【顔のかゆみの原因】乾燥・アレルギー・炎症から?赤みや痒みの直し方・対策とは

woman

皆さんは、訳もわからず「顔がかゆい!!」ということありますか?

我慢ができないほどのかゆみのせいで、掻きむしったりすれば、肌荒れどころか傷が残ることもありますよね。

そんな、顔のかゆみの原因と解消法、予防法について、今回はご紹介していきます。

かゆい肌の原因は?

まずは、顔がかゆい!!という症状が起こる原因の多くが、乾燥やアレルギーといわれていますが、その他にもあります。

乾燥によるもの

air-conditioner

pointエアコンや季節的に肌が乾燥してしまうと、肌のバリア機能が上手く働きません。バリアが薄くなった肌は、外部刺激や摩擦など受けやすく、肌ダメージとなるのです。

肌が乾いてしまう原因として、

・髪や衣類が触れたり

・汗をかくなど

・スキンケアはしてるけど保湿不足だったり・・・

というものがあり、通常であれば何の問題も無い小さな刺激ですら、ダメージを受けてしまいます。

また、美肌のためにと、日頃行っている肌のお手入れも、肌が乾燥していると刺激になることもあります。

生活習慣の乱れやストレスなどによっても、肌の乾燥は起こりやすく、かゆみを引き起こすともいわれています。

アレルギー性のもの

allergy

point体にあわない物質は、異物と判断してアレルギー反応を起こし、かゆみという症状を引き起こすことがあります。

アレルギーになる物質には、

・ダニ・カビ

・ハウスダスト・花粉

・ペットや動物の毛

・光(紫外線)

・化粧品に含まれる成分

・体質に合わない食べ物 など

原因物質であるアレルゲンには、上記以外にも様々なものがあり体質によって異なります。

アレルギー反応を特定するためには、皮膚科を受診して何の物質に対して起こっているのかを血液検査などで確認してもらうようにしましょう。

hospital

アレルギー検査の費用は、アレルギー症状があれば保険適用になりますが、くしゃみや痒みなどの症状がない時に受診すると、保険適用外の自己負担になることも。

ですので、症状がでた時にすぐにいっておくと検査もしやすいですし、保険適用内でなるべく済ませたいですよね。

肌が炎症を起こしている場合も

肌炎症のきっかけは様々ですが、内面からのものと外部からの2種類があります。

体内から肌炎症が起こる原因

point年齢的なもの

年をとるごとに、バリア機能は衰えるため、シミやたるみにもつながってきます。20代・30代の頃と比べると、60代では肌の炎症物質が倍以上になります。

point生活習慣・毎日の食生活

睡眠不足は、美肌をつくるのにかかせません。

食生活をみなおすとともに、リラックスして質のよい睡眠をとれるようにこころがけましょう。

外部的な原因からの肌炎症

point紫外線から

UV対策をしていても、紫外線は入ってきます。積み重なることで、体と同じように赤くなって炎症が起こることもあります。

point日常的に起こる刺激

肌に合わないスキンケア方法をしたり、コットンで顔をたたきすぎたりするのも刺激になります。

point摩擦から

クレンジング時や洗顔時に、顔をゴシゴシとしすぎてしまう人も肌が弱ってしまい炎症や痒みがでやすいです。

顔の痒みの解消法・対策法

跡を残さないためにも、基本は掻かないことが大切です。

ここでは、かいてしまう前に痒みを抑えるための方法や対策をご紹介していきます。

まずは冷やす

ice

かゆみを我慢するのは、とても大変です。

そんな時は、かいてしまう前に保冷剤や冷タオルを活用して、患部を冷やしましょう。

身体が熱をもつと、かゆみを強く感じやすくなります。まずはかゆみを緩和するために、薬を塗るのではなく冷やして鎮めてみましょう。

保湿をする

hand

肌の乾燥を原因とするかゆみに対して効果的なのが、保湿です。

保湿を十分に行うと、潤いを与えて肌のバリア機能を高めることで、ダメージを受けにくくなります。

顔の皮膚はとても薄いため、乾燥しやすい部分ですので、洗顔や入浴後は、すぐに保湿をすることが重要です。

使用する化粧水は、水溶性の保湿成分である、ヒアルロン酸やコラーゲン、グリセリンなどが含まれているものがオススメです。

また、化粧水で行った保水を保つために、油性の保湿成分である、セラミドやステアリン酸コレステロール、水素添加大豆レシチンなどが配合された、美容液や乳液なども効果的です。

肌への負担軽減を見直す

wash

スキンケアなどによる肌への刺激を抑えるのも、顔がかゆくなる予防に繋がります。

「クレンジング剤や洗顔料」

肌への刺激が強いアイテムを使い続けると、肌の乾燥がすすむこともあるため、低刺激なクレンジング剤や洗顔料を選ぶと良いでしょう。

下記で、オススメのものをご紹介しておきましょう。

■クレンジング剤

  • クリームタイプ…クレンジングの際の摩擦を抑える
  • ミルクタイプ…水分の多いクレンジング剤のため、潤いを残しながらも、汚れを落とす

■洗顔料

  • 洗顔石鹸…マイルドな洗浄成分を使用しているため、肌への負担が少ない

 ■洗顔方法

上記のような、低刺激のアイテムを使用しても、洗顔方法が正しくなければ、効果はありません。ダメージを抑えるための洗顔方法のポイントを、下記でご紹介しておきましょう。

  1. 洗顔時のお湯の温度…32〜35℃
  2. 洗い方…肌をこすらず、肌の上で泡を移動させるように洗う
  3. すすぎ…こめかみなどの生え際に注意して、すすぎ残しが無いようにする 
  4. 水分のふき取り…タオルでこすらずに、ポンポンと軽く肌にあてて、水分をとりましょう

  ※決してこすらないようにしましょう!

日常生活の改善

life

規則正しい生活習慣を身に付けることは、最大の予防法です。

食生活では、糖分や脂質の多い食事、コンビニ食品、インスタント食品などは抑えて、栄養バランスの良い食事を、きちんと1日3食摂るようにしましょう。

また、健康な肌になるためには、質の良い睡眠をたっぷりと取ることも重要です。

喫煙者の方は、禁煙することも、健康な肌を手に入れられる方法です。

タバコには、肌の乾燥をすすませたり、煙が原因でかゆみが起こるともいわれています。

炎症物質を抑えて痒みを軽減

いつも原因不明な赤み・痒みが顔にある方が、最近増加傾向にあります。

肌トラブルの原因を改善しよう

t3

痒みや赤みのもととなる「炎症物質」が増えることで、ターンオーバーは乱れメラニン生成やコラーゲンの破壊など肌トラブルが起こります。

症状としては・・・

point少しの外出で顔が赤くなったり

point髪がふれただけでも痒くなったり

point鼻から目にかけてきづいたらこすってしまったり・・・

こんな感じに、気がつかないうちに掻いたり、赤みができていることがほとんどです。

このような症状は、皮膚のバリア機能が低下し内部で炎症が発生している可能性が高いです。

炎症のきっかけは、内部的・外部的なものと様々ですが「炎症物質」のトリプターゼをブロックすることで炎症がおきにくくなります。

肌炎症をブロックしバリア機能を高めた化粧品

point肌炎症を抑制しても肌が乾燥してしまってはバリア機能が衰え肌トラブルになりかねません。

t4

この赤みや痒みの原因のもととなる「肌炎症」に着目し

・「高保湿」

・「ハリ・美白」

気になる年齢肌トラブルの3大悩みの改善が期待できる成分が入ったスキンケア化粧品が「ブライトエイジ」です。

ブライトエイジには、トランシーノで有名な第一三共ヘルスケアのオリジナル成分が含まれています。

t4

私は家にいるときメガネをかけていて、そのメガネでも肌に触れている箇所が痒くなっていました。

1週間のトライアルキットを使用しただけでも、痒みが少なくなり、肌のハリをとても実感できています。

美白+潤いケアとが1つになったスキンケアは少ないので、そこも魅力の1つです。14日間のトライアルでは美白までは難しいので、美白を目指す方にはいつでもお休み可能な定期コースもあります。

炎症物質を抑えてハリのある白い肌へ

顔の痒みのまとめ

flower

ここまで、顔のかゆみの原因と解消法、予防法について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

今回ご紹介してきたのはセルフケアの範囲ですが、かゆみが酷い、かゆみが続くという時には、跡になる前に皮膚科を受診しましょう。