乾燥する季節は注意して!喉のイガイガ5つの原因と治し方

mask

季節の変わり目というのは、朝晩は冷え込むのに日中はぐっと気温が上がるなど、体調を崩す方が多く出る時期です。

そんな季節の変わり目に良く起こるのが、喉や気管支のトラブルです。
風邪を引いているわけでも無いのに、喉がイガイガしたり咳が出たりなど…。

そこで今回は、喉のイガイガの原因と解消法について、ご紹介していきたいと思います。

喉に違和感がある原因は?

まずは、喉のイガイガという症状の原因について、ご紹介していきましょう。

乾燥

desert-landscape

部屋の乾燥が、原因の1つとして挙げられます。

乾燥が起こると体内の水分が減り、咳が出やすくなります。

咳を繰り返すことで、喉に炎症が起こって症状が出やすくなります。

ちりやホコリ

空気中に飛んでいるちりやホコリも、原因となります。

口呼吸をすることでそれらを吸い込み、喉の粘膜が炎症を引き起こします。

気管支の低下

health

気管支機能が弱まると、気管支内粘膜にむくみが起こります。

これにより気管支が、とても敏感な状態になるのです。

気圧変化、寒暖差、季節の変わり目などに起こりやすい、と言われています。

アレルギー

食べ物に対するアレルギー反応により、喉に炎症が起こり、イガイガするという症状が出ることもあります。

慢性的な外敵刺激

タバコやアルコール、強い香辛料、スパイスなどを、日常的に好んで摂取する方に、症状が良く見られます。

これは、食道の粘膜がこれらの外敵刺激を受け、炎症を起こしてしまうのです。

解消法

次に、症状を緩和する効果的な解消法について、ご紹介していきましょう。

乾燥予防

喉の乾燥の予防アイテムには、マスクがオススメです。

bedroom

マスクを付けることで、口や喉の乾燥を防ぐと共に、空気中に飛んでいるちりやホコリの吸い込みの防止にもなります。

日中はもちろん、就寝中の着用もオススメします。

口呼吸→鼻呼吸へ

口呼吸が癖になっている方は、喉のイガイガだけでなく、他にも様々な病気を引き起こす可能性があります。

また、就寝中には、寝具に付着しているダニを吸い込む危険もあります。

口呼吸を改善するには、鼻腔拡張テープなど専用のアイテムを使用したり、肥満の解消、就寝中にマスクを着用するなど、色々な方法がありますので、ご自分に合った方法を見つけてみましょう。

刺激物と言われる食品を避ける

上記の原因で挙げたような刺激物と言われる食品を、避けるようにしてしましょう。
特に、喉が痛むなどの違和感を感じる時には、注意してください。

喉に良い食材を積極的に取り入れる

喉に違和感や炎症が起きやすい方は、日常の食生活に喉に良いとされる食材を取り入れるのも、効果的です。

honey
例えば、レンコンやハチミツ、大根などが挙げられます。
レンコンは泥つきの節があるものが、特に効果的だと言われています。

また、大根のおろし汁は咳止めに効果があり、ハチミツは色々な料理やドリンクなどにも合わせやすいので、是非、意識して取り入れてみてください。

耳鼻咽喉科を受診

慢性的な炎症が続く、改善を試みても効果が無い場合には、放っておかず耳鼻咽喉科を受診するのも、一つの方法です。

症状が続く時には安易に考えず、専門家の診断や対策を仰ぎましょう。

まとめ

flower

ここまで、喉のイガイガという症状の原因と解消法について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

症状が出やすくなる原因の多くは、喉などの粘膜の炎症によるということが、お分かりいただけたと思います。

喉や気管支が弱いなぁと、自覚がある方は、特に日頃から注意しておきたいものです。
予防として、効果的な食材を定期的に摂取したり、マスクを常備したり、対策をしていきましょう。

ただの咳、と安易に考えると、炎症を進めてしまうこともあるので、気をつけてくださいね。