頭がふらふらする原因は?吐き気やめまい・重くなった時の対処法とは

スポンサーリンク

体調が悪かったわけでもないのに、ふとした時に頭の「フワフワ感」がでることはありませんか?

すぐにおさまれば、少し疲れているのかな?とさほど気にならないのですが・・・。

数時間~1日中続くと頭も重たく「吐き気」がでることもあり不安がつのります。

今回は、頭がふわふわする原因と対処方・考えられる病気についてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

頭がふわふわする以外の症状は?

頭がふわふする「めまい」以外にも原因によりさまざまな症状が起こります。

point頭痛

point吐き気

point耳鳴り

point痺れ

point寒気

point下痢

慢性的なものや病気の可能性もあります。

めまいの症状とあわせて、自分にどんな症状がおこるかを確認しておきましょう。

スポンサーリンク

大きく2種類・めまいの症状

めまいの症状をみていきましょう。

回転性のめまい

water

pointぐるぐると周囲がまわったような症状のめまいは、女性に多い症状です。

回転性のめまいは、寝ていても起きていても気分が回ったような感覚が続き吐き気も伴います。

主にメニエール病や突発性難聴などの耳に関する病気であることが多いです。耳からの回転性のめまいは、のりもの酔いを酷く・天井が地面になり重力に勝てない感覚でした。

疲れやストレスがたまり三半規管に影響がでて起こるといわれています。

耳鼻科に行ったときの診察・検査内容はこんな感じでした。

  • 聴力検査・・・低い音から高い音まで
  • まっすぐ歩けるか(平衡感覚)・・・目をつぶって線の上を歩きます
  • レントゲン(鼻の方だったかも)
  • 問診・・・ペンライトみたいなのをみたりします
  • 点滴もされました

耳で音がする場合も、早めに耳鼻科にいき検査を行ってから点滴やお薬をもらいましょう。酷くなると、通院するのもきついです・・・。

point耳以外には、脳の病気の可能性もあります。

脳の場合は、めまいだけにおさまらず神経にも影響がでるケースもあるため、痺れがある時には早急に病院で検査をうけましょう。

脳梗塞・脳出血・脳腫瘍などさまざまな病気の可能性があるようです。

頭・体がふわふわするめまい

woman

ふわふわしためまいが起こるのは、はっきりと原因がわかっていないようですが、肩や首の凝りや、自律神経などからの影響が考えられています。

point筋肉の凝り(肩や首のこり)

筋肉がかたくなると、脳に向かう血流も低下するため、めまいが起こります。

また、首にはたくさんの神経が通っています。硬くなった筋肉により神経が圧迫されると自律神経にも影響がでてくるようです。頭が重くなり、頭痛や吐き気が起こるケースもあります。

point自律神経障害

日中の活動する「交感神経」とリラックス時の「副交感神経」のバランスが乱れることでおこる症状です。

過度のストレスや疲れが原因とされています。自律神経の症状は、めまいや吐き気にとどまらず、胃腸が弱くなったり身体全体に影響がでてきます。

スポンサーリンク

めまいが突然起こったら

むりに動かず安静にしましょう

clover

急なめまいが起きた時は、立っていればその場に座り安静にしましょう。

車の運転中であれば、路肩やパーキングにとめて、ゆっくりと休みましょう。

音と光を遮断する

めまいがしている時は、刺激になるものがあると、症状が酷くなることがあります。

室内の場合、可能であればカーテンを閉めて部屋を暗くし、テレビやパソコンをオフにしましょう。外出先であれば、しばらくその場で休み、歩けないようであれば周囲に助けを求めます。

症状が酷い、頻繁に起こる場合には、病気の可能性もあります。不安にならないためにも一度病院で検査してもらいましょう。

>ストレス解消サプリランキング

 

スポンサーリンク

頭のふわふわを改善しよう

日常的に起こる「めまい」「ふわふわ」感は、自律神経と関係しているケースが多いです。ここでは、めまいを悪化させずに、毎日を過ごす習慣をご紹介します。

筋肉が凝ったら和らげよう

massage

point自律神経が乱れやすい人は、少しのことで刺激をうけやすく、緊張しやすいため、凝りやすい方も多いと思います。

マッサージにいっても数日後には、元のようにかたくなったりしますよね。大抵の場合、周囲の筋肉もかたくなっているので、マッサージに行ったときには、肩や首ばかりでなく全体的にしてもらうようにしましょう。

また、首が凝ったからといって、首ばかりもんでいるでいると、もみかえしや頭痛やめまいなどが起こることがありました。沢山の神経や血管が通っているので、体調を悪化させるのかもしれません。

周囲の筋肉をゆっくりほぐしていけば、首の筋肉も動きやすくなります。

セルフケアでは、首は温めたりストレッチなど軽めの運動で全体的にほぐしていきましょう。

pointストレートネックになってない?

スマホが普及して、小さな画面でゲームをする姿をよくみかけます。

その姿勢は、スマホが手元にあるので、頭はずっと斜め下をむいたままです。これが長時間ともなると、頭をあげた時「首や頭の後ろが痛い」という症状がでてきます。

特に、ゲームにはまりやすい人は凝りが慢性化しないように要注意です。

しっかり睡眠をとる

tea

point睡眠不足が続くと、日々の疲れがたまっていき血液や酸素が十分にいきわたらい状態になります。

ふわふわした感覚がして、前日の睡眠時間が少なかったという時は、身体がお休みして下さいというサインです。

寝不足は、免疫が低下して病気にかかりやすくなったり、集中できなくなったりと日中活動するのには大敵です。

point世の中にはショートスリーパーの方もいらっしゃいます。ですが、今まで睡眠時間が長かった人が極端に短くすると、健康にも影響がでてきますのでムリはしないようにしましょう。

1日平均7時間~8時間睡眠を取るのが理想的といわれています。自分がスッキリと起きやすい時間をみつけてみましょう。

ホルモンバランスと自律神経の関係

woman

point自律神経とホルモンは、関連が深いです。

特に女性は、妊娠・出産などホルモンバランスが大きく変化します。

また、40代・50代には閉経によりホルモンバランスも変わってきます。

ほてりや急な汗がでたり、更年期障害も起こりやすくなる時期です。

ホルモンバランスが乱れると、「疲れ」「不安」「イライラ」などがおこりやすくなります。ホルモン分泌は、自律神経の調整も行う「視床下部」という脳の指令する場所(司令室のようなところ)に繋がっています。

ホルモンが調整できなくなると、司令室も正常ではなくなるため、自律神経の乱れも引き起こしてしまいます。

女性に自律神経失調症が多いのは、このようなホルモンとの関係もあるようです。

hand

point女性ホルモンが乱れる原因

  • 無理なダイエット・・・生理がとまってしまうことも
  • 生活が不規則・・・自律神経も乱れる原因に
  • 食事を抜く・・・我慢が続くとストレスに
  • 仕事や家庭のストレス など

point治すための生活習慣

  • 毎日決まったリズムを作る・・・夜、ぐっすり眠りやすく
  • イソフラボンをとろう・・・女性ホルモンと似ている大豆製品を食べる
  • お風呂で温まる・・・半身浴でゆっくり温まってリラックスして眠りやすく
  • ストレスをへらす・・・就寝前には、ハーブやアロマ・音楽でリラックス など

自律神経を自分で上手くコントロールするにはどうすればいい?

スポンサーリンク

辛い・・・ストレス疲れには「サプリメント」で休息を!

face

   こんな症状は「セロトニン」不足かも!

 point 不安感におそわれる

 point 憂鬱な気分になる

 point 常に緊張している

他人が気にしない些細なことでも緊張・不安・憂鬱になる人は、常にストレスを感じやすく幸せホルモン「セロトニン」の消費が激しくなります。

セロトニン不足は、ココロとカラダに様々な不調がでてきます。

セロトニンが不足した状態 arrow セロトニンで満ちた状態
・不安になりやすい ・精神的安定
・眠れない ・睡眠の質があがる
・やる気がおきない ・集中力が高まる
・緊張しやすい ・ストレスに強く!
・体調を崩しやすい ・免疫力があがる
・頭痛・めまい・吐き気 ・起こる頻度が減る
・腹痛・下痢 など ・血流もよくなりお腹の調子も改善されてくる

安定的に不安感を取り除くためには、

サプリからセロトニン栄養素を摂る

このことが「私達の強いミカタ」になります。

arrowセロトニン不足を補って【不安・緊張・憂鬱】気分をスッキリさせるサプリメント

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする