手や足のイボが出来る原因は?ウイルス性などの症状と自分でセルフ除去する方法とは?

ibo

皆さんは、自分の身体に「イボ」はできていないでしょうか?

目立つ場所にできてしまうと、かなり気になりますし、コンプレックスにもなる方も多いようです。

イボは治らない!と思う方もいらっしゃいますが、治すことは不可能ではないようです!

そこで今回は、イボの原因から治し方まで、お話ししていきます。

原因

まずは、イボのもととなる原因をさぐっていきましょう。

ウイルス性のもの

virus

pointイボができる原因は、「ヒト乳頭腫ウイルス」というウイルスが原因となり発症することが、一般的に多いようです。(ヒトパピローマウイルス)と呼んでいるようです。

ヒト乳頭腫ウイルスにも様々な種類があり、その種類によって、イボの大きさや発生する場所も変わってきます。

健康な皮膚状態の時には、感染することはないようです。

pointしかし、何かしらの傷があったりすると、その傷口から皮膚の一番底の部分までウイルスが侵入することで、イボができます。

そのため、傷ができやすい手足にはイボができる可能性も高く、特に子供の場合は、傷ができていても色々な場所や物を触ることが多いため、イボができやすいようです。

また、ごく稀ではありますが、傷がある手や足で他人のイボを触ってしまうと、うつる可能性もあるので注意が必要です。

このように、傷が特に足にあるときは、温泉やプールに行くと感染しやすいといえますので、控えたほうがよさそうです。

年齢によるもの

pointイボの中には、「老人性イボ」と呼ばれる種類があり、これは年加齢により起こるものです。

特に、皮脂腺が発達している首周辺、顔、背中などができやすく、上記で挙げたようなウイルス性のイボとは違うので、他人への感染の心配はありません。

特徴としては、皮膚に近い色、もしくは黒色、小さめ、などが挙げられます。

また、大抵が小さいイボですから、気にせずに放置している方が多く、生活に支障が無ければ取り除く必要もないとされています。

しかし、顔に近い位置にできると女性としては気になりますよね。

この老人性イボを自然にケアできるアイテムとして、クリアポロンがオススメです。

紫外線

sun

point老人性イボは高齢者に多く見られるもので、反対に若い世代に見られるイボの原因の多くは、紫外線によるものと言われています。

これは、「アクロコルドン」と呼ばれていて、老人性イボの一種です。

紫外線を浴びることで、皮膚にメラニン色素が発生します。

通常、肌のターンオーバーによって排出されるものが新陳代謝の低下や、紫外線が多量すぎて排出しきれないなどにより蓄積され、シミを作ります。

このシミが膨らみ、イボとなるのです。

紫外線対策が怠りやすい首周りが、最もできやすいと言われています。

肥満

point健康体の方に比べて、肥満体質の方はイボができやすいと言われています。

これは、肥満体質の方は新陳代謝が低く、メラニン色素が蓄積されやすいといわれています

また、脂肪により皮膚のたるみもあり、皮膚同士の摩擦で負担がかかるということも、イボが発生する原因です。

他にも、柔らかい皮膚にできやすいため、肥満体質の場合は脇にできやすく、偏食の方も血行不良により、老廃物の排出がスムーズに行われないので、イボができやすいようです。

自分で行うイボの治し方

次に、イボの治し方について、みていきましょう。

自分で切らないで!

hand

point毎回触ったり鏡をみる度に気になってしまい、イボを切ってしまう方がいるようですが、これは絶対にしてはいけない行為です。

医療機関で、治療として切ることは良いのですが、自分で切ってしてしまうと出血や、他の場所にイボがうつる原因になります。

また、気になって切ったのに、跡が残ってしまい、一生消えないというケースもあるのです。

気になる民間療法は?

itijiku

古くから伝わる治療方法として、民間療法があります。

※民間療法は言い伝えの部分も多いため、効果には個人差があるので、理解した上で試してみるのも良いでしょう。

pointひまし油、杏仁オイル

ひまし油と重曹を混ぜ合わせ(または杏仁オイル)、イボに塗ると、徐々に小さくなり、取れる。

pointいちじくの実や葉の汁

いちじくの実や葉の汁を、イボに塗ると、黒く変色してかさぶたになり、取れる。

pointはと麦茶を飲む

はと麦茶に含まれる成分は、イボの治療に使われる内服薬「ヨクイニン」の原料です。そのため、定期的に飲むことで、徐々に小さくなり、取れるようです。

pointゆずの種を椿油に漬け込む

ゆずの種を乾燥させて砕き、椿油に漬け込み、その油を塗ると、1ヶ月程度で取れる。

ドラッグストアなどで市販薬を購入

pointイボに対するセルフケアとしては、市販薬を使用しましょう。

市販薬では、貼るタイプや塗るタイプ、内服薬など、数多くのものがあります。

  • 貼るタイプと塗るタイプでは、「サリチル酸」という皮膚の角質を軟化させる成分が入っているものが、オススメです。
  • 内服薬では、「ヨクイニン」という漢方を含んでいるものが良いでしょう。

ただし、上記で挙げてきたようにイボにも種類があるため、薬剤によっては効果が感じられないこともあるようです。

特に広がってきた場合には、ウイルス性の場合もありますので、直ちに中止して病院へ行きましょう。

クリアポロンで自分で治せる?

セルフケアでオススメのアイテム「クリアポロン」

point下記の写真、ホクロがういてきたように見えますが、実は「イボ」です。

年齢や紫外線によるもの、ご覧頂いたように原因は様々ありましたが、特に年を重ねるとできやすい方が多いようです。

kuria

腕や首、いつのまにかザラザラなっていませんか?

二の腕の上の方は服による摩擦の刺激も受けやすくなるため、ゴワゴワした肌質になっている方も少なくありません。

ターンオーバーが乱れていると角質がたまり、肌のバリア機能も衰えてしまい、いつのまにかブツブツやイボが出来てしまっていることも。

kuria2

この、クリアポロンは、プラセンタやコラーゲン、アラントイン他沢山の美容成分でターンオーバーをサポートすることはもちろん、跡が残らないための肌再生成分が含まれています。

自分で除去!ウイルス性以外のイボに使用してみましょう!

イボをとったあともキレイにケアできるワケは、

★オリゴペプチド

 EGF(成長因子)、メラニンを押し出す、皮膚の新陳代謝を活性

★プロテオグリカン

 細胞を増やすサポート・ヒアルロン酸・コラーゲンの生産を即す

★リンゴ果実培養細胞エキス

 常温保存しても4ケ月間キレイな状態のリンゴとして有名

※EGF(成長因子)とは、細胞の成長を助け、もともと医療分野で火傷の肌再生などに使われていたものです。50歳を超える方でも効果があるといわれています。

イボをとることはもちろんですが、スベスベな素肌を保つためにも低刺激で潤いたっぷりなクリアポロンで夏肌もキレイにすごしましょう。

専門的な治療は?

レーザー治療

pointイボを治す方法として、医療機関で一般的に行われるのが、ウイルス性、老人性どちらのイボにも効果的な「レーザー治療」です。

炭酸ガスレーザーを使用しますが、局部麻酔をするので痛みも無く、除去後の跡が残りにくいと言われています。

ただし、保険適用外のため、料金は高額になるようです。

液体窒素を使用

point上記でご紹介した、レーザー治療の他に、「液体窒素治療」という治し方もあります。

液体窒素でイボができている部分の皮膚組織を、破壊する方法です。

レーザー治療と違って、とても激しい痛みを伴います、保険適用治療ですので、レーザー治療に比べれば安価で済ますことが可能です。

イボの原因と治し方のまとめ

flower

ここまで、イボの原因と治し方について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

「イボ」と一言に言っても、原因によっていくつかの種類に分けられ、治療方法にも違いがありましたね。

イボを治すには、セルフケアではなかなか速効性のある方法はありませんが、根気良く治療していくことで改善へと繋がります。

くれぐれも、イボを自分で切るようなことだけはしないように、気をつけておきましょう。

ウイルス性以外でしたら、自分でケアすることも可能です。

イボが繰り返しできる方は、肌の角質がたまっていたり、ダメージを受けやすい状態になっていることもあります。そんな方は、予防と美しい肌のためにもクリアポロンでスベスベ素肌を維持しましょう。