保湿成分【セラミド】 基礎知識や効果、減少する原因を知って肌の潤いを取り戻そう

flower

多くの方々が、「セラミド」という美容成分をご存知だと思います。

現在お使いの化粧品や美容液にも、セラミド配合ののアイテムも、きっと多いことでしょう。

乾燥肌の方には、保湿成分として広く知られていますが、今回は、そんなセラミドの基礎知識や減少原因、補う方法について、お話ししていいきます。

セラミドの効果とは?

まずは、基礎知識について、ご紹介していきましょう。

外界の刺激から肌を守ってくれる

pointセラミドとは、「スフィンゴ脂質」「セレブロシド」という別名もある、角質層の保護成分で、保護成分全体の40~60%強を占めていると言われ、肌を外界刺激から守るために必要不可欠な成分の1つです。

セラミドの特性上、水に溶けないことから、保湿、水分を適量に保ち・外的刺激から守ることに適しています。

セラミドを補うことで得られる効果

意識的に、セラミドを外部から補うことで得られる効果は、数多くあるようです。

例えば、下記のような効果があります。

  • 肌の保護機能をアップさせる
  • 皮膚細胞の働きを良くする
  • 肌を錆びさせない、抗酸化の働き
  • 痒みを抑える作用
  • アトピー性皮膚炎の緩和
  • 乾燥肌を潤い肌へ
  • メラニン抑制による美白効果
  • 他にも肌トラブルの改善 など

セラミドが不足すると…

pointもし、肌内部にあるセラミドが減ってしまうと、バリア機能が薄れてくるために、肌が敏感な状態になり、肌トラブルを引き起こしやすくなります。

例えば、肌が敏感になり刺激を受けやすく、かゆみが起こることも多いようです。

また、かゆみがあることで掻いて角質を傷付け、そこから肌の中の水分が蒸発しやすくなり、乾燥肌や敏感肌へと変化していく、このような悪循環を招く原因にもなるとしています。

セラミドの減少原因

次に、セラミドが減少するにはどんな原因があるのか、ご紹介していきましょう。

加齢

baby

pointセラミドは、生まれたての赤ちゃんの時期が人生の中で最もピークな状態で、年々衰えていくようになります。

そして、30代を境にその量は劇的に減少してしまうそうです。

肌の乾燥や肌トラブルが増える、季節や体調によって肌状態が変化しやすい、肌の質の変化、このようなことを感じる方が30代を境に増加傾向にある要因の一つは、セラミドの量の減少の影響によるものと考えられています。

50代を過ぎる頃には、20代の方の半分程度の量にまで減少し、60代を過ぎると90%を超える方達が乾燥肌を引き起こす、というデータもあるそうです。

間違った洗顔方法

pointセラミドの量が減少する要因には、毎日の洗顔・クレンジングの方法も挙げられます。

皮膚を必要以上にゴシゴシと力を入れて擦っていることで、角質層を削ってしまっている、脱脂力の強い成分の洗顔料・クレンジング料を使用している、この2点が当てはまる洗顔方法をとっている方は、セラミドの量を故意に減らしている可能性が高いでしょう。

洗顔の基本は、たっぷりと泡立てた弾力のある泡で洗うこと。

これは、泡に汚れを吸着させる目的もありますが、 泡の弾力を活かして皮膚に刺激を与えない、という目的もあるのです。

また、脱脂力の強い洗顔料・クレンジング料は、メイクなどの油分を落としつつ、セラミドも脂の一種ですから、一緒に洗い落としてしまう危険があるそうです。

冷え

thermometer

point多くの女性が悩む「冷え」は、血行不良の原因になるとご存知の方も多いはず。

さらに血行不良は、肌のターンオーバーを乱す原因の一つでもあります。

実は、ターンオーバーの乱れは、セラミドの産生量を減少することにも繋がることが分かっています。

ターンオーバーは、サイクルが遅れても早まっても、どちらの場合でも細胞が破壊されやすく、セラミドも放出されやすくなり、角質層に蓄積されているセラミド量が減少しやすくなるそうです。

また、冷え性の方は、特に熱めのお湯で入浴されることが多いようですが、これもセラミドにとってはマイナス行為なのです。

熱めのお湯での入浴は、肌の潤いを保つ役割である皮脂を過剰に洗い流してしまいますが、同時にセラミドも流れ出ていくと言われています。

実際に、40度以上のお湯での長湯は、肌の乾燥を促進させるというデータや実体験報告もあるようです。

セラミドを減らす食材

pointセラミドは、日々口にする食材の影響で減少してしまうこともあります。

例えば、必須脂肪酸のリノール酸です。

リノール酸には、血中コレステロールの減少効果があったり、セラミドの生産に必要な原料でもあるのですが、過剰摂取してしまうと逆効果だと言われています。

上記を多く含む食材には下記のようなものがあり、植物油が多いですが、これらを使用したメニューには注意しておくと良さそうです。

  • グレープシードオイルやひまわり油、綿実油、ベニバナ油、コーン油など

セラミドを補う方

最後に、セラミドを補う方法について、ご紹介していきましょう。

セラミドを含む食材

hijiki

pointセラミドを減少させる食材を先ほどご紹介しましたが、反対に下記のように増加させる食材もあります。

  • 米(米ぬか)、こんにゃく、ひじき、小麦(小麦胚芽)、黒豆、小豆、大豆、牛乳など

他にも、黒豆や小豆、ゴボウ、ワカメ、ヒジキ、蕎麦、コーヒー、紅茶、黒コショウなど、「黒色」の食品もオススメです。

しかし、食品からの摂取は限度がありますから、サプリメントを活用するほうが効率が良いようです。

セラミド配合のスキンケアアイテム

point身体の内側から食品やサプリメントなどで補うのと同時に、セラミドを配合したスキンケアアイテムを使用して、外部から補うとより効果的です。

セラミドは、角質層まで浸透させる必要があるものの、表皮の一番外側に浸透できれば効果を得られるため、外側からの補給も可能だそうです。

しかも、内部からの補給も効果的ではありますが、外部からの補給の方が即効性があるそうです。

まとめ

flowers

ここまで、セラミドの基礎知識や減少原因、補う方法について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

セラミドは、肌トラブルの予防・改善にとても効果のある成分の一つです。

是非、毎日の食事やスキンケアアイテム、時にはサプリメントを活用して、上手にセラミドを取り入れていきたいものですね。