【赤い色素】 アスタキサンチンの3つの効果とは?サプリはどれがいい? ⋆ MOFUBU

【赤い色素】 アスタキサンチンの3つの効果とは?サプリはどれがいい?

近年「アスタキサンチン」という成分名を、良く耳にしますよね。
アンチエイジングに効果的な成分ということは、なんとなく知っている、という方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、「アスタキサンチン」の効能について、詳しくご紹介していきたいと思います。

アスタキサンチンとは

seafood

まずは、アスタキサンチンとはどんなものなのか、基礎的なところを見ていきましょう。

天然の色素

アスタキサンチンとは、鮭やイクラ、海老、カニ、明太子、オキアミなどに含まれる、天然の赤い色素のことです。

抗酸化力

アスタキサンチンには、抗酸化力というものがあります。
人間は老化や生活習慣の影響により、細胞がさびていく酸化が起こります。

身体がさびる原因は活性酸素にあり、この活性酸素を抑制する働きが、抗酸化力です。

健康にも美容にも優れた効能

アスタキサンチンか持つ抗酸化力はとても優れていて、血管を若々しく保つ、免疫力を高めるという効能があるので、病気の予防や老化防止に役立つ、とされています。

また、眼精疲労を抑制する働きや、白内障予防効果などもあり、目にもとても良い成分です。

美容面でみても、シミやシワの原因となる活性酸素の抑制、アレルギーなどのかゆみの緩和など、健康にも美容にもとても優れていると言われています。

美容効果

skin-care

次にアスタキサンチンを摂取することで、どんな美容効果が得られるのか、ご紹介しましょう。

美白効果

アスタキサンチンには、シミの原因のメラニン色素の沈着を防ぐ効果があります。

近年の研究では、アスタキサンチンを摂取した時としていない時では、美白効果に大きな違いがある、と報告があります。

アンチエイジング効果

アスタキサンチンといえばアンチエイジング効果ですね。

優れた抗酸化力で活性酸素を抑え、紫外線による肌ダメージや老化予防に効果があります。

コラーゲンやヒアルロン酸との相乗効果

アンチエイジング単体でも嬉しい効果は得られますが、コラーゲンやヒアルロン酸と合わせてとることで、素敵な相乗効果が生まれます。

grey コラーゲン

肌の弾力を保つコラーゲンと、コラーゲンを破壊する紫外線予防のアスタキサンチンで、肌の弾力やハリへの効果がある。

grey ヒアルロン酸

潤いを保つヒアルロン酸と、ヒアルロン酸を減少させる紫外線予防のアスタキサンチンで、シワやたるみの防止効果がある。

摂取ポイント

heart

美容にとても嬉しい成分のアスタキサンチンは、どのように摂取するのが効果的なのでしょうか?
摂取ポイントについて、見ていきましょう。

加熱して赤色になる食材

上記でもご紹介しましたが、アスタキサンチンを多く含む食材には、鮭や海老、カニなどがあります。

一つの参考として、生の状態に色がない食材でも、加熱処理をすると鮮やかな赤色になるものは、アスタキサンチンを含んでいます。

調理しやすい

身体に良いとされる成分は、熱や水に弱いものが多いですが、アスタキサンチンは心配いりません。
熱にも水にも強い成分なので、調理しやすいのです。

サプリメントを活用(サプリの比較)

毎日の食事で摂取できるのが1番良いのですが、なかなか続けることは大変です。
また、甲殻アレルギーの方は摂取することすら、難しいことでしょう。

ですので、サプリメントで摂取するというのは、手軽で効率の良い方法です。
体質や生活スタイルに合わせて、サプリメントを上手く活用してみましょう。

※サプリメントを少しだけ比較してみました。

grey DHC ・・・価格1,555円 / 30日分

 1日で1粒9mg・ヘマトコッカス藻を使用

grey ファンケル ・・・価格1,944円 / 30日分

 1日で1粒6mg・ヘマトコッカス藻を使用・乳化吸収型なので、体内吸収がされやすい。

grey えがお・・・価格2,916円 / 半月~31日分

 1粒6mgで、一日2粒まで・ヘマトコッカス藻・原料にフィッシュコラーゲンやヒアルロン酸も含むため、一緒に摂取することが可能。

まとめ

flowers

ここまで、アスタキサンチンについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
アスタキサンチンのパワーの凄さを、おわかりいただけたと思います。

毎日の食事やサプリメントで、皆さんもアスタキサンチン生活を始めて、若々しい肌を手に入れてみませんか?