セロトニン分泌してストレス太り解消の「青の花茶」!痩せるダイエットの秘訣とは

ダイエット中の【失敗談】としてよくあるのが、

・ストイックにしすぎて、ストレスがたまった

・も~、食欲抑えられない!

・食べたい欲求や空腹に我慢できず、イライラしてきた

・食べてる家族や友人にあたりはじめた(笑)

こんなふうに、ダイエット中は神経をすり減らしがちですが、食事量を減らして量を変えていないのに、なぜか太る時ってありますよね。

実は、ストレスをかかえながらダイエットをするとカラダが脂肪をためやすくなる「ストレス太りすることもあるんです。

ダイエットを続けていても、なかなか成果があがらないという方は、ストレスを抱えない環境作りが大切なんです。

リラックスダイエットティー「青の花茶」公式サイト

スポンサーリンク

青の花茶ダイエットが人気の理由は【ストレスフリー】

ダイエットの天敵の「ストレス」。

 ★このストレスを解消するには、 下記の2つが効果的だといわれています。

 point普段の生活からストレスをためこまないこと

 point質の良い睡眠をとること

青の花茶は、日常的にストレスを感じやすい人にリラックスできると人気のお茶です。

現代は、ストレス社会ですので普段から手軽に飲める青の花茶は、ダイエット目的だけでなく精神的にも役立ってくれるハーブティーと評判になっています。

天然バランス成分がストレスを解消する

heart

青の花茶の成分は、バラフライピー以外にも「甜茶・アマチャヅル・ラフマ・メグスリノキ」という天然の成分でバランスよく構成されています。

その中でもラフマは、自律神経のコントールに関係するセロトニンの分泌量を増やすサポートをするため、ストレス解消のサプリメントとしても配合されている有名な成分です。

point仕事の休憩時間に飲んだり

point冷蔵庫で作りおきして日常的に!

point眠る前に飲んでリラックス

こんな感じで、毎日飲むことで天然成分が普段から摂れるなんて嬉しいですよね。

味はハーブティーに甘みがプラスされたような感じでした

aonohanatya2

甘いものが大好きという女性だけでなく、普段食べない人もダイエット中にかぎってデザートを食べたくなるものです。

そんな甘いものが欲しくなった時にも、青の花茶はピッタリです。

飲んでみると【ふわ~と甘み】がしてきて、なんだかHAPPYな気分になれます(笑)

自然の成分なのに、口当たりのよい理由は、ティーパックを浸しておいても天然の渋みがでにくいように独自で改良されているから、時間がたっても美味しさを保てるからなんです。

カロリーが高いからおやつはガマン!と思っている時に、甘みがあるのに自然成分のカロリーゼロは有難いです♪

夜にお腹が空いても、ノンカフェインでカロリーオフなのでいつでも気軽に飲めるのところもメリットですよね。

青の花茶のオリエンタルブルーで癒されて「食欲抑制」

hanatya1

正直、初めて青の花茶をみたときは「えっ青色・・・」となりましたが、飲んでみると「少し甘めのハーブティー」でした。豆茶(バタフライピー)の天然の色素ということなので安心です。

青色は、写真のように徐々に変わっていくので好きな濃さをみつけてみてください♪私は、3分くらい浸してから飲むようにしています。

アレンジでレモンを加えるとクエン酸との反応で紫色に変化し、その美しさからインスタやツイッターなどのSNSでも評判となっています。

aono

また、青という色は食欲を抑制する色ともいわれています。

ランチや夕食と一緒に飲んだ時、癒しの効果と別に無意識のうちに食べすぎを防いでくれていたかも!思い返してみると、たしかに飲んでいる間は食べすぎるという事は少なかったように感じます。

ホットでもアイスでも飲め、豆乳やオレンジジュースと割ったりしても美味しくのめるので1年中楽しめます。

スポンサーリンク

 青の花茶の成分 92.6%の人が効果に満足!

seibun

青の花茶の成分は、ストレス社会で働く現代人にピッタリの成分。

90%超の人が納得したその成分の効果を詳しくみていきましょう。

バラフライピー(蝶豆)

pointアントシアニンがブルーベリーの4.2倍含まれていて疲れ目以外にも、ダイエットやエイジングケア、冷え性改善の働きがある万能のハーブです。

タイでは、美容や健康に飲んでいる方が多く、家庭菜園をしている家もあるようです。

アントシアニンは、目に良いイメージですがポリフェノールの一種なので抗酸化作用が高くアンジエイジング効果も高い成分です。

ほんのり甘い甜茶(てんちゃ)

point古くから健康的にも習慣として飲まれている甜茶。

ミネラルが豊富に含まれていて、抗アレルギー作用・アトピーなど体質改善効果あり、花粉症の人にもおすすめです。

ほんのり甘い味は、この甜茶の自然の甘み成分からなんですね。

アマチャヅルで冷え性改善

pointカラダの巡りをよくして、肩こりや冷え性・ストレス性の症状を鎮静する働きがあります。

習慣的に飲み続けることで、ストレスが溜まるのを防いでくれます。

サポニンが数多く含まれていて、細胞からの老化防止・肥満防止にも役立ちます。

 

ラフマでリラックス

point中国原産の健康茶で、血圧やコレステロールを下げたりイライラ解消に。

自律神経の調整にも役立つアミノ酸やミネラルも含まれていて、セロトニンの分泌をサポートし増やすので、様々なストレス軽減に効果が期待できます。

ぐっすり眠れない、すぐに起きてしまう不眠症の方にもオススメ成分です。

メグスリノキでデトックス

point眼精疲労や動脈硬化、二日酔いなどにも効果的。

肝機能をよくするため、デトックス効果が高まります。ケルセチンというポリフェノールの一種も含まれており、ビタミンCをサポートします。

体の修復作用もあるため、毎日の健康維持にもとりいれていきたいです。

安心の徹底された品質管理

aono

厳選した茶葉を丁寧に・・・独自の比率でブレンドされた青の花茶。

最新設備で、徹底した品質管理をしチェックしながら1つ1つ手詰めされています。

リラックスダイエットティー「青の花茶」公式サイト

スポンサーリンク

青の花茶ダイエットが続けられる理由は?メリットとデメリット

リラックス成分がタップリの青の花茶ですが、今までダイエットに挫折してた人も続けやすい理由をまとめてみました!

【メリット】ご飯はいつもどおり食べて、運動も無し

food

ストイックなダイエットは、結局リバウンドして少し減量できてもすぐに戻る人が多いですよね。ダイエットには「食事制限」と「運動」がつきものですが、青の花茶ならリラックスしながら、痩せやすい身体の状態をつくっていきます。

point朝・昼・晩と3食はきちんと食べて、間食したくなった時に【青の花茶】を飲んでみましょう。私も試しましたが、それだけでも間食さえしなければ、1ヶ月で2kgくらい減りました。

pointまた、青の花茶はコスパがいいです。公式サイトのラクトクコースなら初回980円で、2回目以降も1日あたり約150円 という低価格です。

コンビニで、お茶やジュースのペットボトル1本買うくらいですよね!コンビニにいくとスイーツからの甘い誘惑もありますので、水分補給や休憩のために青の花茶をマイボトルで持ち歩くのがオススメです。

 

 

【デメリット】ゆっくり体質改善しながらダイエット

diet

point青の花茶は、ご飯も食べて運動もしない分ゆったりと痩せていきます。

ですが、体質改善や美肌効果もあり、健康を維持しながら減量するには調度いいペースです。

このくらいのペースだったら、リバウンドもしにくいですし、1ヶ月単位でみていくと女性の場合生理の周期もあるので痩せやすかったり痩せにくかったりする時期もあるものですよね。

特にストレスをためやすく体が冷える、ついつい暴飲暴食になりやすい人には、ゆっくり体質改善ができる「青の花茶」が向いています。

スポンサーリンク

青の花茶の販売店・最安値で購入するには?

青の花茶は、楽天やアマゾンで検索してみましたが、販売されていませんでした。

公式サイトのキャンペーンでお得に購入しよう

青の花茶は、公式サイトで今だけ限定キャンペーン中です。

♡料金はいくら?

・定期コースなら、初回は79%OFFの980円(税抜)です。

・コースなら2回目以降も、お得に続けることができる料金設定になっています。2回目以降は、19%OFFの4580円(税抜)です。

ちょっと高い?と思うかもしれませんが、2回目以降で計算しても1日あたり152円ですので、コンビニで飲み物を購入するくらいです!

100円ちょっとで、美意識も高まり、美肌効果・ダイエット効果・癒されるお茶が飲める!と思うとお得な気分になりますよね♪

 

公式サイトが最安値となっていて、単品5680円でも購入はできますが、定期購入のほうがダイエット意識も高まりますし価格的にも続けやすいですよね。

また、返金保障制度もありますので、万が一合わなかった場合でも安心です。

■ストレス体質・冷え性改善ダイエットには続けて飲もう!

diet

青の花茶は、毎日継続して飲むだけでストレスを溜めにくくしていき、ダイエット効果が高いことがわかりました。

1ヶ月で2kgという結果でしたが、半年続ければ・・・10kg以上(そんなにみんな太ってないか・・・笑)も夢ではありませんね。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする