風邪で熱がある時、お風呂に入ったりシャワーを浴びても大丈夫?治りが早くなるって本当?

thermometer

熱がある時にお風呂に入っても良いのか、シャワーを浴びても良いのか?素朴な疑問ですよね。

しかし、熱の時は汗もいっぱいかきますし、頭も痒くなりますので、不快感はいつもより増してしまいます・・・。

そんな時には、お風呂やシャワーを浴びてサッパリしたい所ですが、お風呂上がりの体が冷えて体調が悪くなったり、風邪をこじらせてしまうのではないか?という心配もでてきます。

実は、風邪等をひいて熱がある時でも、体調や風邪の状態によっては、お風呂やシャワーを浴びても大丈夫なのです。

今この記事を読んでいる方の中にも、今まさに風邪をひいて、お風呂に入ろうか迷っている方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、熱がある時のお風呂の入り方やシャワーの浴び方についてご紹介していきます。

ご参考にして頂けますと幸いです。

熱が高い、寒気がする場合はお風呂に入ってもいいの?

風邪をひいたら基本的にはお風呂はNG

毎日お風呂に入っている方の殆どが、1日でもお風呂に入らないと体がベタベタする様な気がするし、スッキリした気分になりませんよね。

hospital

pointしかし、下記のような症状時はお風呂は避けた方が良さそうです。

  • 熱が高い、吐き気・気持ち悪い、
  • めまいがする、寒気がする等、
  • 風邪の引き始めの症状や、高熱が続いている時など

寒気がする症状は、風邪の引き始めと言われており、風邪の菌と体が戦う準備を始めて、熱を高くしている状態になります。

この状態でお風呂やシャワーを浴びてしまうと、血圧が上昇してめまいを起こして倒れてしまったり、余計に吐き気や頭痛を引き起こしてしまう危険性があるのです。

air

pointどうしてもお風呂に入りたいと時はどうする?

  • 少し温度が高めの足湯に浸かる
  • 室内を暖めてから、体を拭くのががオススメです。

温かいタオルを使って体を拭いた場合でも、寒い部屋では体が冷えてしまいますので、その点だけ注意して素早く汗を拭き取る様にして下さい。

足湯の場合は、38度位の少し高めの温度のお湯を洗面器に張り、その中に足首もしっかりと入る位に足を浸けます。

足を浸ける時間は、全身がポカポカと温まる程度が理想的です。体が温まったら足をしっかりと拭き、なるべく早く布団に入って眠る様にしましょう

風邪をひいて熱があっても、お風呂に入って良い状態の時とは?

point熱が何日か続くと、寒気や悪寒が無くなり、今度は大量の汗をかくようになります。

この様な状態は、体に溜まった熱を逃がそうとして、汗が出ている状態ですので、風邪の症状が回復に向かっている予兆とも言えるでしょう。

この時期は多少の熱であれば、立ちくらみ等の症状が無ければ、お風呂に入っても大丈夫といわれています。

あまり知られていませんが、この次期にお風呂に入って体を温める事で、免疫力が高まって、風邪の回復を早くする効果が期待できるのです。

dryer

昔は、熱がある時の入浴は、風邪の症状が悪くなるのでやめた方がよいといわれていました。

理由としては、その時代には暖房設備等が無かったため、湯上りに体が冷え、症状を悪化させてしまう方が多く、「風邪で熱がある場合にはお風呂に入らない方がよい」と、いうのが一般的になり現在まで伝わっているようです。

勿論、現在でもお風呂あがりに、髪を乾かさずに寝たり、体が冷えてしまえば、風邪をこじらせる原因にもなります。

しかし、暖房設備や建具も昔と違いますので、多少熱がある時にお風呂に入っても、素早く温かい格好に着替えて、ベッドや布団に入れば、湯冷めせずに温かいまま眠ることができます。

熱がある時のお風呂の注意点

point熱がある時にお風呂に入る注意点としては2点ほどあります。

  • あまり熱いお湯に長くお風呂に浸かり過ぎないようにしましょう
  • 水分補給をしっかりと行いましょう

沢山の汗をかいた後にお風呂に入ると、更に脱水症状を引き起こして、めまいや立ちくらみがしたり、血液が濃くなって血圧が上がり、心臓に負担をかけてしまいます。

また、熱いお湯に長時間浸かると、体力が無くなってくるのでサッと温まるくらいが調度よいです。

ですので、熱がある時は、スポーツドリンク等でしっかりと水分補給をしてから、体がポカポカと温まる程度にお風呂に浸かる様にしましょう。

熱がある時にシャワーを浴びても良いの?

熱があって汗をかいていると、汗で体がベタベタするので、せめてシャワーだけでもサッと浴びたいと言う方も多いと思います。

しかし、熱がある時にシャワーを浴びても良いのでしょうか?

高い熱はNG! なおりかけの時は、さっと入浴!

shower

point実は、熱が高い時以外はシャワーを浴びても問題は無いと考えられています。

ただし、風邪のひき始めで寒気がする、高熱で立っているのもやっとの状態では、短い時間のシャワーでも危険ですので、避けた方が良いかもしれません。

風邪が回復に向かっている、熱がそんなに高く無いのであれば、簡単にシャワーで汗を流す程度なら良いかと思いますが、シャワーのみではどうしても体がしっかり温まりません。

できればお風呂に浸かった方が、しっかりと体の芯まで温まりますし、体温が上がる事で体の免疫力が高まるようです。

pointまた、風邪を引いている時は、鼻水や鼻ずまり、喉の痛みもあると思いますが、体がお風呂で温められる事で、体温が上がると、つまった鼻が通りやすくなって、呼吸も楽になると言われています。

お風呂場は、湯気で湿気もありますので、風邪で炎症を起こした喉のケアとして、保湿の効果が期待できます。

なるべくならシャワーを浴びた後に、湯船に浸かって体を温めた方がよいでしょう。

★鼻詰まりに効くといわれているアロマを使ってもいいですね。

鼻詰まりや風邪、ストレスからくる頭痛もアロマで緩和してみよう!症状別にご紹介します
皆さんは、アロマオイルを使用したことはありますか?アロマオイルには、様々な効果が期待できるのですが、...

お風呂で身体を温めるメリット

bathroom

point人間の体は体温を一度上げるだけでも、免疫力はなんと5倍以上になると言われています。

体温を上げる事は、身体の不調や多くの病を改善する事に繋がります。

例えば、胃腸の調子が悪い時に体を温めるだけでも調子が回復したり、女性の場合は生理痛が辛い時にカイロをお腹に貼ったり、腹巻をするだけで痛みが軽減します。

こういった現象も、体を温めて体温を上げた事によって起こる、嬉しい効果と言えるでしょう。

pointまた、虚弱体質の人には冷え性が多いと言われていますが、冷えは万病の元です。

いつも手足が冷たいと言う方は、血液循環が滞り、体全体の免疫力も下がってしまいます。

風邪をひいて熱がある時でも、吐き気や頭痛、寒気、立ちくらみが無い時には、水分補給をしっかりしてから、のぼせない程度にお風呂に浸かる事をオススメします。

お風呂で温まる事により免疫力も高まり、発汗作用も促されますので、熱を下げたり、風邪を早く治す効果を期待できます。

まとめ

towel

ご紹介した高熱や体調が優れないとき以外は、お風呂に入り体温が上がると、沢山の良い効果が期待できることがわかりました。

最近では、お風呂に入っても湯船にお湯を張るのが面倒くさいと言う理由から、お湯に浸からずシャワーのみと言う方も多いです。

しかし、普段からお風呂に浸かる習慣をつけるだけでも、血液循環が良くなる事で疲れもしっかりと取れて、ぐっすり眠れる様になります。

また、免疫力がアップして風邪もひきにくくなりますので、風邪をひきやすい、疲れやすいと言う方は、お風呂に入ってお湯に浸かる事を、是非生活習慣として取り入れてみましょう。

頻繁に風邪などの病気にかかりやすい方は、マヌカハニーで免疫力を高めていくこともオススメです。