生理前の便秘の原因と改善する方法!毎月のお腹の痛みを軽減させる方法とは ⋆ MOFUBU

生理前の便秘の原因と改善する方法!毎月のお腹の痛みを軽減させる方法とは

毎月、生理前になるとお腹が張る、便秘がちになる、という女性は多くいるようです。

生理前の便秘の経験がある、と答えた女性は約80%もいるという報告もあるほどです。

生理というだけでも憂鬱な気分になるのに便秘まで加わると、毎月のこととはいえ本当に辛いですよね。

そこで今回は、生理前に便秘が起こる原因と解消法について、ご紹介していきたいと思います。

なぜ便秘になるのか?

physiology

まずは、生理前に起こる便秘の原因について、見ていきましょう。

妊娠、出産に向けた準備

生理前の便秘には、女性ホルモンの一つであるプロゲステロンというホルモンの働きによるものです。

排卵をしてから生理が始まる前までの黄帯期という時期に、このホルモンがたくさん分泌されます。これは、妊娠や出産に向けた準備の一つであって、ごく自然な働きなのですが、この準備が便秘を引き起こします。

水分を蓄える働き

妊娠に必要な水分や栄養を蓄えようとする働きが、黄帯期には起こります。

この水分を蓄えようとする働きが、腸内の水分量を減らしてしまい、便を硬くします。

また、上記にあげたホルモンには消化器官の活動を抑制する働きもあるため、腸の動きが鈍くなることも、原因の1つです。

予防法

次に、便秘をなるべく起こさないように、日頃からできる予防法について、ご紹介しましょう。

食生活の見直し

dinner

健康面や美容面おいても、栄養バランスの良い食事は基本ですよね。

それは、便秘の予防においても同じことが言えます。

特に、食物繊維と乳酸菌を意識的に、摂るようにしましょう。また、油分をシャットアウトし過ぎると便の滑りが悪くなるので、適度な摂取は必要です。

適度な運動

sports

運動不足は、腸の活動にも影響を与えます。

汗を少しかく程度の運動で十分なので、心掛けてみましょう。

時間が取れない方は、車や自転車を使わずに歩く、エスカレーターやエレベーターを使わずに階段を使うなどの、習慣を変えるだけでも効果があります。

トイレ習慣

toilet

毎日同じ時間帯にトイレに入ることを習慣付けると、身体がそのリズムに合ってきて、その時間になると便意をもよおすようになります。

可能であれば、時間帯は朝が良いでしょう。

身体がタイミングを覚えるまで、出なかったとしても続けてみてください。

解消法

最後に、便秘になってしまった後の解消法についてです。

水分補給

water2

便を柔らかくしたり、腸への刺激のためにも、水分補給が効果的です。

特に、寝起きに少し冷えた水をコップ1杯飲むことで、大腸の動きが活性化されます。

通常時の冷えた水分は、内臓を弱らせる可能性があるので、常温のものを飲むように注意してください。

お腹が冷えたりする人は栄養不足かも?

生理痛が酷く、生理前から体調が悪くなり、立っていても冷や汗がでてきてたほどなのですが、食事をバランスよくとることにより少しずつ改善することができました。

生理前は便秘とは逆に、足や下腹部が冷えてお腹を下す人も多いです。

暴飲暴食が多い方は、まずはファーストフードやカップ麺などをやめてみましょう。

また、1人暮らしや野菜不足の方には、1日の野菜量がとれる藍の青汁がオススメです。

豆乳と飲むと、デザート感覚で美味しいです。

「藍」は腸から若返る?藍の青汁の成分と飲んでみた味と感想を!
私もですが、毎日の食事で野菜やミネラルなど全ての栄養成分をバランスよく摂れている人は少ないようで...

マッサージ

no

へそ周りを時計回りに手のひらで「の」の字を描くように、マッサージしてあげましょう。
仰向けの状態でリラックスしながら行うと、より効果的です。

ウォシュレット

toilet

出そうだなぁ、という時にちょっと使えるのが、ウォシュレットです。

肛門を刺激することも効果的ですし、水が滑ることで便が出やすくなることがあります。

 善玉菌の活動量を増やし腸内スッキリ「SEEDS」

 fv

ヨーグルトや、乳酸菌サプリを試したけどあまり効果がなかったと感じる方にオススメなのがコチラのSEEDSです。

ヨーグルトやサプリの乳酸菌は、胃酸で腸内に届く前に減ってしまうことが多いですですが、SEEDは独自の植物由来カプセルにより、腸までしっかり届け、善玉菌の活動をサポートして、その数を約1.3倍に増やします!

まとめ

kitchen

ここまで、生理前の便秘について、原因と予防法、解消法をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

便秘の改善は、健康にも美肌にも良い影響を与えるものです。

乱れがちな食生活を改善していくと、「生理痛」もやわらぐことが多いです。

毎月の辛い時期、1つでも悩みを減らせるように、日頃から予防を心掛けてみましょう。