お肌ツルツル「日本酒」の美容効果で色白美人になろう!化粧水の作り方もご紹介します

rice-wine

日本文化の一つの「日本酒」

日本人だけでなく、海外の方の人気も集めていますが、そんな日本酒に美容効果があることを、ご存知でしょうか?

ポリフェノールがたっぷり含まれた赤ワインは、美容効果が定着していますが、日本酒にも美肌効果やアンチエイジング効果があるのです。

そこで今回は、日本酒の美容効果について、ご紹介していきます。

日本酒について

お酒を飲まれない方は、名前や種類を聞いてもよくわかりませんよね。

まずは、日本酒の基礎的部分を、見ていきましょう。

純米の記載があるもの

rice-wine

ラベルなどに「純米」と記載されている日本酒は、米と米麹から作られています。
飲み口が濃く、比較的甘口なものが多いようです。

純米の記載がないもの

 「純米」の記載が無い日本酒は、米や米麹、醸造アルコール(焼酎)から作られています。
醸造アルコール(焼酎)は、防腐剤の役割として配合されています。

価格

紙パックで販売されている日本酒は、普通酒と呼ばれています。

  • 精米歩合60%程度で、比較的安価で購入できます。
  • 精米歩合35%程度になってくると、高級日本酒に分類され、数万円~数十万円などかなり高価なものになってきます。

冷酒が一般的

日本酒の一般的な飲み方は、冷蔵庫などで十分に冷やして飲む、冷酒が多いようです。

中には、熱燗で飲むほうが美味しいものもありますが、自分はの種類や飲み方を探してみると良いでしょう。

日本酒の美容効果と健康効果

次に、日本酒の成分や美容効果と健康効果について、ご紹介しましょう。

IGF-Iという成分を増加させる

lotus

この成分は、正式名は「Insulin-like Growth Factor-I」、日本名は「インスリン様成長因子-I」と呼ばれ、アミノ酸の結合体です。主に、筋肉・骨・内臓・神経・皮膚の細胞は、このIGF-1の影響を受けています。

IGF-1は、様々な細胞の増殖作用を行い、活性化されることから、アンチエイジングや発毛、健康維持・促進に役立つ成分と言われています。

この素晴らしい成分を増加させる作用が、日本酒の酵母菌成分「α−グルコシルグリセロール」に含まれています。

毎日の美容に、お肌に塗るだけで、皮膚の中までぐんぐん浸透力があるとはすごい成分ですよね!

アミノ酸が豊富に含まれている

日本酒には、100種類以上の成分が入っていますが、その中でも、グルタミン酸、アラニン、ロイシン、アルギニン、など多くの種類のアミノ酸が含まれています。

★アミノ酸が肌によい理由

コラーゲンはタンパク質ですが、生成する最小の成分はアミノ酸がもとになっています。

美肌がつくられるには、このたんぱく質のもととなるアミノ酸がバランスよく摂る必要がありますが、それがまさに日本酒なのです。

美容効果

milk_crown

plus 美白効果

日本酒の原料である米麹には、コウジ酸という成分が含まれています。

このコウジ酸には、シミやそばかすの原因のメラニン色素の抑制、肌の透明感を上げる働きもあるため、日本酒には美白効果が期待できます。

plus 美肌効果

日本酒には、肌の構成成分であるアミノ酸が、豊富に含まれているため、たるみや乾燥肌に効果があるとされています。エラスチン・コラーゲンの生産を助ける働きもあります。

また、肌のうるおいをサポートしてくれるので、ほうれい線や小じわ対策にもオススメです。

plus ピーリング効果

果物などに含まれるフルーツ酸という成分が、日本酒にも含まれています。

このフルーツ酸には、古い角質除去のピーリング効果があるため、クレンジング剤やふき取りタイプの化粧水などにも、使用されています。

日本酒を、ふき取りタイプの化粧水として直接肌に使用することで、ピーリング効果を得られます。

plus アンチエイジング効果

赤ワインなどに含まれるポリフェノールが、日本酒にも含まれています。
ポリフェノールの一種の、フェルラ酸という成分です。

ポリフェノールの効果と同様に、しわやたるみ・シミやそばかすなどの色素沈着の抑制効果があるため、アンチエイジング効果が期待できます。

健康効果

green

plus 認知症予防

上記でアンチエイジング効果があるとご紹介したフェルラ酸には、活性酸素を抑制するという部分で、認知症緩和や認知症予防にも効果がある、とされています。

アルツハイマー型認知症には、より効果的と言われていて、サプリメントの成分として配合されているのもあります。

plus 発毛効果

日本酒の原料の米麹に含まれるコウジ酸には、細胞の活性化の効果があるため、育毛や発毛に効果的とされています。酒風呂をタオルで濡らし、頭の上に乗せるのも温まり頭皮にもいいです。研究実験でも、立証済みのようです。
薄毛や抜け毛で悩む方には、オススメです。

plus ストレス解消

血流を良くするアデノシンという成分が、大量に含まれているのは、ほかのアルコール類には無く日本酒だけと言われています。

摂取すると、身体が温まり筋肉がほぐれるため、疲労や緊張などのストレス状態を改善します。

これらの健康効果の他にも、血流促進や動脈硬化予防、精神安定効果、食欲増進なども、期待ができると言われています。

日本酒の活用術3つ!

rice-wine

日本酒は飲む以外にも、様々な活用術があります。
最後に、日本酒の活用術について、ご紹介しましょう。

plus 化粧水の作り方

【材料】
・日本酒  200cc
・精製水  80cc
・ヒアルロン酸  少量

【作り方】
・コスメボトルに、上記の材料を全て入れて、良く混ぜる

【使い方】
・通常の化粧水として使う
・ふき取りタイプの化粧水として使用すると、角質除去効果がある

plus 顔パック

【材料】
・顔パック専用シート(乾燥しているもの)  1枚
・日本酒  適量

【作り方】
・顔パックのシートが浸る程度の日本酒を染み込ませる
・刺激が気になる場合は、日本酒を加熱して、アルコール分を飛ばしたものを染み込ませる

【使い方】
・通常の顔パック同様に、顔にのせて数分間放置するだけで、美白効果がある

plus 入浴剤の作り方

【材料】
・日本酒  グラス2杯分程度

【使い方】
・用意した日本酒を、湯船のお湯に入れてお酒風呂にしましょう
・保温効果と保湿効果

作るのがめんどう!だけど使ってみたい方には・・・

自分で作るより、簡単に美容成分を取り入れたい!という方は、まずはお試しセットで試してみませんか?肌がとっても潤いますよ!

私のおすすめは、ライスパワー

その名の通り、お米から生まれた美容エキスです!

この「ライスパワー」のスゴイところは、厚生労働省より認可された「ライスパワーNO.11」という成分が配合されているところ。

★ライスパワーNO.11とは・・・皮膚水分保持の機能の改善!

raiz

使いごこちは・・・

お米が100%原料となっているので、昔からお米を食べている日本人にとって肌になじみやすく、浸透しやすい感じがします。

さっぱりするのに、皮膚は内部は潤う感じです。おでこ、眉間のしわやほうれい線にもケアしていくことで、肌自体の保水力を高めていきます。また、敏感肌の私ですが問題なく使えました。保水力がアップすると、痒みなどが軽減するので期待してます。

脂っぽいのに、乾燥してしまたり、小さなしわが増えてきた肌には、肌の保水力を高め、肌環境を正常に保つことが大事です。しわが深くないうちは、肌の水分をアップさせし、ふっくらさせることで、ほとんど目立たなくなるので、早めのケアは重要です!

>ライスパワーの限定お試しセット<

 米ぬか美人

肌によい酵母など肌に良い成分をギュっと詰め込んだ造り酒屋さんならではの自然派化粧品。

潤いシリーズでは、米ぬかエキス、米糀エキス、日本酒酵母エキス、コメ発酵液などの天然素材に、お水も名水100選に選ばれた「宮水」が使用されています。

また、スペシャルシリーズでは、更に植物の美容成分も凝縮し、自然の力が層となり、角質層へぐんぐん浸透していきます。

★酒屋さんが作った自然派化粧品。

潤いシリーズ、スペシャルシリーズ(とてもしっとりタイプ)の2種類とも試せるセット、8アイテムが今なら送料無料で1,200円です。

>公式サイトはコチラ<

まとめ

flower

ここまで、日本酒の美容効果について、ご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
日本酒のアルコール度は高めのものが多いので、飲みすぎてしまうと、効果を得るどころか肝臓に負担をかけてしまう恐れもあります。

日本酒の1日の目安摂取量は、1合(180cc)とされています。

適正量を守り、日本酒のパワーをを手に入れましょう。

また、酒屋さんが作った美容アイテムならではの潤いをぜひ試してみましょう。