保湿しながら化粧直しのやり方は? 時短編とじっくり編メイク直し2つの方法 ⋆ MOFUBU

保湿しながら化粧直しのやり方は? 時短編とじっくり編メイク直し2つの方法

お昼休みはお化粧直しの時間!!という女性は多いと思います。

毎日、当たり前にしている化粧直し。だけど、そのやり方、間違っていませんか?

化粧直しは見た目だけではなく、肌にもとても良い行いです。

しかし、やり方が間違っていたら、それはとても残念な結果に…。

そこで今回は、化粧直しの正しいやり方について、ご紹介していきたいと思います。

短時間で直す方法

lipstick

まずは、時間が無いけどメイクが崩れてるから直したい!!という時にオススメの、化粧直しのやり方をご紹介しましょう。

ファンデーション

point時間が無いからと言っても、崩れたファンデーションの上に、重ね塗りするのはNG!

☆乾燥肌の方は、乾燥しやすい部分、お化粧直しする部分を乳液オフしましょう☆

  1. まず、肌に浮き出ている皮脂をティッシュオフして取り除きます。
  2. 少量のファンデーションを、叩き込むように塗りましょう。
  3. 目元と口元を入念に行うと、仕上がりが綺麗になるのでオススメです。
  4. 最後に、もう一度軽くティッシュオフすると、塗りムラが無くなって肌馴染みも良いです。

 ※注意しておきたいのが、あぶらとり紙は使用しないで下さい!

(必要以上に皮脂を取り除いてしまい、化粧直ししたのにも関わらず、またすぐに皮脂が出てきて崩れる原因になります。)

皮脂が多い方には、パウダーもおすすめ

pointファンデでメイク直ししたけど、皮脂が多くてすぐ崩れる・・・そんな方にはパウダー!

☆パール入りを使用すると、立体感も!紫外線効果のあるものを選びましょう☆

  1. ファンデをティッシュオフする。
  2. あまりにもファンデが崩れたてたら、その箇所だけ塗る。
  3. 最後に、フェイスパウダーを塗って完了。

※また、朝のメイク時に上からパウダーをのせると、ヨレや化粧崩れが防げます

アイメイク

pointアイメイクの化粧直しをするなら、アイラインを直しましょう!

アイラインが滲んでいると、目元が暗くなり疲れた印象になってしまいます。 アイライナーでしっかりと引き直しておきましょう。

※アイラインを直す時には、線が太くなりがちなので注意!

リップ

point唇の時短化粧直しに役立つのが、色付きグロス!

☆色付きグロスをひと塗りするだけでも、見栄えが違います☆

唇の中央部に重ね塗りすることで、ふっくらしたリップに仕上ります。

じっくりと時間をかけて直す方法

foundation

次に、仕事終わりのデートの前などに、時間をかけてしっかりと化粧直ししたい時にオススメのやり方を、ご紹介しましょう。

ファンデーション

point 崩れたファンデーションは、乳液で落としてしまいましょう。

☆ 乳液は、簡単にメイクオフでき、保湿効果もあるのでオススメのアイテム☆

  1. 乳液をコットンにのせて、メイクオフしたい部分を拭き取ります。
  2. 化粧下地を塗ってからファンデーションを、朝より薄く塗っります。
  3. 少量のフェイスパウダーで全体を均一に馴染ませてます。
  4. パウダーをお持ちの方は、上からフェイスパウダーをのせましょう。

※  朝と同量のファンデーションを塗るのは、色ムラを起こすのでNG!クスミやシミが気になる場合は、「コンシーラー」でカバーしましょう☆

アイメイク

pointアイメイクは、朝よりもしっかりと行うことがポイントです!

☆ 滲んだ目元は、乳液OFFしてパールやハイライトで華やかな目元に仕上げる☆

  1. パンダ目を直すために、ファンデ時と同様、乳液を綿棒に付けて拭き取ります。
  2. ダーク系のアイライナーでしっかりとラインを作り、パールやラメ入りのシャドーを使って、目元にメリハリを付けます。
  3. まつ毛も、ビューラーでしっかりと立ち上げましょう。

※マスカラは重ね塗りするとダマになるので、ビューラーだけで仕上げます。こちらも乳液オフ後、くすみがある場合、「コンシーラー」を先に塗るとキレイにメイク直しできます☆

リップ

point最初にリップライナーで唇の輪郭をしっかりと作ると、お顔全体に、きちんとメイクしてます感が出る。

☆目元しっかりで、お口はグロスだけという、ナチュラルなのもいいですよ☆

  1. 輪郭を作ってから、口紅とグロスを塗りましょう。
  2. 時短の時と同様に、唇の中央部にグロスを重ね塗りして、ふっくら感を出します。

まとめ

flower

ここまで、メイクを短時間で直すやり方と、時間をかけて直すやり方をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

メイクは大人の女性にとって、身だしなみの常識です。

でも、時間が経てばどうしても崩れてきてしまうもの。

いつでもメイク直しができるように、コットンや綿棒・クリームは小分けにして100均の容器などに入れてポーチにいれておくと便利なアイテムです☆急なお出かけにも安心ですよね。

トイレタイムなどの時間が無い時、お昼休みや仕事終わりで時間をかけられる時、それぞれに合った正しい化粧直しのやり方で、いつでもサラサラな肌と印象の良い目元・口元をキープしましょう。