簡単!! 自宅で出来る膝下O脚の治し方・5つの矯正トレーニング方法とは ⋆ MOFUBU

簡単!! 自宅で出来る膝下O脚の治し方・5つの矯正トレーニング方法とは

pumps

女性であれば、誰しもが憧れる、スラリと真っ直ぐに伸びた美脚。
その天敵と言えるのが「O脚」です。

O脚の足は、ラインが太く見える、足が短く見える、などの見た目にも影響を与えますが、O脚を原因とする病もあるとご存知でしょうか?

そこで今回は、O脚について、原因とO脚が元で引き起こる病、自分で出来る簡単な治し方を、ご紹介していきたいと思います。

O脚になる原因

pumps

まずは、O脚になってしまう原因について、ご紹介しましょう。

骨の曲がりでは無い

O脚は、足の骨が曲がっていると思っている方が多くいますが、実は骨が曲がっているわけではありません。

足の骨を支えている骨盤歪みや、筋肉の付き方の違いによって、O脚になっているのです。

特殊な座り方

女性特有の座り方の一つで、両足の間にお尻を落として座る方法がありますね。
小さい子供にも、良く見られる座り方です。

また、椅子などに座る際、足を組む方が多くいます。

このように、特殊な座り方を続けることで、骨盤の歪みや筋肉の付き方に違いが生まれ、O脚の原因になります。

立ち方や歩き方

立つ時に、重心を両足にかけず片方だけにかけて立つ、がに股歩きや内股歩き、ねじれ歩き、ハイヒールなどによるヒザへの負担、これらもO脚の原因の一つです。

O脚が招く病

person

次に、O脚を放っておくとどんなことになるのか、O脚が原因で引き起こる病の一部について、見ていきましょう。

ヒザの変形

ヒザには、体重の約3倍の負荷がかかっている、と言われています。

O脚のヒザは、ただでさえ負担がかかりやすいので、この負荷に耐えられなくなると、骨の変形が起こってしまいます。

内臓機能の異常

O脚が原因で姿勢のバランスが崩れていくと、胃腸のトラブルや生理不順、子宮圧迫などの、内蔵機能に異常をきたす場合もあります。

自分で出来る治し方

tennis

最後に、自分で出来る簡単なO脚の治し方を、ご紹介しましょう。
是非、入浴後などの身体が温まっている時や、気付いた時などに、実践してみてください。

テニスボール

【スネ横の筋肉をほぐす】

  1. テニスボールを床に1個置く
  2. 正座をして座り、スネのすぐ横にボールを当て、体重をのせる

ふくらはぎの内側の筋トレ

【筋肉の付き方の改善】

  1. 両足を揃えて真っ直ぐに立つ。
  2. つま先立ち→ゆっくりとカカトを落とし
  3. 床につく前に3秒ストップ→そのままカカトを落とす
  4. この動きを、20回行う。

骨盤矯正、足全体の内側の筋トレ

【骨盤の歪み、筋肉の付き方の改善】

  1. 両足を揃えて真っ直ぐに立つ。
  2. 左右のカカトを互いに付けたまま、ヒザが正面を向くまでつま先を開く
  3. 両ヒザを付けるように、足全体を内側へと寄せる
  4. この状態で、背筋を伸ばしたまま、腰を中腰の高さまで落とす
  5. 次に、この状態のままお尻と下腹に力を入れ、ゆっくりとヒザを戻していく
  6. 直立したら、足の力を抜かずに10秒間ストップ

内側重心トレーニング

【立ち方、歩き方の改善】

  1. 両足を揃えて真っ直ぐに立つ
  2. 親指に力を入れながら、お尻をギュッと締める
  3. そのまま、ヒザを内側に寄せて立つ

内転筋トレーニング

【骨盤矯正、足の内側の筋トレ】

  1. ヒザを90度の角度で、足を揃えて座る
  2. お尻のお肉を、お尻の下へしまうように閉める
  3. そのまま、上半身を真っ直ぐに正す

まとめ

picture

ここまで、O脚の原因や治し方について、ご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

O脚が起こるのは、生まれつきとかではなく、何気ない日常生活の中にある習慣が原因です。
それらの原因を一つずつ意識的に改善していくことも、O脚を治すことには必要なことです。

O脚を治しながら、スラリとした美脚も手に入れるために是非、原因を見直し、改善を心掛けてみましょう。