卵巣が腫れて原因はストレス?妊娠の可能性は?痛みの症状と関連する病気について ⋆ MOFUBU

卵巣が腫れて原因はストレス?妊娠の可能性は?痛みの症状と関連する病気について

女性の中には、生理の前後や排卵の前後の時期に、下腹部痛を感じる方が多く見られます。

女性の身体の仕組みとはいえ、毎月のように痛みを感じることは、とても憂鬱なことでありストレスの1つになります。

鎮痛剤を使用されるほど、強い痛みがある方も多いですが、そもそも何故、生理前などに決まって腹痛や周辺に痛みが発生するのでしょうか?

その中の原因の1つに、「卵巣」が関係しています。

そこで今回は、生理前の痛みの1つ「卵巣が起こす痛みの原因」と関連する病気についてお話します。

卵巣が腫れるのはなぜ?

早速、痛みを伴う卵巣が腫れる原因について、下記をみていきましょう。

月経前に起こる「排卵」による痛み

pregnancy

生理がまだきちんと開始してないにも関わらず、生理前に生理中と似た痛みが起こる、その原因には、排卵による卵巣の痛みの可能性があるようです。

私も毎月、生理前に下腹部が痛くなりますが、結構酷い痛みが続き、体調の優れない日が数日続きます。

排卵の痛みとは「排卵痛」と呼ばれ、排卵に伴って下腹部の左右どちらか一方に痛みが起こるものです。

両側に痛みがあるケースも、場合によってはあるそうです。

排卵痛が起きるのは、生理開始予定日から14日程度前の、排卵が行われる時期に起こります

全く痛みを感じない方もいれば、激痛みに悩む方もいたりと、痛みの度合いには個人差があります。

排卵後

排卵後、卵巣は少し腫れた状態になっていて、腹部の張りや腹痛が起こる場合があります。

この時期になると、卵巣から多量の女性ホルモンが出てきますので、その影響が原因で起きているのではないか、と考えられています。

また、排卵時に卵巣の壁に傷がつくケースがあり、「排卵期出血」と言われる、少量の出血があることも多いそうです。

ごく少量を出血は、誰にでもあるようですが、稀に、卵巣自体から出血している量が多い時には、腹部の張りや強い下腹部痛が発生することもあります。

薬物からの影響

medicina

不妊治療中の薬が反応し、卵巣に腫れが生じ、下腹部痛が発生するケースがあります。

卵巣の大きさは、通常、親指大ほどで3cm程度の小さな臓器です。

不妊治療で使われる薬物は、排卵誘発を目的とされますが、その時に、卵胞が刺激されるころから、卵巣の腫れが起こることもあります。

医学的に、OHSS(卵巣過剰刺激症候群)と呼ばれており、腹水や胸水の量が多くなり、吐き気、下腹部の不快感が起こることもあります。

妊娠前・妊娠中に欠かせない赤ちゃんとママの為のおすすめの「葉酸」サプリの効果とは?
妊娠中は、お母さんの体調にも変化があり、つわりが酷くなって食事で栄養を取りたくても、なかなか食べ...

OHSS(卵巣過剰刺激症候群)

shikyuu

上記にもご紹介したとおり、排卵誘発剤には、OHSS(卵巣過剰刺激症候群)が頻繁に発生するケースもあるようです。

発症の確率は、その人の体質に関係するため個人差がでるようですが、卵巣反応が活発な年頃の「18~35歳」頃の年齢の方、痩せている方、卵胞の数が多い方は、発症するリスクが他の方よりも高い傾向にあるようです。

OHSSを発症し、重度であった場合、こぶし大以上に卵巣が大きくなってしまうケースもあるので、排卵誘発剤の使用後に、腹痛が起きた場合には、早急に婦人科の受診が必要になります。

ストレス

東洋医学と同じ分類である、中国の伝統医学「中医学」では、排卵痛が起こる原因の1つに、巡りが悪い、ということが挙げられています。

そして、巡りが悪くなる原因には、過労やストレスなどがあるとされています。

ストレスが増えてしまえば、ホルモンバランスが乱れ、子宮にもその影響がでやすいようです。

卵巣のう腫

hospital

卵巣という臓器は、「沈黙の臓器」と呼ばれていることをご存知ですか?

卵巣は腹部の奥に位置し、周りに一定のスペースがあるので、直接的な症状が現れにくく、感じにくいとされているため、卵巣自体に病気を発見したときには、重症化しているというケースが多いのです。

ですから、自覚症状が有る無いに関わらず、定期検診が大切な臓器の1つなのです。

卵巣で起こる病気の1つに、卵巣のう腫が挙げられます。

卵巣のう腫が起こる原因は、未だに解明されてはいません。

卵巣の中に、液体や脂肪が溜まり、肥大していくとこぶし大以上になる恐れもあると言われています。

また、卵巣のう腫は漿液性のう腫、粘液性のう腫、皮様性のう腫、チョコレートのう腫の4種類に分類されますが、9割は良性腫瘍であるそうです。

妊娠初期の場合も!

baby

妊娠中の病院の検査で、卵巣の腫れが見つかることも多いようです。

妊娠初期段階で卵巣のう腫が発見されるのは、妊婦全体の約4%程度と言われています。

その約半数は、妊娠によるホルモンの刺激によるものとされ、卵巣に一時的な腫れを起こす「ルテインのう胞」というものです。

ルテインのう胞の場合は、妊娠14週程度になると、自然に腫れも落ち着き、正常な大きさに戻っていきますので、経過観察という処置をとるのが通常とされています。

しかし、中には肥大していくケースや、卵巣のねじれが起こる危険性があるケースもあります。

このような場合は、妊娠中に卵巣を切除する手術が行われる場合もあります。

もちろん、胎児へ手術の影響が出ないように配慮されますから、きちんと担当医と相談するようにしましょう。

まとめ

flower

ここまで、生理前などの卵巣が起こす痛みの原因について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

女性特有の痛みの原因には、卵巣という臓器が大きく関わっていました。

沈黙の臓器である卵巣。

毎月のこと、と安易に考えず、不安に思う要素があるのならば、婦人科を受診し検査を受けることをオススメいたします。

penguin

卵巣の老化やストレスにも!

 ♡栄養タップリ!女性に葉酸がよい理由は?