感想をご紹介します
長時間パソコン作業したり、スマホをみたりと現代人は目の疲れの症状に悩まされています。 細かい作...

準備するもの

まず、目鼻立ちくっきり顔にするために必要な、準備するものなどについて、ご紹介していきましょう。

ノーズシャドウ

make_up

ノーズシャドウにも様々なタイプがあるので、下記に代表的な2種類なタイプと特徴を挙げておきます。

pointパウダータイプ(パレット型)

  • アイブロウとしても使えるものが多く、ノーズシャドウだけ浮き彫りになることも少ない。
  • ブラシ付きのものや、ハイライトまでセットになっているものなど、種類も様々。
  • カラーバリエーションが豊富。
  • 初心者向け。

pointスティックタイプ

  • 影を出したいところにひと塗りして、指などでぼかすだけという、簡単に使えるもの。
  • クリームとリキッドの中間の使用感で、乾燥が気になる方にオススメ。
  • 力加減一つで、濃さにムラが出てしまうのが難点。
  • 数種類のカラーでのグラデーションを作る場合には、数本必要になるためコスパが低い。

ハイライト

gold

pointハイライトは、真っ白なものよりも、黄色味がかったものや、ゴールド系のものを選ぶと、仕上がりがとてもナチュラルになります。

また、Tゾーンのメイク崩れが起きやすい方や、テカリが気になるという方は、ノーズシャドウと合わせてハイライトを使用すると、これらを防止することも可能ですので、是非用意しましょう。

ブラシ

make

パレット型のパウダータイプノーズシャドウには、大抵ブラシが付属品として付いています。

なので、わざわざ用意することも無いのですが、付属品のものはどうしても小さいため、使いずらいものが多いようです。

point持ち手の長い、通常のブラシを1本用意するだけで、メイクのしやすさも格段にアップしますし、ボカシなども綺麗に入れることができます。

セットになったものも

ノーズシャドウがはじめての方には、自分で色を選ぶのではなく、3つの色がグラデーションでセットになったものがおすすめです。

濃い色とハイライトを組み合わせることにより、立体的な鼻筋を演出することができます。

ノーズシャドウの入れ方は?

次に、ノーズシャドウのメイクのやり方を、ご紹介していきます。

ノーズシャドウを引く

woman_face

point眉頭から小鼻に向かって、延長線上に繋がるように描くのがポイントです。

①眉頭下のくぼみに、太めのブラシで広めにシャドウを付けます。

(こうすることで、彫りを深く見せることができ、立体感を作ることができます。)

②次に、ブラシに残ったパウダーだけを、小鼻の両側ににつけてぼかします。

(この時、控えめに入れるのがポイントです。)

pointノーズシャドウを入れる際の、最も重要なポイントが、「小鼻までノーズシャドウを引いてしまうのはNG」ということ。

ノーズシャドウを毎回メイクで施しているような方でも、見受けられることなのですが、小鼻まで引いてしまうと、鼻が大きく、長めの方は特に存在感を出してしまうので、不自然な仕上がりになってしまうのです。

必ず、鼻の半分程度までで止めるようにしましょう。

ハイライトを入れる

face2

ノーズシャドウか終了したら、次は、ハイライトで光の部分を作ります。

pointハイライトは、鼻筋に沿って、真っ直ぐと入れるのがポイントです。

  • ノーズシャドウと同様に、長く引き過ぎることはNG。
  • ノーズシャドウと同じぐらいの長さで、止めておきましょう。

point鼻筋以外にも、【Tゾーン、Cゾーン、顎の先端】にもハイライトを入れてあげます。

そうすると、顔全体の立体感が生まれて、鼻もより高く見せることができます。

その他のポイント

make_up

上記の方法で、ノーズメイクは完成ですが、いくつかポイントをご紹介しておきましょう。

pointノーズシャドウのNGな引き方

  • 眉頭から引く時に、直角に入れてしまうと、ナチュラル感がなくなって不自然なメイクにになりますので、必ず、ブラシをすーっと滑らせながら、アーチ状をイメージして入れていきましょう。

また、眉毛を薄く描いている方に多いのが、ノーズシャドウの浮き彫りです。

眉毛をしっかりと描くと、鼻筋メイクが強調されずに済みますので、眉毛メイクも手を抜かずにしっかりと仕上げておきましょう。

まとめ

flower

ここまで、目鼻立ちくっきり顔になるノーズシャドウの入れ方について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

ハーフ顔のような、高井鼻、鼻筋の通り、小さな小鼻。

顔の中心にある鼻は、どうしても目に留まりやすいですし、相手に与える印象も左右しますね。

しかし、ノーズシャドウを使いこなして鼻筋メイクを手に入れれば、鼻に対するコンプレックスも少なくなりますよね。

光と影をうまく使い分け、顔に立体感もでることで、日本人特有のお顔からハーフっぽい顔立ちにしてみましょう♪