卵巣が腫れて痛む原因はストレス?妊娠の可能性は?痛みの症状と関連する病気について

女性の中には、生理の前後や排卵の前後の時期に、下腹部痛を感じる方が多く見られます。

女性の身体の仕組みとはいえ、毎月のように痛みを感じることは、とても憂鬱なことでありストレスの1つになります。

鎮痛剤を使用されるほど、強い痛みがある方も多いですが、そもそも何故、生理前などに決まって腹痛や周辺に痛みが発生するのでしょうか?

その中の原因の1つに、「卵巣」が関係しています。

そこで今回は、生理前の痛みの1つ「卵巣が起こす痛みの原因」と関連する病気についてお話します。

卵巣が腫れるのはなぜ?

早速、痛みを伴う卵巣が腫れる原因について、下記をみていきましょう。

月経前に起こる「排卵」による痛み

pregnancy

生理がまだきちんと開始してないにも関わらず、生理前に生理中と似た痛みが起こる、その原因には、排卵による卵巣の痛みの可能性があるようです。

私も毎月、生理前に下腹部が痛くなりますが、結構酷い痛みが続き、体調の優れない日が数日続きます。

排卵の痛みとは「排卵痛」とも呼ばれるこの症状は、排卵に伴って下腹部の左右どちらか一方に痛みが起こることが多いですが、両側に痛みがあるケースも、場合によってはあるそうです。

排卵痛が起きるのは、生理開始予定日から14日程度前の、排卵が行われる時期に起こります

全く痛みを感じない方もいれば、激痛みに悩む方もいたりと、痛みの度合いには個人差があります。

排卵が終わった後は、数日間かけて腫れもひいていくので、痛みもだんだんを弱まってきます。

排卵後

排卵後、卵巣は少し腫れた状態になっていて、腹部の張りや腹痛が起こる場合があります。

この時期になると、卵巣から多量の女性ホルモンが出てきますので、その影響が原因で起きているのではないか、と考えられています。

また、排卵時に卵巣の壁に傷がつくケースがあり、「排卵期出血」といわれる、少量の出血があることも多いそうです。

ごく少量を出血は、誰にでもあるようですが、稀に卵巣自体から出血している量が多い時には、腹部の張りや強い下腹部痛が発生することもあります。

薬物からの影響

medicina

不妊治療中の薬が反応し、卵巣に腫れが生じ、下腹部痛が発生するケースがあります。

卵巣の大きさは、通常は親指大ほどで3cm程度の小さな臓器です。

不妊治療で使われる薬物は、排卵誘発を目的とされますが、その時に卵胞が刺激されるころから、卵巣の腫れが起こることもあります。

医学的に、OHSS(卵巣過剰刺激症候群)と呼ばれており、腹水や胸水の量が多くなり、吐き気や下腹部の不快感が起こることもあります。

OHSS(卵巣過剰刺激症候群)

shikyuu

上記にもご紹介したとおり、排卵誘発剤には、OHSS(卵巣過剰刺激症候群)が頻繁に発生するケースもあるようです。

発症の確率は、その人の体質に関係するため個人差がでるようですが、卵巣反応が活発な年頃の「18~35歳」頃の年齢の方、痩せている方、卵胞の数が多い方は、発症するリスクが他の方よりも高い傾向にあるようです。

OHSSを発症し、重度であった場合、こぶし大以上に卵巣が大きくなってしまうケースもあるので、排卵誘発剤の使用後に、腹痛が起きた場合には、早急に婦人科の受診が必要になります。

ストレス

東洋医学と同じ分類である、中国の伝統医学「中医学」では、排卵痛が起こる原因の1つに、巡りが悪いということが挙げられています。

そして、巡りが悪くなる原因には、過労やストレスなどがあるとされています。

ストレスが増えてしまえばホルモンバランスが乱れ、子宮にもその影響がでやすいようです。

卵巣のう腫

hospital

卵巣という臓器は、「沈黙の臓器」と呼ばれていることをご存知ですか?

卵巣は腹部の奥に位置し、周りに一定のスペースがあるので直接的な症状が現れにくいです。ですので、卵巣自体に病気を発見したときには、重症化しているというケースが多いので「定期検診」は必ず受けるようにしてくださいね。

卵巣で起こる病気の1つに、卵巣のう腫が挙げられます。

卵巣のう腫が起こる原因は、未だに解明されてはいません。

卵巣の中に、液体や脂肪が溜まり、肥大していくとこぶし大以上になる恐れもあるといわれています。

また、卵巣のう腫は「漿液性のう腫・粘液性のう腫・皮様性のう腫・チョコレートのう腫」の4種類に分類されますが、9割は良性腫瘍であるそうです。

妊娠初期の場合も!

baby

妊娠中の病院の検査で、卵巣の腫れが見つかることも多いようです。

妊娠初期段階で卵巣のう腫が発見されるのは、妊婦全体の約4%程度といわれています。

その約半数は、妊娠によるホルモンの刺激によるものとされ、卵巣に一時的な腫れを起こす「ルテインのう胞」というものです。

ルテインのう胞の場合は、妊娠14週程度になると、自然に腫れも落ち着き、正常な大きさに戻っていくようで、経過観察という処置をとるのが通常とされているそうです。

ですが、中には肥大していくケースや卵巣のねじれが起こる危険性があるケースもあります。

このような場合は、妊娠中に卵巣を切除する手術が行われる場合もあります。

もちろん、胎児へ手術の影響が出ないように配慮されますから、きちんと担当医と相談するようにしましょう。

セルフケアで痛みを改善(軽減)できる?

卵巣が腫れたり痛みが起こる場合、痛みが激しかったり数日間続くようであれば病院で診察してもらうのが一番です。

ここでは、排卵前など毎月(下腹部)卵巣周辺に痛みが出る方のケア方法をご紹介します。

身体を冷やさない

haramaki

下腹部に痛みがでるとき、お腹に手を当ててみると冷たいことが多いような気がしませんか?

しだいにお腹の調子も悪くなり、お腹を下す人も生理前・生理中には多いです。

お腹と一緒で、卵巣も冷えていては正常な働きができません。卵巣の温度は体内にあるので、普段測る体温より少し高めだそうです。

お腹を直接あたため、血流がよくなることで身体全体もあたためて体調を回復させていきましょう。

お風呂で温めるのも良い方法ですが、体調がよくない時期ですので、あまり長時間になるとのぼせてしまうかも・・・気をつけて下さいね。

食生活の改善

food

当たり前といわれそうですが、私が昔かなり偏った食生活をしていたところ、生理前+生理中の痛みは、冷や汗がでて意識が遠のくくらいにまでになったことがります。

知人から言われ食生活を少し変えてみたところ、気づいたら薬を飲めばなんとか動けるくらいに改善しました。

特に20~30代の人の卵巣の痛みには、自律神経の乱れやストレスからくるものが多いといわれています。食事に栄養素が足りていないと、ストレスにもうちかつこともできません。ストレス軽減には「セロトニン」というイライラや精神安定をしてくれる成分があります。

soybeanこのセロトニンのもととなるのが、「トリプトファン」ですが多く含まれる食品は、

大豆・・・520mg

豆乳・・・270mg

まぐろ(赤身)・・・300mg

白米・・・35mg などになります。

また、セロトニンは腸内でつくりだされるため、腸内環境がわるいとせっかく食べたものの、栄養がいきわたらないこともあります。

食生活とともに、お腹の健康もみなおしてみましょう。

そのほか、日常生活の些細なことでストレスを感じやすい人は、セロトニンの消費が他の人よりも激しいため、体調を崩しやすいといえます。

関係ない?と思われるかもしれませんが、ホルモンバランスと自律神経はどちらが乱れても影響がでてきます。サプリメントで補うことで両方のバランスが改善されることも多いようです。生理前に体調が悪い、生理がひどい方は、PMSの症状と思っていても私と同じように根本は自律神経だったとわかるかもしれません。

鎮痛剤を飲む

痛みが酷い場合には、むりせずにお薬を飲むようにしましょう。

お薬を飲んだあとは、お腹周辺を温めながら、痛みが引くのを待ちましょう。仕事中の場合には、薄めの腹巻等をまいておくと目立ちません。

ですが、痛みが引かない場合や数日たってもおさまらない場合は、病気の可能性もありますので、勇気をもって病院へ行きましょう。

まとめ

flower

ここまで、生理前などの卵巣が起こす痛みの原因について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

女性特有の痛みの原因には、卵巣という臓器が大きく関わっていました。

沈黙の臓器である卵巣。

症状が現れにくい女性特有の器官だけに、定期健診に行くことはもちろんですが、不安に思うことが少しでもあれば、産婦人科や婦人科に足を運んでみましょう