ミミズ腫れを原因と早く治す方法とは?かゆみや蕁麻疹との関係

hand

身体のかゆみを感じて、意識的にまた無意識に掻いてしまうことは、誰にでもりますよね。

また、知らないうちに「ミミズ腫れ」になっていた、という人も最近では多いようです。

  • 気づいたらミミズ腫れになっていた
  • 掻くたびにできてしまう

様々な体質の方いらっしゃいますが、「ミミズ腫れ」ができてしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

今回は、ミミズ腫れになる原因と治療法・早く治すためのポイントについて、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

ミミズ腫れが起こる原因とは

まずは、ミミズ腫れになる主な原因について、ご紹介していきましょう。

アレルギー性じん麻疹

egg

pointアレルギー性じん麻疹の原因となるのは、特定のアレルゲンとの接触です。

特定のアレルゲンは、人それぞれ異なりますが、乳製品や卵・小麦・花粉・動物・薬・などが挙げられます。

【特徴的な症状】

発疹や発赤・ミミズ腫れ・しこり・斑点などがあり、重度になると呼吸困難や発熱などの強い症状が起こるケースあります。

物理性じん麻疹

point物理性じん麻疹は、別名「機械性じん麻疹」とも呼ばれ、皮膚に圧力がかかったり皮膚を掻いたりすることで起こります。

はっきりとした原因はわからないものの、装飾品による擦れや腕時計による圧力やベルトの締め付け、このようなことをきっかけに起こることが多いようです。

【特徴的な症状】

赤いミミズ腫れで酷いかゆみはほとんど無いことが多く、ミミズ腫れの部分を強く掻くと広範囲に広がります

アスピリンじん麻疹

medicina

pointアスピリンじん麻疹の「アスピリン」とは、非ステロイド性抗炎症薬の代表薬の1つです。

このアスピリンの副作用で起こるのが、アスピリンじん麻疹です。

【特徴的な症状】

広範囲のミミズ腫れや、強いかゆみがあり、重度になると咳や吐き気なども起こりアナフィラキシー・ショックにまでいたるケースもあります。

コリン性じん麻疹

pointコリン性じん麻疹とは、体温の上昇に伴って汗をかき、その部分にだけにじん麻疹の症状が発生しやすいようです。

特に、体温が上昇しやすい夏場や日中の活動中に発生することが多く、就寝中や冬場などには発生しないという特徴があります。(ただし、冬場であっても体温上昇がある場合には発生することもある)

はっきりとした原因はわからないものの、発汗という働きに深い関係を持っている「アセチルコリン」という物質の影響によるものと、考えられています。

【特徴的な症状】

コリン性じん麻疹の症状には、小さな発疹や、その発疹が融合して大きな赤い膨らみが形成される強いかゆみピリピリとした痛みがでる場合もあります。

接触じん麻疹

bottle

point接触じん麻疹とは、特定の物質との接触した部分にのみ起こるじん麻疹のことです。

この原因は、保存料や化粧品等に含まれる化学物質が主で、上記にご紹介したアレルギー性じん麻疹に類似しているものの、検査では抗体がハッキリとは検出されない、という特徴があります。

主な症状には、ミミズ腫れや発疹などが挙げられます。

色素性じん麻疹

point色素性じん麻疹は、ミミズ腫れが起こり皮膚が赤くなる場合もありますが、その部分が色素沈着によって変色し、皮膚の茶色がかっていくのが特徴的です。

はっきりとした原因は未だ解明されてはいませんが、皮膚内にある免疫細胞の「マスト細胞」が、過剰に存在することが何かしらの影響を与えている、と考えられています。

スポンサーリンク

検査方法・治療法

https://make-a-good.com/wp-content/uploads/2016/09/hospital-53.jpg

次に、ミミズ腫れになる原因のじん麻疹に対する検査方法と治療法について、ご紹介していきましょう。

検査方法

point医療機関での検査は、アレルギーによるものが疑われる場合には、血液検査と疑わしきアレルゲン物質を使った皮内テストを、行うのが一般的です。

物理性じん麻疹が疑われる時は、疑わしき刺激を故意に与え、症状が出るかどうかの検査をするようです。

もし、アレルギーや物理性のじん麻疹ではない場合には、皮膚症状の観察やそれ以外の症状などを元に原因を探っていきますが、原因を特定できない場合には原因追究するのではなく、治療へと専念することが主流なようです。

治療法

point様々な種類のじん麻疹をご紹介してきましたが、じん麻疹の治療法には、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬の服用が一般的です。

もし、原因を特定できていないような場合でも、抗ヒスタミン薬を処方することが多く、じん麻疹を引き起こす原因物質である、ヒスタミンの分泌を抑制する薬物治療を行うようです。

スポンサーリンク

かゆいミミズ腫れを早く治すために

ミミズ腫れを作らないようにするための注意点は?

掻かないで!

pointどのタイプのじん麻疹にも、かゆみが伴う場合が多いですが、搔けば搔くほど症状は広範囲に広がり、大量のミミズ腫れになってしまう可能性があります。

じん麻疹によるかゆみは、掻いても治まることは無く症状を悪化させるだけですから、絶対に掻かないようにしましょう。

我慢できないほどの強いかゆみに対しては、患部を冷やして一時的にかゆみを緩和し、早めに医療機関で薬を処方してもらうようにしましょう。

原因が判れば避けてみましょう

pointもし、検査を受けたり、じん麻疹が起こるパターンからアレルゲンが判明している場合には、そのアレルゲンとなる物質を避けながら生活を送るのが一番有効といえます。

原因が判明していない場合には、疲労やストレスの蓄積を避けて規則正しい食生活に改善してみましょう。

また、いろいろと試してはみたものの原因がハッキリとしていない場合には、

  • 修復を高めるために質の良い睡眠時間を充分にとる
  • ストレスをなるべくためないようにする
  • 栄養バランスを考える など

免疫力を高める身体作りを日常から心がけましょう。

病院にいくと、蕁麻疹と診断されると早く治すために【ステロイド】を処方されることもあります。ですが、ミミズ腫れになりやすい体質という人は日々の生活習慣や栄養バランスで改善されることが少なくありません。

体質改善のためには、湿疹や炎症・アトピーに効果の高い【亜鉛】を摂ることも有効です。

スポンサーリンク

ミミズ張れが治りにくい・痒みが広がるのは「亜鉛」不足?

ミミズ腫れや湿疹ができやすい、なかなか治らないという人は「亜鉛」不足が原因かもしれません。

皮膚の炎症に効果が高い亜鉛とは?

woman

point亜鉛は昔から皮膚科で処方の薬に配合されていた

皮膚を作るときに、必要となるのがミネラル類。

このミネラル類は、現代人がよく利用するファーストフードや外食が増えてきたことにより、不足している人が多いのが現状です。

アトピー・アレルギー性皮膚炎の人が増えているということも、ミネラル類の中でも亜鉛不足が原因としてあげられます。

pointターンオーバーを高める

肌の生まれ変わりが早いと、皮膚が健康に維持できるようになります。

ですが、代謝が悪いと皮膚の生まれ変わりも遅く、湿疹や肌炎症が起こりやすい状態になります。

また、活性酸素から細胞を守る働きもあるため、皮膚の炎症がおきにくい状態を保てます。

亜鉛を食事から補おう

nutrition

point現代人は亜鉛などのミネラル類が不足しがちなことから、皮膚の湿疹にも影響がでている可能性が高いです。

また、発毛や抜け毛・免疫力の低下にも影響がでるといわれています。

亜鉛は、牡蠣(かき)・うなぎ・レバー・ゴマなどにふくまれています。

ミネラル類でいえば、大豆食品が手軽でオススメです。

栄養バランスを毎日考えるのは難しいですから、「サプリ」を使うことで効率よく亜鉛不足を補うことができるでしょう。

1日の亜鉛基準量12mgがタップリ瀬戸内海産牡蠣「初回980円」のサプリ

いつでも解約自由・自信の亜鉛サプリ

 

 

 

ミミズ腫れのまとめ

ここまで、ミミズ腫れになる原因と治療法、注意点について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

ミミズ腫れになる主な原因は、じん麻疹であることがわかりました。

医療機関で検査をしても、じん麻疹の原因を特定できないケースもあるようですが、薬でかゆみを抑制したり、症状の悪化を防ぐことは可能ですので、酷くなる前にぜひ受診して原因を特定し、治療をはじめることが大切です。

また、体質改善をするにはサプリで体内からサポートしていくこともオススメです。