あざが出来やすい人の4つの原因とは?体質の改善法と早く治す方法とは

woman_face

「あれ?」と、知らないうちに、いつの間にかできている「あざ」。

あざができるほどの衝撃があれば、大抵の方は気づくはずですが、自分でも気づかないうちにあざができていることが多い、という方は「あざができやすい体質」なのかも知れません。

しかし、体質=治らない、ということは無いそうで、ちょっとした心掛け一つで改善できることが多いようです。

そこで、なぜあざができやすいのか?原因と改善方法について、ご紹介していきます。

あざの原因

早速、あざができやすい原因について、ご紹介していきましょう。

ホルモンバランスの乱れ

clover

pointあざできやすい原因の1つに、ホルモンバランスの乱れが挙げられます。

女性は特に、ホルモンバランスの変調が起こりやすく、ホルモンの影響をダイレクトに受けることが多いとされています。

ホルモンバランスの乱れにより血管が弱くなる、ということがわかっていて、血管が弱くなると内出血を起こしやすくなります。

生理中にあざができやすい、という方は、このホルモンバランスの乱れが原因であると、考えられるでしょう。

貧血

woman

point女性には通常、毎月月経がありますが、この月経の関係で鉄分不足を起こしやすく、貧血の方が多くいらっしゃいます。

鉄は、ヘモグロビンの材料となり、血管を丈夫にして血流をスムーズにし、コラーゲンの生成を促す、肌のターンオーバーにも不可欠な栄養素です。

鉄分不足が起こると、血管自体の働きが弱まり、正常なコラーゲンがつくられなくなるため、内出血が起こりやすい状態になってしまうのです。

筋肉量が少ない

dumbbell

point筋肉の役目の中には、出血した際、筋肉を収縮させることで血管を圧迫し、止血する働きがあります。

この時、筋肉量が多いと内出血を止めることができるので、あざになりにくいのですが、大半の女性は筋肉量が少ないので、内出血をすぐに止められずにあざができやすいのです。

身体の冷え

socks

point同じあざでも、血流の善し悪しで目立ち方にも「違い」が出できます。

血流の良い方は内出血の回復がスムーズなので、あざができてもあまり目立たないのですが、冷え性の方は血流が悪いため内出血の回復が遅く、あざが目立ちやすいと言われています。

「赤いあざ」と「青いあざ」は何が違うの?

赤い色や青い色は、どこかでぶつけてアザが出来た場合、治っていく過程で変化していく色です。

赤い色は、皮膚内での血液の色で、時間が経過するにつれ「ヘモグロビン」が壊れ色素がなくなっていきます。この時期になると、青や青紫っぽい色へと変化していきます。

また、お尻によくある青アザは、「もうこはん」といって、お腹の中で成長する間に細胞が刺激され出来るといわれています。

★勝手に皮膚に増えていく、小さい赤い斑点って何?

皮膚に1mmの赤い斑点・かゆみはある?腕や首に増えていく原因と対処法・治療法とは
入浴の時など、ふとした瞬間に「あれ?」と、気付くようなとても小さな赤い斑点、皆さんもあるでしょう...

改善法・早めに治すには?

次に、あざできやすい体質の改善方法について、ご紹介していきましょう。

食事で血管を強化しましょう!

woman

些細な衝撃で血管が切れてしまい、あざができてしまうことを改善するには、まずは血管を強化することが大切です。

切れてしまう血管を強化するためには、それらに特化した栄養素の摂取がオススメです。

pointコラーゲン

  • コラーゲンは、血管にしなやかさを出しつつ、丈夫にする成分、とされています。

【コラーゲンを豊富に含む食品】

・鶏肉、手羽先、軟骨、牛筋、豚バラ、豚骨スープ 、魚や鶏肉の煮こごり(コラーゲンがゼラチン状に固まったもの) など

point鉄分

  • 上記に挙げたコラーゲンの、生成補助と血管を丈夫にする成分、とされています。

特に、女性は鉄欠乏性貧血を起こしやすいので、日頃から意識的に鉄分の補給を心がけることをオススメいたします。

【鉄分を豊富に含む食品】

・小松菜、削り節、しじみ、レバー、煮干、牛肉、ひじき など

pointビタミンC

  • 上記に挙げたコラーゲンの生成、鉄分の吸収促進、出血防止の作用を持つ成分、とされています。

【ビタミンCを豊富に含む食品】

・柑橘系の果物、レモン、アセロラジュース、キウイ、柿、イチゴ、ピーマン、ゴーヤ など

また、コラーゲンや鉄分の補助作用なので、それらと一緒に摂取するのが、最も効果的だと言われています。

pointビタミンK

  • ビタミンKは、「止血のビタミン」と呼ばれるほど、内出血予防の作用を持っているビタミンです。その他、骨を丈夫する作用もあります。

従って、ビタミンKが欠乏してしまうと、血が凝固する時に必要な物質が少なくなるため、内出血が起こりやすい状態になります。

しかし、毎日の食生活でバランス良く食べていれば、ビタミンKの欠乏自体は起こるコトは少ないようですが、あざがすぐにできてしまう、血が止まりにくい等、自覚がある方は、意識的に摂取するようにしましょう。

【ビタミンKを豊富に含む食品

納豆、ブロッコリー、ほうれん草、トマト、モロヘイヤ などが挙げられます。

葉酸サプリがおすすめ

葉酸サプリを比較・オススメの選び方!安心できる妊活をしよう
妊娠中は、お母さんの体調にも変化があり、つわりが酷くなって食事で栄養を取りたくても、なかなか食べ...

point葉酸というと、妊活中に飲むことが多いイメージですが、女性に不足しがちな栄養成分が凝縮されたアイテムで、オススメです。

具体的な栄養成分というと、カルシウム、鉄分、ミネラル、ビタミン類などです。

これだけ一気にとろうと思うと、中々食事では難しいものですので、食べ物のバランスを考えるのが難しい、サプリで他の栄養も一緒に摂りたいという方には、ぴったりのアイテムです。

血行促進

woman

point身体の冷えが気になる方は、まずは血行促進を促し、内出血があざになってしまうのを、予防することから始めましょう。

身体の冷えを改善するには、冷たい物控えたり、衣服を季節や気候に合わせる、湯船にしっかりと浸かって身体の芯を温める、適度な運動、などの生活習慣の改善が効果的です。

身体の冷えは、血行不良を起こして様々な健康障害や、美容面においてもマイナスな影響ばかり与えてしまいますので、しっかりと改善することが大切です。

冷え性に効く【身体を温める食べ物・冷やす食材】 選び方とお料理のポイントは?
多くの女性が悩む「冷え性」。 「冷えは万病の元」と言われるように、身体の冷えは様々な悪影響を及...

まとめ

flower

ここまで、あざできやすい原因と改善方法について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

今回ご紹介したことをまとめると、あざができやすいのは血流に問題がある、ということですね。

血行不良は、様々な健康障害を引き起こす原因にもなりますし、美容面でも良いことはなく、マイナスなことしかありません。

これを機に、血流の良い身体作りを目指して、男性もですが、女性の方は、月経もありますので「鉄不足」にならないように特に食べ物は気をつけていきましょう。