【手のひらや指に痛み・しびれが! 】考えられる5つの原因と疾患とは?

office

細かな作業をしたり、モノを持ったりした時などに、ふと感じる「手のひらの痛み」。

我慢ができないほどではなかったとしても、心当たりのない痛みというのは、やはり気になってしまいますよね。

そこで今回は、手のひらの痛み、しびれについて、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

原因は何?

早速、痛みやしびれが起こる原因について、みていきましょう。

腱鞘炎

hands

まず挙げられるのが「腱鞘炎」です。

【特 徴】

  • 指の付け根の痛みや指を曲げ伸ばしする時の痛み
  • 音が鳴ることも
  • 指を曲げにくいと感じるケースもあるようです
  • 腱鞘炎は、どの指にも起こる可能性はあるものの、特に親指と中指、薬指の付け根に起こりやすいようです。

【原因など】

  • 腱鞘炎が起こる原因として考えられるのは、手指を酷使することです。例えば、パソコンを使った仕事や楽器の演奏者などが、それにあたります。
  • スマートフォンの普及により、親指の付け根の腱鞘炎の方が増加傾向にあります。ほかにも、妊娠中の方や出産後直ぐの方、更年期時期の女性にも多く見られます。

指の曲げ伸ばしがしずらい、痛みがあるという場合には、腱鞘炎である可能性が高いでしょう。スマホの使用しすぎた後に、指が痛い方は、他の指に変えたりなるべく使用を控えましょう。

変形性手関節症

これは、クッションの役割をしてくれている指の軟骨が、何らかの原因によりすり減ってしまい、指が変形してしまったり、スムーズに動きができなくなり、摩擦などで痛みなどがでることを指します。

起こりやすい部分としては、全ての指の「第1・2関節」に起こるケースが多くみられるようです。

【特 徴】

  • 関節が変形する
  • 手、指の関節がこわばりがでる
  • 痛みや炎症がおこる
  • 腫れがでることも

【原因など】

  • 指の軟骨がすり減ることが原因とされているように、手指を酷使しやすい職業の方に多く見られます。
  • 40代以降の女性に多く発症していることから、手指の酷使だけでなく、女性ホルモンの変動や加齢も原因のひとつなのでは?という考えも出てきています。

目に見えて分かる関節の変形が無くても、モノを掴んだりするときに関節に痛みやこわばりを感じるときには、変形性手関節症の疑いがもてます。

手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)

note

これは、手と腕の境目あたりの神経が圧迫され、痛みや下記などの症状が起こることを指します。

【特 徴】

  • 親指~中指、薬指の親指側の半分までに「痛み・しびれがある、手のこわばり」などが起こる
  • 深夜や明け方にこうした症状が強くでるケースが多いようです。
  • 小指だけ症状が出ないということも、大きな特徴といえます。

【原因など】

  • 手根管症候群が起こる原因は、やはり手指の酷使とされています。
  • 手指に外傷を負ったときのむくみも原因になることがあります。

手根管症候群は、先に述べたようにわかりやすい特徴があるため、痛みやしびれがどの範囲にあるのか観察すると良いでしょう。

肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)

これは、薬指~小指と、肘~手にかけて腕の内側の神経が、圧迫や伸びることにより麻痺などが起こるものを指します。

【特 徴】

  • 最大の特徴としては、薬指と小指だけに症状が出るということです。
  • 痛みやしびれ
  • 動かしずらい
  • 握力低下
  • 真っ直ぐに伸ばしずらい、など

【原因など】

  • 肘部管症候群の原因になるのは、日常的に肘を酷使している、肘に外傷を負った経験がある、などがあります。

薬指と小指に限定した症状があるのであれは、肘部管症候群の疑いがもてますが、肘の内側を軽く叩いて薬指と小指に痛みやしびれが出るかどうか、というセルフチェックをすることで、ひとつの判断材料とすることもできます。

ガングリオン

あまり馴染みのない名称だとは思いますが、手首の関節や手のひらの関節近くに、ゼリー状の液体が固まったコブができることがあり、これを「ガングリオン」といいます。

【特 徴】

  • 手のひらにできる場合ですと、指の付け根部分や腱鞘の部分にできやすい傾向にあります。目視で確認できる場合や触って判断できる場合などがありますが、比較的認識しやすいでしょう。
  • 神経が通っている付近にガングリオンができると、神経を圧迫したり触れたりすることで、症状が起こります。特に、コブに触れると痛みを感じることが多いようです。
  • 手を動かすときの違和感や痛みも、特徴のひとつです。

【原因など】

  • 発生する原因となるものは、現在まで未解明ですが、やはり手指の使いすぎも原因の1つであると考えられているようです。
スポンサーリンク

まとめ

hand

ここまで、手のひらの痛みやしびれの原因について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?あまり耳にしたことのない名称も、あったことでしょう。

ちょっとした痛み、我慢できる痛みといって、放置してしまう方も多いようですが、心当たりのない痛みや違和感、明らかに様子が違うなど、気付いたことがあれば早めに医療機関を受診することが大切です。

自然治癒するものや湿布などの処置だけで済むケースも確かにありますが、素人の自己判断ほど危険なものはありません。

煩わしい痛みから早く解放されるためにも、病名や原因を特定することをおすすめいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする