口元に毎月出来る・・・【生理前の痒いニキビ】2つの原因と対策ポイントは?

woman

皆さんは、生理前になるとポツポツと、ニキビが現れ始めませんか?

この生理前ニキビは、通常のニキビケアだけでは、なかなか改善されないと言います。

生理が来る、そう思っただけでも憂鬱になる女性は多いですが、そこにニキビの悩みまで増えると…。

そこで今回は、なぜ生理前にニキビができやすいのか?原因から自分で気をつける対策まで見ていきましょう。

生理前ニキビとは

まずは、生理前ニキビの特徴などについて、ご紹介していきましょう。

「Uゾーン」に、ニキビができやすい

point生理前ニキビは、特に顔の輪郭周辺、いわゆるUゾーンの部分にできやすいようです。

皮脂の多いTゾーンにできやすいのは思春期ニキビ、それとは違った部分に、生理前ニキビはできやすいようです。

生理2週間前から肌トラブル

point生理予定日から約2週間前になると、黄体ホルモンというホルモンを原因として、肌トラブルが増えてきます。

肌の水分が失われやすく、乾燥が起こりやすい時期だと言われています。

乾燥が起きている肌は、角質が厚くなり毛穴詰まりが起こりやすい状態です。

そして、生理が始まる頃になると、皮脂量が急激に増えるので、急にニキビが顔を出し始めます。

生理始まりから2週間は肌状態がベスト

point生理が始まると、数日で黄体ホルモンではなく卵胞ホルモンが増加してきます。

この卵胞ホルモンは、肌の新陳代謝の向上作用を持っているので、生理始りから2週間は、卵胞ホルモンの影響により肌状態が整っています。

次の生理までの2週間は、上記でご紹介したように黄体ホルモンが増加するので、乾燥やニキビといった肌トラブルが増えてくるのです。

生理前に出来るのはなぜ?

次に、どうして生理前にニキビができるのか?原因について、詳しくみていきましょう。

ホルモンの変化によるもの

point女性の体内では、生理の周期と共に、【①月経~②卵胞期~③排卵期~④黄体期】という4つの周期が毎月動いています。

この中で、①卵胞期から次の④月経までの約2週間の期間を「黄体期」と呼びます。

黄体期に分泌される黄体ホルモン「プロゲステロン」の影響で、皮脂分泌を増やしたり、精神的にもイライラしやすく、少しの事でもストレスをためやすく肌ストレスにも影響しやすい期間です。

生理前のニキビや肌荒れ、かゆみ、乾燥などの肌症状は、黄体ホルモンの増加によるものだといわれています。

ニキビに対するバリア機能の減少

image

point上記でお話した黄体期に増える黄体ホルモンにより、抗菌ペプチドが減ってしまいます。

普段の皮膚には、ニキビの元になるアクネ菌に対抗する、「抗菌ペプチド」というものが働いています。

しかし、黄体期により、普段ならニキビにならなかったアクネ菌を抑制することができず、生理前はニキビが出来やすくバリア機能が少ないといった状態になっています。

生理前のニキビ対策

最後に、生理前のニキビがなるべく出来ないようにするために、ポイントをみていきましょう。

スキンケア

face-washing

月経の周期でホルモンバランスや肌環境も変化することから、生理前のニキビ対策の1つとして、スキンケアアイテムや保湿の量を周期によって見直してみましょう。

point洗顔料の切り替え

過剰に分泌された皮脂を取り除くことが大切ですので、皮脂をしっかり取り除き、洗い上がりがサッパリ、スッキリのタイプの洗顔料を選びましょう。

point念入りな洗顔

通常、Uゾーンは乾燥しやすい部分ですので、皮脂を取りすぎない洗顔が鉄則ですが、生理前には皮脂分泌が盛んになるので、Uゾーンも念入り・丁寧な洗顔が必要です。

point刺激を与えすぎない

生理前は、油分や刺激の少ない化粧品を使うようにしましょう。

毛穴詰まりの原因になりますので、ファンデーションは薄く塗るのが大切です。

pointメイクは即落とす

可能であれば、肌の負担となるメイクは控えた方が良いでしょう。

メイクをする場合には、できるだけ早いうちに、クレンジングを使って落とすようにしてください。

使用するタイプは、オイル以外のものにしましょう。メイクがスルっと落ちて便利なオイルタイプは、肌への負担が多いので、ニキビ・敏感肌の方は使用を控えましょう。

生活習慣

mushroom

point生理前ニキビに限らず、肌トラブルを避けるためには、生活習慣の見直しや改善は重要です。

例えば、睡眠不足の解消のために、睡眠の質を上げたり、時間をたっぷり取る、ストレスを溜めずに適度なリフレッシュをするなど、ちょっとした心掛け一つで行えるのではないでしょうか?

また、食生活の改善は特に重要で、冬に旬を迎えるような野菜やきのこ、海藻類などの積極的摂取をオススメいたします。

便秘を解消することも、肌トラブルのリスクを下げる効果があるので、食物繊維も積極的に取り入れていきましょう。

寝具類は清潔ですか?

pillow

point寝具類が不衛生ですと、寝具類の細菌などが顔に移り、ニキビの原因となることもあります。

見落としがちですが、タオルや枕カバーなどはこまめに交換しましょう。

生理前は特に、いつもよりも枕カバーやシーツ、布団カバー、パジャマ、下着なども、清潔にしておきましょう。

まとめ

flower

ここまで、生理前ニキビの原因や対策について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

生理前ニキビは、ホルモンが深く関係しているため、改善するのには、生活習慣や清潔を心掛け、過剰に分泌される皮脂を十分に取ることが大切ですね。

生理というだけで気持ちもブルーになりがちですので、ニキビができるリスクを減らすだけでも、気持ちに余裕が生まれるでしょう。