肩に激痛が!四十肩・五十肩の原因と治し方、ストレッチなどの予防法は?

woman

皆さんも、「四十肩」や「五十肩」という言葉を、耳にしたことがあると思います。

これらは、肩関節周辺に炎症が起こり、それが痛みとなって現れるものですね。

症状が重度になると、日常生活にも支障をきたすとてもやっかいなものです。

そこで今回は、四十肩が起こる原因~改善法、予防法までお話ししていきます。

スポンサーリンク

原因

まずは、四十肩の原因について、ご紹介していきましょう。

原因は、いまだハッキリとはしてないようです

医学が進歩した現在でも、実は四十肩が発症する特定の原因の、完全解明はされていません。

ただ、四十肩という名が付いたように、40代頃から発症することが多いという特徴があるため、老化が一つの原因ではないか、と考えられています。

私たちの身体は、加齢による老化の影響を多く受けますが、肩関節周辺についても例外ではないと言えるでしょう。

肩コリとの違い

長時間のデスクワークや家事などの影響で起こる、通常の肩コリは、筋肉の血行不良を主な原因としています。

point肩コリ

座る姿勢が正しくなかったり、緊張により筋肉がこわばったりと、肩や首周りの筋肉に疲労が蓄積している症状です。

point四十肩

医学的に「肩関節周囲炎」と呼ばれていて、肩関節周りに炎症が起こるものとされているので、肩コリと四十肩は全くの別物とされています。

五十肩とは何が違う?

ところで、四十肩と同様に五十肩もよく耳にしますが、何が違うのでしょうか。

これは、上記でもご紹介したように、肩関節周囲炎と同じことのようです。年齢によって、呼び方が異なりますが原因は同じです。

また、肩が上がりにくくて、もうそろそろ50歳だし、「五十肩」かも!と思われる方も多いですが、この場合肩こりや周辺の凝りの場合もあります。

炎症が原因の場合は、整形外科で検査すると「肩関節周囲炎」と診断されるようですで、気になる方は、病院に行ってみましょう。

筋肉の衰え

point年齢により筋肉の衰えが起こると、筋肉が骨に付着する部分の組織(腱)が弱まり、炎症が起こりやすくなります。

そして、炎症が起こると腫れや痛みを引き起こし、その症状のために肩関節周辺の動作が減り、さらに筋肉の衰えや血流低下を招いてしまいます。

ですので、筋肉自体が弱くなることで、関節周りにも影響し、悪循環が起こるコトが多いです。

スポンサーリンク

どんな症状?

次に、四十肩の主な症状を、ご紹介していきます。

急性期の症状

bed

point四十肩の始まりは、腕を上げ下げした時に、何のまえぶれもなく激痛が起こることが、一般的です。

そして、急性期と呼ばれる、炎症が酷く、肩と腕に強い痛みがある時期には、肩や腕を動かすことがなくても痛みが起こることもあるそうです。

急性期は、増悪期とも呼ばれ、最も痛みに悩まされる時期で、適切な処置を取っておかないと、痛みが引くことなく続く可能性もあるとされています。

急性期には、腕だけでなく手の指先にまで痛みやしびれが起こるケースもあります。
また、夜間痛という、夜間の就寝中に痛みが激しくなるのも、特徴の一つです。

無意識に寝返りをした時、激しい痛みが生じて目が覚め、眠れないという状態も多いようです。

しかし、このような激しい痛みが起こる急性期は、大抵は数日間程度である、と言われています。

慢性期の症状

shampoo

point急性期を過ぎ、慢性期に移行すると、安静にしておけば痛みを感じることは少なくなります。

急性期の炎症の影響で、肩周辺の筋肉が硬くなっているため、動かせる範囲が狭くなって腕が動かしにくい、と感じるのが慢性期です。

特に、腕を上げたり、後方へ回す動作が行えなくなることが多いようです。

これは運動障害の一つで、肩関節拘縮(かたかんせつこうしゅく)と呼ばれるものです。

この動作を取ることができないと、着替えや洗髪をスムーズに行えないなど、日常生活に支障が出てきます。

また、痛みが落ち着いているからと言って、無理矢理動かしたり、急な動作を取ると、激しい痛みに襲われることもあるので、注意が必要です。

スポンサーリンク

治し方と予防法

最後に、改善法と予防法について、ご紹介していきましょう。

放置しないことが大事

hospital

point四十肩、五十肩の症状が、1週間以上継続される場合には、整形外科を受診して治療を受けるのをオススメいたします。

年齢的に仕方が無い、と四十肩や五十肩を放置してしまう方も多くいらっしゃいます。

そして、症状は、大抵の場合は半年〜一年半程度で、自然に治まってくることも多いのです。

しかし、放置してしまうことで、運動障害が残ってしまうケースもあるため、注意が必要とされています。

また、肩こりや疲労を溜めずに、ストレッチや軽い運動などを継続していくことも大切です。

肩甲骨ストレッチ

woman

  • まず、手の平を上に向け、片腕を前に伸ばします。
  1. そして、反対側の手で指先を、ゆっくりと下へ押します。
  2. 腕の筋肉が伸びているのを、しっかり確認しながら、「30秒間キープ」します。
  3. ここまでの動きを、反対側の腕も行います。
  • 次に、両手を腰にあてて、真っ直ぐに立ちます。
  1. そして、左右の肩甲骨を背骨に寄せるように、両肘を後方へゆっくりと引いていきましょう。
  2. 腕の付け根周辺が、しっかりと伸びるように意識するのがポイントです。
  3. 可能な限り背骨に寄せたら、元の位置に戻します。
  4. ここまでの動作を、10回行いましょう。
  • 次に、両腕を背中に回し、両手の甲を背中に当てます。
  1. そして、下にある手を反対側の手の上へ移動する、という動作を交互に行い、背中の上へ向かって可能な限り動かしていきます。
  2. 最後に、肩甲骨をしっかり動かすように、肩を回しましょう。

タオルストレッチ

woman_towel

  1. タオルを1本用意します。
  2. タオルを、肩幅と同じ長さに広げて、両手で端をしっかりもちます。
  3. 背筋をピンと伸ばし、その状態でバンザイをします。
  4. この姿勢を崩さないように、身体を左側へゆっくりと倒していきます。
  5. 脇腹、肩甲骨、肋骨の周辺が、しっかりと伸びていることを感じるように行いましょう。
  6. 可能な限り倒したら、そのまま30秒間キープします。
    そして、ゆっくりと元の位置に戻ります。
  7. 同様に、右側も行いましょう。
スポンサーリンク

まとめ

flowers

ここまで、四十肩の原因や症状、予防法などについて、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

一度症状が出始めると、厄介な四十肩や五十肩ですが、問題なく日常生活を送るためにも、予防法などを行って、慢性化しないように注意していきましょう。