朝食後に腹痛でお腹を下してしまう・・・下痢や腹痛が毎日続くその原因と改善方法とは

morning

朝ごはんを食べることは身体にも一日の活動にもとても良いことだとされていますが、朝食を食べることでお腹を下してしまう人も実は少なくありません。

朝の時間がない時にお腹をこわしてトイレにこもることになるのは当然ながら、毎日毎日お腹の調子が悪くなるというのは、どんなに朝食が健康に良いというものでも苦痛でしかありませんよね。

そこで今回は、その原因と対処方法について知ることから始めていきましょう。

朝に食べる食事は、他の時間よりも消化がされにくい

time

pointダイエットに詳しい人なら聞いた事があるという人もいることでしょう。

朝、午前中というよりは早朝の5時~10時の間は食べる時間というよりも排泄を促す時間とされています。

排泄を促すというのはもちろんトイレという話もそうですが、起きた時に口臭がしたり目やにが付いているというのも身体の中の不要になったものが外に出ている証拠です。

本来なら排泄の時間に食事をするというのは体の流れに反している事となりますが、仕事や学校で力を出すためにも朝食を抜くことが出来ないという人もいるため、この時間に食事をするという事自体に体が慣れている人が多いです。

ただ元々胃腸が弱い人や、以前まで朝食を抜いて生活していたという人にとっては朝食が身体の負担となり、そのせいで消化不良等を起こしてお腹を下してしまうということがあります。

どちらが健康不健康という事ではないのですが、お腹を下してしまうという人はある意味身体の反応として正しいとも捉えられるでしょう。

お腹を下してしまう原因

お腹を下す原因自体は、一概に消化不良のせいとは言えません。

人によって食べたものや精神的なものだったり原因は様々です。

ですので、その中から多い原因をピックアップしてご紹介していきますので、自分の体に思い当たるものはないか照らし合わせて対策を取り入れていきましょう。

朝食が向いていない体!?

soup

point朝食は食べろ!食育!なんて叫ぶ大人はいますが、そもそも朝にごはんを食べるのが向いていない人もいます。

具合が悪い時もそうですが、食欲がない時は、あまり無理に食べる必要はないようです

特に、朝食が食べられないだけで他の時間の食事が問題なく出来ているならばそれほど気にすることではないでしょう。

ただお腹が鳴ったら困る、力が出ないという悩みがある場合は、無理のない範囲で固形物ではない食品を摂ってみて下さい。

味噌汁やスープ、白湯や野菜ジュース、慣れてきたらお粥などもオススメです。飲み物やお粥ならお腹への負担も少なく、消化にも良いので身体にも優しいです。

ポイントして、できれば冷たいものより常温や温かい食べ物を優先して摂り、普段からお腹を下しやすい人は冷さないように気をつけていきましょう。

また、一見消化に良さそうなお茶漬けは噛まずにさらさらと食べれてしまう事から、あまり消化に良いとは言いにくいので要注意です。

 

食べ物が原因

dish

point夜食べたものだったり、朝食べたものだったり、食べ物が影響して朝にお腹を下すことになっている可能性もあります。

合わないものは人それぞれ違うので、何がいけないかというのは自分で見極める必要がありますが、油の多いものだったりカレーのような刺激のあるものは比較的お腹を下しやすいものとされています。

また食べ物に問題がなくとも、牛乳やコーヒーといった飲み物が原因になっていることもあります。

対策としては、原因となる食べ物を見つけてそれを食べないようにするのが一番です。

お腹をこわした日の前日に何を食べたかメモしておいて、晩御飯が原因の場合は、量を減らす等の調節が最適でしょう。

精神的なものが原因

heart

point「仕事や学校に行くのが嫌だ」「普段から悩みがある」という場合も原因にはなりますが、意外と多いのが通勤通学途中で急にトイレに行きたくなってもトイレがないという場合。

もしくはお腹を下しても外では便をしたくないから嫌だ、という場合もそうです。

こういった精神的なものからくる影響で朝食を食べた後にお腹を下してしまうことがあります。

もっと単純なことで言えば「朝食を食べたらお腹を下してしまう」といったイメージが精神的な影響を受けて現実にしてしまうということもあります。

対処方法としては気にするなという考え込んでしまいやすい人には何とも難しい方法ですが、それくらいの心の余裕が作ることが出来れば理想的ですね。

>プロバイオシスで腸内フローラをキレイに!”

green

pointそのためにも、まずは自分の出来る範囲で、安心出来る環境を整えてみましょう。

周囲の人に、素直にこういう事情があるからとトイレに行きやすくなるよう相談をしてみたり、よく通る道にトイレがどれくらいあるか調べておくというのも安心材料としては役立つでしょう。

会議等で長時間トイレに行けないという場合は、前もってトイレによっておくのも良いです。

また下痢止めを持っておくのも安心感があってオススメと言えるでしょう。

本来ならば下痢というのは体から要らないものを出すための反応なので無理矢理止めるというのはオススメ出来ないのですが、そう言ってもいられない時のためにも持っておくのは大切です。

常に飲まなくても、薬を持っていて何かあればいつでも飲めるという安心感が精神的原因には役立つのでバッグやポケットに入れておくだけでも大丈夫です。

お腹の中から強くして、身体スッキリ体質へ

sign

  • お腹がスッキリしない方、
  • 運動が苦手だったり
  • 仕事でのストレスが多く疲れやすい方
こんな方は、お腹にも疲労が溜まり、身体に栄養を運べておらず全体的に身体がキツイと感じている方が多いようです。

pointまた、加齢によっても悪玉菌は増え続けます。

お腹の働きをよくしようと、ヨーグルトや牛乳を飲んでも、お腹の調子がなかなかすぐれない方も多いようです。

これは、体質に合わないケースもありますが、善玉菌が口から食べて腸に届くまでの道のりの途中、胃酸などにより量が減ってしまうことが原因です。

fv

プロバイオシスのサプリは、腸内での菌の共生に着目し、9種類の乳酸菌とビフィズス菌に加え、善玉菌の活動をサポートをし、良い菌を1.3倍に増やします。このことにより、個人で違う腸内バランスにかかわらず、良い状態に改善サポートすることができます。

また、植物由来の胃酸に溶けにくいカプセルで、腸内まで生きた善玉菌をしっかりと届けることができます。

腸内が元気になれば、食事で摂った栄養素も吸収されやすくなりますので、腸内環境を整えることは疲労改善や美肌・アトピー体質改善など健康な身体になるための第一歩といえます。

このプロバイオシスは、初回70%OFF1,480円。

いつでも解約OKですが、身体に合わない方以外は、便秘や下痢が改善され腸内の環境が改善されるまでまずは3ケ月は、ぜひお試し下さい。

まとめ

heart

朝食を食べてお腹を下してしまう人は、まずは自分の原因を知ることが大切です。

何が原因かわかれば対処も出来ますし、これからの生活をより過ごしやすくすることにも繋がります。

ただ原因となる食べ物を見つけだすことや、精神的な面を整えるのには時間が必要となってくることもありますので、慌てずに自分の負担にならないペースで見つけていくと良いでしょう。

場合によっては、単純に体を冷やして寝てしまったという原因もありますので、朝食だけではなく生活環境にも目を向けてみると何か発見があるかもしれません。

また、長く続く場合や酷い時は健康に影響を与えてしまうので、一度病院で相談してみるのもオススメです。

病院ならばアドバイスや薬、問題がなければ問題ないとわかる安心感を得ることが出来るので本当に辛く感じた時には怖がらず足を運んでみて下さい。

その行動も、お腹を下すことを避けるための対処法の1つです。