ハーブの王様「バジル」3つの効能と保存や使い方・保存方法について ⋆ MOFUBU

ハーブの王様「バジル」3つの効能と保存や使い方・保存方法について

皆さんは、日常生活の中にハーブを取り入れているでしょうか?

近年、薬などに頼らずにハーブの効能を活かして、体調を整えたり改善したりと、その秘めたパワーに期待が込められています。

そこで今回は、沢山の種類があるハーブの中でも、ハーブの王様とも言われている「バジル」の効能やレシピなどを、ご紹介していきたいと思います。

バジルの効能

basil1

まずは、バジルにはどんな効能があるのか、見ていきましょう。

体への効能

バジルの身体への効能というと、消化促進や鎮痛効果、呼吸器系の不調改善効果、などがあげられます。

また、女性ホルモンを整える作用も持っているので、生理痛や生理不順などの婦人科系のトラブル改善にも、効果があるとされています。

また、疲労回復や免疫力を高める、抗アレルギーや痰切り、喘息の改善などの作用があります。

精神への効能

心、精神への効能には、情緒不安定な精神を落ち着かせる、などがあります。
神経質な性格、考え込む癖がある、などの方にオススメです。

美容の効能

美容の面での効能というと、血行促進作用があるので育毛促進や、抗酸化作用を持つためアンチエイジング効果、身体を温める作用によって冷え性予防、かゆみ止め作用もあるので皮膚炎改善、などがあります。

バジルは、美肌効果に優れたハーブと言えるでしょう。

バジルの使い方

basil3

バジルには身体や精神、美容にもとても良い効能があることがわかったところで、日常生活に手軽に取り入れられる方法を、ご紹介しましょう。

食事にプラス

  • バジルは、いつもの食事にふりかけるだけでも、見た目も味もとても良くなります。
  • また、お肉やお魚をソテーする際、一緒に火にかけることで、臭み取りの効果もあります。
  • 手軽にバジルを摂取するには、ペースト状にして作るバジルソースがオススメです。

簡単に作れるのに保存もきくため、まとめて作っておいて、いつものメニューに少しずつ加えても良いですね。

バジルの葉は、乾燥させて乾燥バジルして、ビンなどに乾燥剤と一緒に入れておくと、長期保存ができますし、パセリのようにパラパラと、料理にふりかけて使うこともできます。

アロマオイル

aroma

食事以外にも、香りを楽しむアロマオイルで、ハーブを使うこともできます。

また、ハーブアロマオイルでは、ハーブが持つ効能によってリラックス効果を得られます。

就寝前などに、ハーブの香りを楽しむことで、質の良い睡眠がとれるでしょう。

ハーブティー

ハーブの代表的な使い方が、ハーブティーですね。

もちろん、バジルもハーブティーにして、飲むことができます。

バジルティーには、頭をスッキリさせる効果があるため、仕事や勉強などの際に飲むことをオススメします。また、胃腸の働きを整える効果もあるため、冬場などは風邪防止にも役立つとされています。

バジルだけで飲みにくい方は、紅茶にハーブ1枚浮かべて飲むといいですよ!

製氷機で凍らせてみよう

バジルの葉を1枚、製氷機に入れて凍らせると、アイスキューブができます。

ミネラルウォーターと一緒に入れて飲むと、ミントのスッキリした香りと、カフェ気分のひととときが楽しめます☆

バジルの保存方法

basil

乾燥バジルを購入が一番お手軽に取り入れる方法ですが、プランターなどで栽培した場合、乾燥させるのが、長期保存に向いています☆

・作り方をご紹介します

  1. バジルの葉をお皿の上のキッチンペーパーに並べます
  2. レンジで1分~1分半加熱(乾燥するまで様子をみて調節して下さい)
  3. お天気のいい日は、天日干しで数時間で乾燥でもできます
  4. レンジからとりだしたら、すり鉢やフードプロセッサー等で粉末にします
  5. 最後に、瓶に入れて、乾燥剤と一緒に保存します

注意点

basil2

天然の植物ですから、安全ですし安心して使えるハーブですが、いくつか注意点がありますので、ご紹介しましょう。

妊娠中は控えましょう

妊娠中は、なるべく控えた方が良いとされています。

薬味程度であれば問題はありませんが、バジルソースやジェノベーゼパスタなど、バジルを大量に使用しているものは、避けるようにしましょう。

産後の授乳中は、摂取しても特に問題は無い、とされています。

アレルギーの方は確認を!

幼児や子供が摂取しても、問題はありません。

ただし、食物アレルギーがあるお子さんには、注意が必要ですので、主治医の先生に相談されることをオススメします。

まとめ

flower

ここまで、ハーブの王様と呼ばれる「バジル」について、ご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

スーパーなどでも手に入り易いハーブですし、プランターで簡単に栽培することもできるので、是非、皆さんの生活の中にバジルを取り入れてみてください。