合併症になる前に治療を!糖尿病のセルフチェック 原因や食事制限について

現代病の1つの「糖尿病」は、推定患者数1,500万人を超えるとも言われている、とても身近な病になっています。

この記事をご覧頂いている方の中には既に、糖尿病と診断されている方もいらっしゃるでしょう。

そんな糖尿病の治療の基本が、食事制限です。

そこで今回は、糖尿病治療の原因と症状、食事制限について、ご紹介していきます。

糖尿病の原因と合併症

まずは、糖尿病とはどんな病なのか、ご紹介していきましょう。

インスリンの異常

糖尿病とは、インスリン(血糖を下がる働きのホルモン)の量が不足、もしくは正常な量が分泌されていても働きが悪いなど、インスリンの異常により血糖値が高い状態が続く、高血糖に陥ることです。

糖尿病には、下記の2種類があります。

  • 1型糖尿病

現時点で原因がはっきりしていないですが、インスリンを作るすい臓の産生細胞が壊れていき、インスリンが生成されない病気です。

子供や若い人、痩せている人に多い傾向です。インスリンが作られなくなる病気なので、急速に症状が悪化するため、インスリンの注射が欠かせません。

  • 2型糖尿病

肥満・運動不足・不摂生・ストレスがきっかけなどで発病します。また、遺伝も関係があると言われています。中高年や肥満体形の人に多く、進行はゆるやかです。

アジアで患者数が急増

point原因として考えられているのが、日本人の体質に合っていない食生活の欧米化です。

近年、日本を含むアジア諸国で、糖尿病患者数が急増しています。高カロリー食が多い欧米食は、和食に比べても、内臓脂肪が溜まりやすい食事です。

また、そんな食生活に運動不足が加わると、インスリン量は標準の数倍も必要になってしまうのです。

ただ、アジア人は欧米人に比べて、インスリンの分泌量が少ないのです

ですので、軽い肥満であっても糖尿病になりやすいと言えます。

初期症状をセルフチェック

下記がの初期症状ですので、チェックしてみましょう。

point異常に喉・口が乾く

point頻尿・多尿になる

point食事をしても満腹感が続かない

point体重の減少

point眠気が酷く、疲れやすい

糖尿病は、血糖値が高くなる為、脱水症状と脳に判断され、お水を沢山飲むようになり、お水を飲むから、頻繁にトイレに行くようになります。また、インスリンの異常が起きている為、(一項目上の画像参照)ブドウ糖が体内に吸収される量が少なくなり、食事をしてあまり時間が経過せずに、「空腹感」を感じるようになります。また、それにより筋肉等にエネルギーが行き渡らない為、眠気やだるさといった症状も起こります。

初期症状の場合、ほどんど自分で気づかない為、このような症状が、数個あてはまる場合は、初期ではない場合もありますので、医療機関を受診しましょう。

放置すると様々な合併症を引き起こす

hospital

point血糖値が高いままの状態、すなわち糖尿病を治療せずに放置してしまうと、血管が次第にもろくなっていき、血管病に至る。

血管が不健康な状態が続くことで、様々な栄養を全身へ行き渡らせることが出来ずに、全身の臓器で障害が起こってきます。

これが、糖尿病の慢性合併症です。

慢性合併症の他にも、インスリン作用の不足による、急性合併症もあります。

慢性合併症の例

慢性合併症には、実に多くの種類があります。

  • 細小血管障害・・・糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害
  • 大血管障害・・・脳梗塞、心筋梗塞、狭心症、閉塞性動脈硬化症
  • その他・・・糖尿病性足病変、歯周病、認知症

急性合併症の例

急性合併症の種類も、いくつかあります。

  • 糖尿病ケトアシドーシス
  • 高浸透圧高血糖症候群
  • 感染症

早期発見&早期治療が最も重要

hospital

point合併症を引き起こさないために、糖尿病の早期発見&治療は、最も重要になってきます。

糖尿病は、慢性疾患の1つなので、治療や自己管理を一生涯続けていく必要があります。

しかし、これらを続けていくことで、健康な方と同様の生活を送れます。

ただし、上記で挙げた慢性合併症や急性合併症を引き起こしてしまうと、生活の質や寿命はどんどん低下してしまいますし、合併症を治すことも大変困難になります。

治療法

次に、糖尿病の治療法について、ご紹介していきましょう。

食事制限療法

dish

糖尿病治療の基本であり、自己管理の部分になる、食事制限は、薬物治療などを行い効果を上げるためにも、とても重要になってきます。

自己管理の部分ですので、ドクター指示を受けながら行いますが、後ほど詳しくご紹介します。

運動療法

sports

point筋肉の活動量が増加すると、インスリンの働きも正常に働き出します。

食事制限療法と並んで、糖尿病治療には大切な自己管理の部分です。

2型糖尿病は、肥満や過食、運動不足から起こるりますので、運動を行うことでエネルギー消費を高め、肥満の改善・予防に働きかけます。

ゴルフは、緑の中で、歩きながらまわると気分もリフレッシュするので、おすすめです。

薬物療法

infusion

point薬物療法に使われる薬には、インスリン注射と経口血糖降下薬が使われます。

糖尿病治療のベースとなるのは、食事制限療法と運動療法ですが、血糖コントロールが上手く行われない時に、サブ治療として行われるのが薬物療法です。

1型糖尿病の場合には、体内でインスリンを作り出すことが難しい状態なので、インスリン注射によって体外から補給する必要があります。

食事制限

最後に、治療の基本となる食事制限について、ご紹介していきましょう。

食事制限療法とは

dish

point糖尿病治療で行われる食事制限療法とは、2型糖尿病の場合、食事で得るブドウ糖の量を故意的に減らし、すい臓の働きを回復させインスリンを分泌しやすくさせる、という目的があります。

1型糖尿病の場合、インスリン注射でのインスリン補給の調節を行いやすくする、という目的があります。

また、1型でも2型でも食事制限を行わないと、血糖コントロールが上手くいかない、薬物療法を行っても効果が得られないなどのことが起こるので、糖尿病治療には欠かせないものなのです。

1日の摂取カロリーの制限

pointタンパク質やミネラル、脂質、ビタミンなどの栄養と、1日の摂取カロリーの範囲内に収めることが重要になってきます。

摂取カロリーがどの位なのかは、体重や活動量によって個人差がありますので、明記はできませんが、糖尿病と診断されると、ドクターから食事制限療法のしおりを手渡されると共に指示されるので、そちらを基準にしましょう。

食品交換表の活用

point食品交換表とは、炭水化物や脂質、タンパク質などの栄養素を含んだ食品を、6種類にまとめた表です。

ドクターから手渡される食事指導表を元に食事制限を行うにしても、素人にはかなり難しいのですが、この食品交換表を活用することで、自分の食事内容を簡単に管理することができるようになります。

まとめ

green

ここまで、糖尿病治療の食事制限について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

現代病とも言われる糖尿病ですが、その治療に食事制限は必要不可欠なものになります。

自己管理の部分が主ですので、中々続かないところではありますが、上手くいかない時には、積極的に担当のドクターへ相談して意欲を高めていきましょう。