メイクで+マッサージで自力で二重になる方法とは? ⋆ MOFUBU

メイクで+マッサージで自力で二重になる方法とは?

愛され顔、美人の鉄板といえば、パッチりとした大きな目元は欠かせませんよね。

そんな大きな目元に必要なのは、そう「二重」です。

一重や奥二重の方は、目元にコンプレックスを持つことが多く、今まで色々な方法で二重を作ろうとしたきたことでしょう。

そこで今回は、二重の作り方について、ご紹介していきます。

二重を作り出す方法

eye

まずは、皆さんも試したことがあるであろう、一般的な二重を作り出す方法について、ご紹介していきましょう。

アイプチ

二重を作る方法として、昔からの定番といえばアイプチです。

ドラッグストアなどで、比較的低価格で購入できて、自分で作れるとして愛されてきました。

しかし、その使い方が意外に難しいというのが難点です。

まぶたとまつ毛がくっいてしまったり、まつ毛が抜ける、汗や水に弱い、目が引きつる、左右対称にならない、まぶたがかぶれたり痛みがある、仕上がりが不自然など、デメリットはかなり多いように感じます。

アイテープ

アイプチの進化系であるアイテープが、最近では主流になっているようです。

愛用者も、多いのではないでしょうか。

アイプチ同様、テクニックが必要になるので、何度か練習しないと難しいようです。

テクニックが必要なので、朝の慌ただしい時間帯に、イライラして失敗してしまう方も多くみられます。

プチ整形

整形というと、以前は負い目を感じることも多かったものですが、プチ整形という言葉が定着しつつある現代では、二重の埋没法や切開法を行う方も増えています。

しかし、身体にメスを入れるのはやっぱり怖い、失敗したら…という不安を抱える方も多くみられます。

実際、施術後の腫れが引かない、理想通りにはならなかった、などの声もあります。

また、もう一つ懸念されるのが、施術費用です。

クリニックによって増減はありますが、

  • 埋没法・・・片目50,000円で両目100,000円
  • 切開法・・・片目130,000円で両目250,000円

お世辞にも手頃な金額とは到底言えないものになっています。どうにか自力で二重にしたいです。

メイクで作る二重

次に、今すぐ二重を手に入れたい!!という方に試していただきたいのが、メイクで作る方法です。

上記に挙げたような方法のデメリットが無く、手軽にできるのでご紹介していきましょう。

必要道具

make

メイクで二重を作る方法に必要な、下記のアイテムを揃えましょう。

  • 茶色のリキッドアイライナー
  • 茶色のペンシルアイライナー
  • ブラウン系のアイシャドー(濃い茶・薄い茶・肌色の3色)
  • メイク用綿棒もしくはベビー用綿棒

手順

cosme

  1. まず、まぶた全体に、薄茶のアイシャドーを塗ります(腫れぼったい一重の方は、濃い茶のアイシャドーをベースにすると、引き締まります)
  2. 作る二重の幅を決めて、目頭から目尻までリキッドアイライナーを使い、薄めに1本のラインを引きます
  3. 二重の幅を、濃い茶のアイシャドーで埋めていきます
  4. リキッドアイライナーの上を、ペンシルアイライナーでなぞるように、色をのせていきます
  5. 綿棒で、ペンシルアイライナーをぼかして、ライン感を消します
  6. 茶と肌色のアイシャドーで、ナチュラル感が出るように、ぼかしや修正を入れましょう(上を肌色に近く、下は濃い茶に近くし、グラデーションをつける)
  7. 目を開けたり閉じたりしながら、微調整を行うようにしましょう

形状記憶していきましょう

最後に、毎日行うことで、天然の二重ができてくる方法をご紹介していきましょう。

是非、継続して行い、手を加えなくともパッチりとした目元を手に入れてください。

まぶたの脂肪を減らす

eyes

  1. 40℃程度に温めたホットタオルや市販のホットアイマスクで、5分程度目元を温めましょう。
  2. また、半身浴でじっくりと身体全体を温め、脂肪を燃焼しやすい身体作りを行いましょう。

目元のマッサージ

  1. マッサージクリームを使って、人差し指と中指で眉の下の骨を、眉間からこめかみに向かってなぞります。
  2. 目の下を眉間からこめかみに向かって同様になぞり、そのまま目尻から目頭へ向けて、ぐるりと目元を一周するようになぞります。
  3. 逆回転も合わせて、3回程度行いましょう。
  4. 最後に、こめかみから首筋、デコルテへとリンパに沿って指を滑らせ、老廃物を流します。

眼球運動

eye

  1. 片目ずつまばたきを50回ずつ、両目のまばたきを50回行いましょう。
  2. 目をぐるりと回すように、右回り左回り10回ずつ行ってください。
  3. 目を強く閉じて思い切り見開く、という動作を20回ずつ行いましょう。
  4. 最後に、冷タオルで目元を冷やし、終了です。

まとめ

flower

ここまで、二重の作り方について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

憧れの女優さんやモデルさんは、二重の方が多いのではないでしょうか?

今すぐにできる二重の作り方を行いつつ、自然な天然の二重ができるように、毎日ケアを続けてみてください。

愛され顔、美人の鉄則である二重を、皆さんも作り出して、自信を手に入れましょう。