ハチミツなど就寝前に食べると良いものは?ストレッチと一緒に行う簡単ダイエット! ⋆ MOFUBU

ハチミツなど就寝前に食べると良いものは?ストレッチと一緒に行う簡単ダイエット!

このサイトでも、質の良い睡眠や睡眠時間の確保の大切さを、幾度もご紹介してきました。

実は、ダイエットにも睡眠というのは、大きく関係しています。

そして、寝る前にあることを行うことで、ダイエット効果を得られることもあるのです。

そこで今回は、ダイエット効果が得られる寝る前に行う3つの方法について、ご紹介していきたいと思います。

睡眠とダイエットの関係

まずは、睡眠がダイエットに与える影響にはどんなものがあるのが、睡眠とダイエットの関係について、ご紹介します!

睡眠中にもカロリー消費しています!

diet

point日中よりもレム睡眠(浅い眠り)の時の方が、カロリー消費が高いことがわかっています。

質の良い睡眠を約7時間半程度とると、脂肪燃焼の効果が高まると言われています。

私達の心臓は、日中も睡眠中も休むことなく活動しています。

ですから、たとえ睡眠中であってもカロリーの消費が行われているのです。

睡眠中のダイエットは、実験で証明されている

point10週間で、約2kg~8kgもの減量に成功

海外の研究チームが行った実験では、運動や食事制限を一切行わずに、質の良い睡眠をしっかりとる、ということを、10週間行いました。

結果、約2kg~8kgもの減量に成功した、というデータがとれたそうです。

このことからも、睡眠がダイエットに与える影響は大きいと言えるでしょう。

22〜5時は、ダイエットのゴールデンタイム

time

上記で挙げたように、ダイエット効果を得るなら約7時間半の睡眠が良いのですが、ただその時間を寝れば良い、というわけではありません。

お肌のゴールデンタイムがあるように、ダイエットにもゴールデンタイムがあり、22〜5時の時間帯に質の良い睡眠をとっていることが、重要なのです。

この時間帯には、成長ホルモンの分泌が最も盛んに行われていて、筋肉量を増やし、体脂肪を減らす効果が得られます。

寝る前に行う3つの方法

次に、ダイエット効果が得られる、とても簡単な寝る前に行う3つの方法を、ご紹介していきましょう。

白湯を飲む

water

以前、白湯の様々な効果についてご紹介しましたが、寝る前に白湯を飲むことで、ダイエット効果を得られます。

ポイントは、ゆっくりと時間をかけ、リラックスしながら飲むようにすることです。

そうすると、体温が上がり入眠しやすく、質の良い睡眠がとれるのです。

たた、内臓も温まるので活動が活発化し、翌朝の便通にも効果があり、ダイエットに繋がります。

ゆるめのストレッチ

pointストレッチや足のマッサージを行うことで、全身の筋肉がほぐれ、疲労のリセットも可能なので、心身共に快眠できるようになり、ダイエットに繋がります。

ポイントは、頑張り過ぎないこと!

自分で気持ちいい、と感じる程度で、回数や行う工程を気にせず、ゆるめに行いましょう。

「オススメのストレッチ方法」

pointストレッチ①

  1. 仰向けになり、両腕は大きく開き、両足は真っ直ぐ伸ばして揃える。
  2. 左手を右ひざに当てて、息を吸いながら左側へ少しずつ倒す。
  3. 右脇腹に気持ち良い伸びを感じながら、10秒程度キープ。
  4. 反対側も、同様に行う。

woman

pointストレッチ②

  1. 仰向けになり、両腕両足を天井に向かって上げて、足首と手首を30秒程度、ブラブラとゆする。
  2. 虫がひっくり返ったところを、イメージしてみる。

pointストレッチ③

  1. 正座をして、両手を床につけ、息を吐きながら前へ突き出すようにずらしていく。
  2. この時、背中を丸めて、腰は反らさないようにするのがポイント。
  3. 20秒程度、そのままキープ。

pointストレッチ④

  1. 仰向けになり、全身を1本の柱のように、真っ直ぐに伸ばす。
  2. 両腕を上に上げ、両手を合わせる。
  3. 気持ち良いと感じるところまで、全身を伸ばして、30秒程度キープ。

寝る前に〇〇〇を食す

ダイエット=寝る前の飲食NG、と言われていますが、実は寝る前に食すことで、ダイエット効果を得られるものが、いくつかあるのです。

但し、それには3つのルールが必要なので、必ず以下のルールを守ってくださいね。

yoghurt

ルール

  • 1日3食バランスの良い食事をとる
  • 夕食は就寝3〜4時間前までに済ませる
  • 夕食は炭水化物を減らした食事内容にする

point寝る前に食すと良いもの

   効  果
 大さじ1杯の純ハチミツ  ・成長ホルモンの分泌促進効果
 バナナ1本+コップ1杯の水

・成長ホルモンの活性化

・質の良い睡眠効果

 ホットヨーグルト100g

・就寝1時間前に食す

・基礎代謝アップ効果

 納豆1パック

・ 20分間常温におく・18〜24時の間に食す

・基礎代謝アップ効果・成長ホルモンの分泌促進

 ビタミンCサプリメント

 1,000〜2,000mg

・摂取後30分以内に就寝する・安眠効果

・基礎代謝アップ効果

・食欲増進ホルモンの抑制効果

 無糖の炭酸水

・就寝前の空腹感を紛らわす

・満腹中枢への刺激

まとめ

flower

ここまで、ダイエット効果が得られる寝る前に行う3つの方法について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

ご紹介した方法は、どれも簡単に行えることなので、ぜひ今夜から行い、十分な睡眠時間を確保して、質の高い睡眠とダイエット効果を得てくださいね。