ピロリ菌も撃退してくれる!?マヌカハニーの効能・効果・危険性とは?

honey

ハチミツには、のどや体に効能があることは皆さんご存知ですが、「マヌカハニー」はご存知でしょうか?

高い抗菌力があり、食用としても栄養価が高く、様々な効能が期待されるマヌカハニーですが、地域や純度によっても含有量は様々なようです。

今回は、マヌカハニーの効能と選び方などもご紹介していきます。

マヌカハニーとは

honey

テレビでも時々見かけることがある、「マヌカハニー」ですが、その原料は、ニュージーランドのマヌカという名前の花の蜜から抽出されたハチミツです。

ピンクや白のかわいい花が咲き、流通しているほとんどのマヌカハニーが、ニュージーランドで摂れたものです。

マヌカハニーという名前には、マヌカ=「復活」、「癒し」などの意味があり、ニュージーランドの先住民の方が薬として使用していたそうです。

その名前の由来通り、マヌカハニーには、健康には欠かせない、ビタミン・ミネラル・酵素などの天然成分がタップリ含まれています。

食用としては、ハチミツをぎゅ~っと何倍にも濃くしたような、一口でずっしりと濃厚で、濃いキャラメルを食べているような感覚です。

しかし、その美味しさからはまってしまう人も少なくありません。

殺菌成分の高いハチミツ

ニュージーランドのマヌカハニー研究者、ピーター・モラン博士により、通常のはちみつには入っていない、マヌカハニーならではの「メチルグリオキサール」という高い殺菌成分が確認されました。

この成分の働きが、普通のはちみつとは違うと言われている主なワケのようです。

高い殺菌成分により、下記のような効能・効果が期待できます。

マヌカハニーの効能とは

次に、マヌカハニーの効能や効果についてみていきましょう。

風邪・胃痛や下痢・お腹の環境を整える(ピロリ菌・過敏性胃腸炎など)

belly

マヌカハニーの抗菌作用により、腸内の善玉菌には攻撃をせずに、ピロリ菌や黄色ブドウ球菌・大腸菌など悪い菌に攻撃をしかけます。

悪玉菌が多くなると、お腹の調子が悪くなりますが、マヌカハニーは、口から取り入れた「ビフィズス菌」を腸内まで届けてくれる働きもあるので、腸内で善玉菌が増えやすい状態になり、結果として腸内環境が改善されるといわれています。

また、抗炎症作用もあるので、風邪の喉や痛みや胃痛も軽減してくれます。海外では、歌手で愛用されている方もいるそうです。

虫歯・口内炎・オーラルケア

ハチミツの何倍も濃厚で甘いのに、虫歯にならないの?と少し不安になりますが、マヌカハニーの糖分は、白砂糖と違うため虫歯の原因にはなりにくいと考えられています。

甘いマヌカハニーですが、強い殺菌力は、虫歯や口内環境にも効果を発揮します。

毎日の食事後、マニカハニーを口に含んですすぐことを3週間おこなうという実験の結果、虫歯の原因「ミュータンス菌」が少なくなったそうです。

副鼻腔炎の改善

副鼻腔炎の原因の1つになる、バクテリア殺菌にマヌカハニーが有効という研究もでています。

原因菌の殺菌能力は、抗生物質よりも効果的といわれていて、食べる以外に無添加の塩と混ぜて鼻に塗る方法があるようです。

切り傷や火傷の治療に

adhesive

火傷をしたとき、乾燥をさせないほうが跡が残りにくく治りが早くなる、湿潤療法とい方法が主流になってきましたが、このマヌカハニーの使用法もその方法に準じます。

傷や、火傷をしてしまった部分にマヌカハニーを塗りバンドエイドやガーゼ、火傷で広範囲の場合はラップなどを巻きます。

マヌカハニーの高い抗菌活性力で傷部分を覆うことにより、治癒を早くする働きがあります。

また、炎症作用もありますので、傷口以外にも腫れにも効果を発揮するようです。

花粉症の軽減

これも、抗菌作用が鍵となってきますが、継続して食べ続けることで、胃腸の環境が良くなります。

その結果、免疫力アップし、花粉症などのアレルギーにも強いからだに改善されていきます。

花粉症やアレルギーには、ヨーグルトがいいと言われていますが、マヌカハニーヨーグルトにして食べるとデザート感覚になりますし、効果アップが期待できます。

ニキビ治療や肌あれを治す

woman

抗炎症作用や、傷を治す作用も高いマヌカハニーは、ニキビにを治す働きもあるようです。

使用法ですが、洗顔後ニキビ部分にマヌカハニーを塗り、バンドエイドで覆いそのまま夜眠るだけという簡単な方法です。翌朝は、ぬるま湯で優しく洗い流して下さい。

肌組織の修復にもなるので、跡が残る前にマヌカハニーを使用してみるのはいいですね。

ダイエットにも?

ブドウ糖や果糖が含まれているので、体内でエネルギーに変換されるのが早く、代謝がアップします。

また、整腸作用が優れたマヌカハニーですので、腸内の環境も改善することでデトックス作用にもなり、美肌やダイエットのサポートをしてくれるようです。

マヌカハニーの疑問

次に、気になる疑問をみていきます。

発がん性はあるのか

question

メチルグリオキサールが、発がん性や糖尿病の進行に作用するという情報が出回ったのが元のようですが、食品に含まれるメチルグリオキサールは身体に吸収されないといわれています。

情報が流れただけであって、米国の医学博士も、「マヌカハニーを摂取する事による健康への悪影響は現在まで報告されていない。私自身半世紀食している」著述しており、発がん性は考えにくいです。

しかし、長時間調理して焦がしたマヌカハニーを食べたとしたら?それは他のお肉料理と同じように発がん性を否定できるものではありませんので、焦がさずに食べることが望ましいです。

また、殺菌作用が高く、ニュージーランドの医療現場でも使われていますので、発がん性があったら、まず使っていないと個人的には安心しています。

妊婦さんは食べていい?

天然のハーブなので、妊婦さんが風邪をひいたときでも食べていいと言われています。

また、ビタミンやミネラルが豊富ですので、妊娠中や産後の体力が足りない場面でも良い食べ物ですよね。

※しかし、一歳未満の赤ちゃんには、はちみつに「ボツリヌス菌」が含まれている可能性があるため、免疫の弱い小さな赤ちゃんには避けなければなりません。もし、食べてしまうと、乳幼児ボツリヌス症という病気に感染しまうリスクがありますので、注意しましょう。

選び方・食べ方は?

選ぶ基準

pointUMF・・・マヌカハニーの殺菌作用の高さを表しています。

  • 健康志向で選ぶ基準として、「UMF10+」以上のもの

pointMGO・・・メチルグリオキサールの成分量をあらわしています。

  • 健康志向で選ぶ基準として、「MGO100+」以上のもの

あとは、はちみつ協会の品質保証書などがあるものや、食べやすく続けやすいものを選ぶとよいでしょう。

食べる量やタイミング

まず、食べ方ですが、1日に3回~4回「スプーン一杯」をそのまま、お口の中でゆっくり溶かしてたべるのが一番のオススメです。(オーラルケアも一緒にしましょう。)

しかし、味が濃厚ですので、はじめは少量から慣れていくとよいでしょう。

もちろん、デザートやパン、ヨーグルトなどにかけて食べても美味しいです。

タイミング的には、食後に食べるのではなく、食事の一時間前、眠る前の1時間前など、空腹時に食べるのがベストです。

これは、胃腸が空っぽの時に食べると身体が吸収しやすいといわれていることからです。

また、眠る前にホットミルクにマヌカハニーを入れてのむと、リラックスして入眠しやすくなりります。

オススメのマヌカハニー 

最後に、私が選んだオススメのマヌカハニーをご紹介します。

 ストロングマヌカハニー

販売:TCN

品質:「UMF39+」・「MGO1100+」  ★最高濃度のマヌカハニー★

内容量:約1ケ月分(4週間)・500gです

価格:39,420円

ストロングという名の通り、マヌカハニーの頂点の最高級品です。

天然のまま、人の手をまったく加えず、こんなに高い活性強度を製品化しているのは、このTCN社のみです。

現地には、日本人養蜂家がリーダーになって生産しており、どこまでもこだわって製品化されたマヌカハニー。20年以上の歴史があり、もちろん、証明書もついています。

100%天然ハチミツ、抗菌・抗炎症・抗ウイルス作用の、メチルグリオキサールは非常に安定した成分で、糖分濃度が80%超、100%天然のため、賞味期限が定められておらず半永久的に変質しません。

★ここまでのグレードの品、健康志向の強い方は一度実感してみたいところではないでしょうか。

 マヌカハニーのまとめ

マヌカハニーには様々な効能がありましたが、健康には欠かせない食べ物といえます。

普段の風邪の予防や、お肌のケアまで使えるマヌカハニー。

ぜひ、天然の抗菌作用の高いマヌカハニーを健康と美容に役立て、気になる症状を少しでも軽減させていきましょう!