夜眠れない原因はブルーライトが影響している?スマホアプリなどの予防法3選をご紹介

仕事でパソコンやスマホを使うことが多い現代ですが、疲れ目に悩んでらっしゃる方が多いですよね。

ブルーライトカットの対策を行う前には、かなり目の奥が疲れてしまい、あまりパソコンを使う気が起きなくなるといった現象もあります。これでは、仕事にならないですよね。

そこで今回は、ブルーライトの知識を正しく、まとめてご紹介致します。

スポンサーリンク

ブルーライトとは

blue

ブルーライトとは、青色の可視光線を表しています。LEDの光などに良く含まれており、電気代が安くなるし環境に良いのですが、体に悪い部分もあるようです。

ブルーライトの体への影響

ブルーライトは、パソコンだけではなく、スマートフォンやタブレット、またブルーレイ機器などにかなり含まれています。

映像技術が発達していることから、こういった機器を活用している方が少なくないのですが、身体への影響をかなり懸念されています。

どんな影響があるのでしょうか

・メラトニンの分泌を抑制

これにより、体内時計が狂ってしまうのです。いわゆる、人間本来の時間で過ごす、サーカディアンリズムが崩れることによって、女性も男性も不調を訴えることが増えていくのではないかという懸念が有ります。

・目の網膜や黄斑部へのダメージが強い

原因としては、ブルーライトが紫外線についで、かなり高いエネルギーで、刺激性が強い光になるのです。そのため、軽減する対策が必要になります。

スポンサーリンク

ブルーライトを軽減するには

glasses

夜寝る前数時間は、ブルーレイを浴びないために、パソコンなどの電子機器の電源をオフにすることがお勧めになります。影響は、賛否両論なのですが、長時間映像を見ると、目が疲れることには変わりありません。

また、省エネ家電の需要が高まっていることもあり、ブルーレイが強くなっている部分があります。そのため、目のピント調節による像が歪んで見えたりすることもあるのです。

それを防ぐため、ブルーライトカットのメガネの他にコンタクトレンズなどを使用するケースも有ります。

ブルーライト予防対策

ブルーライト対策では、メガネやコンタクトレンズの他に、ソフトウェアやアプリを導入するという方法もあります。就寝数時間前はパソコンなどの端末をオフにするなどといったことも挙げられます。

機械に導入することによって、機械を使用する際にソフトやアプリを起動しておくことで、軽減できるという対策方法になります。

そんなの、面倒くさいという方には、ブルーライトが目にあまり入らないようにするに、メガネやコンタクトレンズを使用する、又は、ブルーレイカットのシートを貼っておくという方法もあります。

ブルーライトは黄色や黒色に吸収されやすいという特徴があるためです。

アプリや設定方法

win7

PC2 設定画面 クリックで拡大します。

→ Android    「 アプリ 」ブルーライト対策プロテクター

→ iPhone iPad 「 アプリ 」ブルーライトカットブラウザ

→ PC  

win

  1. スタート→コントロールパネル→ハードウェアとサウンド→電源オプション→画面下の明るさバーで明るさを調節して下さい。

上記で表示されない方は・・・ コントロール→デスクトップのカスタマイズ→ディスプレイ →(画面左の)色の調節で設定されて下さい。

体の内側からの対策について

stew

内側からのブルーライト軽減のですが、やはり食生活を乱さないようにすることも大切になります。

サプリメントでは、ルテイン・ゼアキサンチンは、黄斑部に達するブルーライトを遮断してくれる働きがあります。野菜なら、ほうれんそう、かぼちゃ、かき、ブロッコリー、などをよく食べることをおすすめします。

他には、ビルベリーやアスタキサンチンなどもおすすめになります。これは、ポリフェノールによる抗酸化作用によって、視神経への影響を軽減してくれる働きがあるからです。

また、チェリーなどに含まれる成分で、メラトニンの生成を抑制する働きを軽減することができます。

スポンサーリンク

まとめ

hinamatsuri

生活をする上で、パソコン・スマホなどの電子機器を利用することは不可欠です。

家でも、仕事場でも、ブルーライトを全て遮断してしまう事は難しいです。

しかし、少しでも遮断する為には、紹介しました予防をぜひ実行し、野菜や果物などの栄養素を積極的に摂取して、機器社会に負けない健康な体を目指しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする