放置はセルライトの温床に!【ふくらはぎのコリ・パンパン】解消法・マッサージのご紹介 ⋆ MOFUBU

放置はセルライトの温床に!【ふくらはぎのコリ・パンパン】解消法・マッサージのご紹介

一日中働いた足は、夕方が近づくに連れてどんどんと重くなっていきますよね。

ヒールを履く機会の女性は、特に症状が辛く感じやすいものです。

体重の大半を支えているふくらはぎは、筋肉がコリやすく、また、パンパンにむくみやすい部分的なのです。

そこで今回は、ふくらはぎのコリ・パンパンな状態の解消法について、ご紹介していきたいと思います。

ふくらはぎについて

まずは、ふくらはぎについて、コリが起こる原因などを含めて、ご紹介していきましょう。

第2の心臓

foot

心臓の1番重要な役割とは、ポンプのように血液を全身に送り出すことです。

しかし、重力により、血液や水分が下半身に溜まってしまい、送り出すことはできても、心臓へ再び戻すことはできません。

そこで、ふくらはぎの筋肉の伸縮運動を繰り返すことにより、下半身に滞っている血液を上半身の心臓部へと押し上げるポンプの役目をしています。

  • これが、ふくらはぎが「第2の心臓」と良く言われる元の働きです。

ふくらはぎのコリ=筋肉の疲労の蓄積

pointふくらはぎに起こるコリは、筋肉の疲労が大半の原因を占めています。

長時間の立ち仕事や座ったままの姿勢、激しいスポーツなど、筋肉の疲労を起こす原因は人それぞれです。

しかし、上記のような行いは、ふくらはぎの筋肉にとても負担をかけ、疲労が溜まった筋肉は、固く縮んで血管を圧迫します。

そうすると、血流が滞り、筋肉へ血液が流れにくくなって、筋肉の栄養不足や老廃物、疲労物質が溜まる、などを起こしてコリを引き起こします。

むくみ=老廃物の停滞

image

point筋肉のコリを放置してしまうと、血液とリンパ液の流れが、悪い状態が続きます。これは、体内の老廃物が排出することができない状態であることを意味します。

特にリンパ液は、心臓のようなポンプ活動で流されるのではなく、筋肉運動によって流れていくため、筋肉が固まった状態では、老廃物が停滞しやすくなってしまうのです。

こうして老廃物が停滞することで、むくみが生じるのです。

むくみの放置はセルライトを形成する

上記でご紹介した通り、むくみが起こるのは、老廃物の停滞が原因です。

pointむくみを放置してしまうと、血流が悪くなり、身体全体の冷えにも繋がり、毎日続くことで、代謝が低下が起こります。

すると、停滞している老廃物が脂肪細胞と結合し、塊になっていきます。

これが、美脚の大敵と言われる「セルライト」です。

さらに放置し続けてしまうと、セルライトはどんどん肥大化し、増加していくため、むくみを放置する行為は足を太くする原因となるのです。

疲労・むくみの解消法

次に、ふくらはぎのコリ・パンパンな状態の解消法について、ご紹介していきましょう。

足湯で簡単に!

foot_bath

point手軽に行える解消法が、足湯です。

足湯で温めることで、血行が促進され、老廃物が排泄しやすい状態になります。

そして、足湯を行いながら、パンパンになっているふくらはぎを軽く揉んであげると、効果upに繋がります。
筋肉の緊張やコリ、むくみを、簡単にほぐすことができますよ。

また、普通のお湯で足湯をすれば良いのですが、ここでアロマオイルを数滴加えたもので足湯を行えば、リラックス効果も得られます。

お好きな香りに包まれながら、デトックスタイムをリラックスタイムとしても、楽しんでみてはいかがでしょうか?

マッサージ

foot_massage

pointちょっとむくみが気になった時や、夕方前の休憩時間、もちろん入浴タイムでも良いですし、自分の手で軽くマッサージするだけで効果が得られます。

できれば、一日のうち数回、小まめに行うことでコリ知らずな足へと近づけるので、ちょっとしたスキマ時間に行ってみましょう。

point「痛気持ち良い」と感じる程度の圧をかけながら、足首から太ももへ向かって揉んであげましょう。
血流が促進され、多少のコリであればほぐすことができます。マッサージクリームやオイルなどを活用して行うのも、オススメです。

  • また、就寝前に軽く揉んであげると、翌朝の足のだるさが軽減されて、スッキリ足で一日をスタートすることができますよ。

麺棒を使ったマッサージ

menbou

point頑固なコリやむくみには、ウドンやソバを作る時に使う【めん棒】で、徹底的にマッサージを行いましょう。

「方法」

  • まずは、足裏から始めます。
  1. 麺棒を床に置いて、その上へ片足を乗せてゴロゴロと転がします。
  2. 少し強めに行い、痛みを感じる部分は入念に行います。
  • 次は、ふくらはぎです。
  1. 膝を立てて床に座り、逆手に持った麺棒を足首から膝の裏まで、押し滑らすように強めに流します。
  2. この方法で、ふくらはぎの裏、内側、外側の3箇所に分けて行います。
  3. 今度は、押し滑らすのではなく、麺棒をジグザグに動かしながら、マッサージしていきます。
  4. 最後に、リンパ節がある膝の裏を、麺棒の先端で少し強めに数回押すと、足首から流してきた老廃物をしっかりと流すことができます。
    反対側の足も、同様にマッサージしてください。

まとめ

flower

ここまで、ふくらはぎコリとパンパンな状態の解消法について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

ふくらはぎのコリをそのまま放置することで、セルライトができやすい状態になって足が太くなるというのは、女性にとって実に恐ろしいことですよね。

冷房はあまりかかりすぎず、マッサージなどを行って、毎日コリをほぐしてあげて、美脚を手に入れましょう。