朝のルテイン&プラセンタ「ひとみの専門店」口コミと評判・目にいい効果って?飲んでみた感想をご紹介します ⋆ MOFUBU

朝のルテイン&プラセンタ「ひとみの専門店」口コミと評判・目にいい効果って?飲んでみた感想をご紹介します

asano

長時間パソコン作業したり、スマホをみたりと現代人は目の疲れの症状に悩まされています。

細かい作業や運転などで目を使う方は、目の疲れが日々溜まっていき、ひぶんしょうや白内障、加齢黄斑変性症など様々な病気のリスクも増えてくるようです。

また、現代病になりつつある、スマホからのブルーライトも目の刺激となってますます目のダメージは進むばかりです。

そんな時に私たちの身体の中にもある成分「ルテイン」が大きなパワーを発揮してくれます。

今回は、その中でもルテインの配合量が多い「朝のルテイン&プラセンタ」を食べてみましたのでご紹介します。

ルテインの 働きは?

目にとっても必要な成分!

computer1

ルテインは、目の網膜(目の奥にある組織)を守るために重要な色素成分です。

網膜は、視界に映った光を脳へと知らせる役割があるのですが、現代人は日常生活においても、スマホやPCから外部刺激を受けることが多すぎるため、眼は自分で感じている以上にオーバーワークしています。

pointこの外部刺激から、網膜を守るのが「ルテイン」の大切な働きです。

また、ものを映すときには沢山の光が網膜の中心部分に集まります。

視細胞が密集している場所を網膜の中でも「黄班」と呼び、ピントもここで合わせています。視力検査は、この「黄班」の働きを示しています。

この黄班にダメージがあると、視力の低下をはじめ、ものが歪んでみえたり、部分てきに暗くみえ見えづらいといった症状や他の病気のリスクもでてきます。

me_kensa

特に年齢を重ねていった瞳は、ダメージが受けやすいのとは反対に、回復力は衰えてきます。

目を守ってくれるルテインは、40歳以降大幅に減り、50歳になる頃には若い頃の約半分にまで減ってしまいます。

回復を早めるため、慢性化を防ぐためにも「ルテイン」を供給し、量を増やさなければおいつきません。

point朝のルテイン&プラセンタは、瞳スッキリの働きがある「ゼアキサンチン」も含まれているため、サプリで一緒に摂取することができます。

ゼアキサンチンは、抗酸化力がとても強く黄班の中心部でルテインと同じように大切な瞳を保護しています。

しかし、このゼアキサンチンもルテインの一部が材料となり作られるので、ルテインを量を減らさないことが要になってきます。

紫外線からのバリア機能

sun

point紫外線をルテインが吸収していくことで、紫外線が原因で起こる「白内障のリスクを軽減することができます。

白内障というと、透明の目のレンズが白く濁った状態になりますが、目に吸収される前に、ルテインで紫外線(活性酸素)を吸収し、除去してしまうことが大切です。

また、目を手術するというのは、医学が進歩したとはいえ不安なことです・・・、自分で予防できることはしておいた方が安心です。

pointまた、飛蚊症(ひぶんしょう)という目にモヤがかかる症状がありますが、この症状が頻繁にでる方は要注意です。ひぶんしょうは解明されてない部分が多いですが、加齢や紫外線等からの活性酸素の影響が大きいと考えられます。

人により、疲れたとき目の前にでる、毎日黒い点が見えるなど症状は様々ですが、目に負担がかかっている状態にはちがいありません。

ルテインを補給し、活性酸素を取り除くことで目の回復力を高め、スッキリとした視界に近づけてあげましょう。

病気の予防にもなる

hospital

point最近増えてきている、失明原因に「加齢黄班変性症」という眼病がありますが、発症すると治療をしても視界の一部が見えなくなるというリスクがあります。

これは、網膜は細胞が一度壊死すると再生しないためです。

この加齢黄班変性症でも、活性酸素が影響していると言われています。

活性酸素は普段わたしたちが呼吸しているだけでも生み出されていくものです。

ルテインが体内に存在するといっても、毎日の生活で活性酸素が増加し、年齢的に抗酸化成分が少なくなっていくと、活性酸素の方が身体の中で優位にたってしまいます。

タバコやストレス、睡眠不足も活性酸素が増える原因の1つにもなりますが、身体に溜まりつづけることで、他の病気のリスクも高まることから、眼病にもなりやすいということにうなずけます。

網膜を保護してくれるのは、現在ルテインとゼアキサンチンの成分のみと言われています。増え続ける眼病の予防にも、早めに対策することが大切です。

必要な量はどのくらい?

point1日に必要な量は、予防目的であれば 約20mgです。

ルテインを摂取するには、サプリメントでサポートすることが効率よく、朝のルテイン&プラセンタのように、特許製法で製造され体内のルテインと同じ状態で使用できるものが望ましいです。

原料は、マリーゴールドの花から抽出して精製されたルテインが40mg配合されていますので、1本食べるだけで1日に必要な量を補うことができます。

→この40mgを食べ物で摂るとなると、にんじん77本分にもなります。

また、気になる副作用ですが、ルテインは60kgの人で120mg/日までは過剰摂取にならないといわれているので、40mgという量は、目を使う現代人にとて充分な量といえます。

食べてみました

朝のルテイン&プラセンタの成分とお味は?

asano_rutein2

成分

還元麦芽糖、エリスリトール、マリーゴールド色素(ルテイン含有)プラセンタエキス末、香料、増粘多糖類、酸味料、グレープフルーツ種子抽出物(スクラロースなどの人工甘味料は一切使用しておりません。どうぞ安心してお召し上がりください。)

お味などの感想を・・・

手で簡単に開封できるので、気づいた時に手軽に食べられます!

プルンとした食感で、冷蔵庫で冷やして食べるとさらに美味しかったです★

ヨーグルトと一緒に食べても、フルーツ感覚で食べれますよ。

asano

pointルテインのサプリは、沢山ありますが、配合量や製法も様々です。

サプリは試してみなければ効き目がわからないことも多く、安いからとりあえずこれを飲んどくか・・・という価格の安いものを試しては買い換えて・・・という繰り返しにはまってしまいがちですが、目の疲れは症状が進行してしまうことが多いので早い段階から効果がでるように、品質を重視して選びたいものです。

その中でも、フローラグロー製法というのはルテインを製造する上での特許製法で体内のルテインと同じ状態のルテインを身体に摂取することができる安全な製法です。この製法を使っているサプリを選びましょう。

water

朝のルテイン&プラセンタでは、この特許製法のルテインに加え、抗酸化力の高い「国産プラセンタ」もタップリ6000mg配合されています。

これは、市販のプラセンタサプリと同じクラスの配合量で、美容ドリンク単体でも高額なので、一緒に摂れるのは女性にとっても嬉しいポイントです。

また、昔から肝臓の働きが悪い人は、目の症状がもすぐれない人が多いといわれていますが、プランセンタは、肝臓の働きもサポートしてくれます。

さらに、美容にもよいコラーゲンや酵素、ミネラル、ビタミン、アミノ酸など肌にも良い成分がつまっていますので毎日摂取することで、目の症状と一緒にお肌も中から潤ってきます。

口コミも少しご紹介します

リピート率90%以上で、「眼によい効果が実感できた」と多くの方が言われています。

kuchikomi

pointマンゴー味で美味しいです。冷やして朝食がわりに!ドライアイ気味でしたが、飲み続けて目薬もささなくなってました。肌もモチモチでハリがでてきました!

pointパッチワークが好きで、年齢を重ねるごとに、目の前に蚊が飛んでいる症状に悩まされていましたが、食べ始めてからて2週間ごろから目の不快なゴロゴロがとれてきて、1ヶ月過ぎたあたりから次第に視界がクッキリみえてきました。

パソコンを普段使われる機会が多い方、40代を過ぎた方、本や新聞がぼやけてみえにくくなった方、大切な瞳にダメージを蓄積してしまう前にサプリメントでルテインを供給し、体の中から回復力を高めてあげましょう。

asano★眼病予防にもなる、ルテインサプリ

朝のルテイン&プラセンタは、公式サイトのみで初回半額以下でお試しできます。

40代からは将来の目の健康のためにも強くオススメします!

  icon

★料金

★初回は、半額以下の3,920円。

★2回目~3回目は20%・4回目~6回目は25%・7回目以降は30%OFF

続ければ続けるほど、お得なコースになっています。

※初めての定期コースの方限定で、全額返金保障制度があります。

こうした保障があると、きちんとした会社だと信用できますよね。

食べやすさを試されたい方は、お試し500円(5日分)もあります。