クロロフィル美顔教室 お化粧品・メイクの効果は?

chloro

前回、クロロフィルお手入れ順番・美顔教室 について書きましたが、今回はメイクについて書いていきます。上の画像は、パウダー(ファンデーション)の替わりです。入れ物が可愛いです☆

スポンサーリンク

クロロフィルのメイク

クロロフィルのメイクは、肌を外からの刺激から守るメイクです。その為、ファンデーションを塗った時のような重みがなく、皮膚が呼吸できる感じです。

ニキビや肌荒れの方でも、肌に負担をかけずにメイクできるのもポイントです。

スポンサーリンク

メイク方法

①洗顔

②化粧水(オブグリーン)

③日焼け止め(UVガード)

④パスター(ネオソフトパスター)

⑤コンシーラー(使う人だけです)

⑤乳液

⑥パウダー(フェイスパウダー)

⑦ポイントメイク

日焼け止め(UVガード)

chloro

ノンケミカルタイプのUVガードです。30ml 価格3,200円(税抜き)

色は、普通の日焼け止めと同じような感じです。少しベタつく感じがあるので、ニキビがある方は、UVを塗ったあとに、クロス(ガーゼ)やティッシュで少し油分をふき取るか、少し控えめにつけるといいです。

パスター(ネオソフトパスター)

chloro14

メイク下地です。価格3,200円(税抜き)

色は3種類(イエローオークル・ライトピンク・ライトベージュ)です。

指2.3本につけて、お顔全体に薄めに塗っていきます。色がご自分に合わない方は、3種類の中で2つを混ぜて好きな下地の色を作ります。

コンシーラーパスター

コンシーラーの色は、3種類(イエロー・ライトベージュ・ダークベージュ)です。

クマやシミを消したい方、目の下や鼻にハイライトを入れたい時にも使えます。価格も900円(税抜き)とドラックストアで買うお化粧品より安い・・・。

乳液

乳液も3種類かあります。3,000円(税抜き)

・モイスチャーミルク 

メイクの前に乳液を使用する時に使用します。ニキビ予防にも効果があります。

・ソフトミルクA

chloro

メイクの前の保湿と、夜のお手入れの最後に使用してます。

・ソフトエモリエントミルク

あまり使っている人をみかけないですが、エモリエント剤を多く配合されている商品です。

※エモリエント剤とは 

皮膚からの水分蒸散を防止してうるおいを保持し,皮膚を柔軟にするという皮膚生理作用のこと。 引用:日本化粧品技術者会様

パウダー(フェイスパウダー)ファンデーションの代わりのお粉

chloro

フェイスパウダーは、(ホワイトピンク・ナチュラル・オークル・ブラウン・イエローオクル・オレンジ・ライトオレンジ・ピンク・パープル)と自分に合った色が選べます。もちろん、混ぜ合わせることもできます。

chloro

今使用してるのは、フェイスパウダーシルキー(ナチュラルイエロー・ナチュラルピンク)ですが、光の力でキレイに肌をみせて、皮脂吸着し、お化粧崩れをしにくいものです。夏に汗をかいても、吸着して肌になじんでいくので違和感がありません。

パウダーを上記の入れ物にいれて、持ち運びます☆備え付けのパフでパウダーを顔全体に塗ります。

ポイントメイク

chloro15

マスカラは2種類あります。

chloro16

上からボリューム・ロングです。お湯でOFFできるタイプなので使用しやすいです。

ロングを塗って、ボリュームを重ね付けすると長さもボリュームもでて、バサバサまではいかないですが、キレイに伸ばす事ができます。この他にチークもあります。

それ以外はポンイトメイクは、他メーカーさんの好きなものを使っています。

スポンサーリンク

まとめ

ご紹介しましたメイク用品は、少しずつ使用していくので、2.3ヶ月は持ちます。

艶っぽい肌まではいかないですが、過ごしやすい肌にしてくれるメイクです。

コンシーラーも使い方次第で、厚塗り感は全くなくキレイな肌に仕上げる事が出来ます。

教室に通ってる方は、ご年配の方でも、色が白く肌がツヤツヤしててみなさんおキレイです。

毎日のケアをしていく事で、赤みもひいて、キメ細かい肌になっていき、更に肌に負担をかけないメイクをするので、ますますキレイな肌になっていくのではないでしょうか。