目元のクマ・たるみ3つの原因とタイプ別の治し方とは

eye

睡眠はたっぷりとっているはずなのに、クマが消えない…

クマのせいで疲れ顔に見られちゃう…

このようなクマに悩んでいる方は、とても多いようです。

そもそも、クマができる原因は睡眠不足なのでしょうか?

そこで今回は、クマができる原因と改善方法について、ご紹介していきたいと思います。

目の下のくま 原因

早速、クマができる原因について見ていきましょう。
あなたに当てはまるものがあるか、チェックしてみてくださいね。

茶グマ

mascara

茶グマと言われるクマの大きな原因は、色素沈着です。
茶グマも、表皮レベルのものと、真皮レベルのものの二種類に分けられます。

point表皮レベル

紫外線や目のこすり過ぎ、皮膚炎や乾燥によるかゆみ、マスカラなどの化粧品の落とし残しなどによる色素沈着が原因で、通常の肌にできるシミと同様のものです。

意外と気付いていない方が多いのですが、茶グマは目の下だけでなくまぶたにもできます。

point真皮レベル

真皮レベルの茶グマは、遅発性両側性太田母斑様式素斑というアザです。

こちらも目の下だけでなく、頬やおでこなどにもできることがあります。

20歳前後から現れることが多いと、言われています。

青グマ

heart

point青グマと言われるクマの大きな原因は、血行不良です。

血行不良が起こると、目の周りにある毛細血管のなかの血液が滞り、皮膚から血管が透けて見えるのが青グマです。

良く、睡眠不足でクマができるというのは青グマのことで、睡眠不足が血行不良を起こすのです。
他にも、ホルモンバランスの乱れやストレス、目の疲れなども、血行不良を起こすと考えられています。

黒グマ

黒グマと言われるクマの大きな原因は、皮膚のたるみやへこみです。

pointケース(A)

生まれつき目元の脂肪が少ない方や、加齢によって目元の脂肪が減り皮膚がたるむ

pointケース(B)

目元の筋力が低下して目の下の脂肪が表面に浮き出て目袋をつくり、その下にへこみができる

上記2種類ありますが、どちらであってもシミやアザではないため、メイクで隠すことは困難なクマです。

改善方法

次に、クマを薄くする改善方法について、ご紹介していきましょう。
皆さんも是非、試してみてください。

茶グマ

milk

point表皮レベル

表皮レベルの茶グマには、美白効果成分が入ったスキンケアアイテムの使用が効果的です。

特に、ビタミンC誘導体が配合されているものを、選ぶと良いでしょう。

point真皮レベル

セルフケアでは、真皮レベルの茶グマは改善できません。

レーザーでの治療が可能なので、クリニックを受診しましょう。

青グマ

cream

point血行不良が原因の青グマには、血流を良くするのが一番です。

例えば、ホットタオルなどで目元を温めたり、マッサージなどがオススメです。
マッサージを行う際には、クリームなどを使用して優しく行うことを心掛けましょう。

摩擦を与えてしまうと、色素沈着が起こり茶グマの原因になってしまいます。

また、血行促進効果を狙った、ビタミンKが配合されたアイクリームの使用もオススメです。

目元だけが血行不良になることももちろんありますが、日頃から全身の血行を良くしておくことが青グマの予防に繋がります。

黒グマ

point上記の原因で挙げたAのケースには、皮膚のへこみ部分にヒアルロン酸注射をすることで、へこみを無くすのが効果的です。

またBのケースには、浮き出た脂肪を除去する手術が有効とされています。

どちらの場合も、改善するためにはセルフケアではなく、クリニックやエステなどでの施術が必要となります。

まとめ

rabbit

ここまで、クマができる原因と改善方法について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

クマ=睡眠不足と言われてきましたが、クマにも種類がありそれぞれに原因がありましたね。
改善には、自分のクマの原因を排除することが先決です。

排除してから、有効とされる改善方法を行うようにしましょう。

自分のクマを判断できないような時には、専門家へ相談されると良いでしょう。