【キノコの美肌効果】種類別の効能・栄養成分を摂取できる調理法とは? ⋆ MOFUBU

【キノコの美肌効果】種類別の効能・栄養成分を摂取できる調理法とは?

私たちの周りには、沢山の種類のキノコがありますが、そんなキノコの持つ隠れた効能をご存知でしょうか。

キノコは健康にも美容にも良いと、近年、大注目を浴びています。

そこで、キノコの種類別に見た効能と、効果的な摂取方法、調理法をご紹介したいと思います。

キノコの栄養と効能

mushroom

まず始めに、沢山の種類があるキノコの効能を、食卓に出番の多い種類別に見ていきましょう。

まいたけ

まいたけは、キノコの中でも美肌効果に最も有効な成分を含んでいます。

ビタミンB2が肌荒れを防ぎ、トレハロースが肌の潤いを保つ、メラニン色素を防ぐ成分も含んでいるので、シミやそばかすの防止にも効果的で、ストレスを原因とする肌トラブルの抑止効果、美白効果も期待出来るキノコです。

また、便秘解消に役立つ不溶性食物繊維、腸内環境を正常にする水溶性食物繊維の両方を併せ持つので、便秘を原因とする肌荒れにとても効果的です。

むくみ解消に役立つカリウムも含んでいるので、立ち仕事をされている方などには、嬉しいキノコではないでしょうか。

エリンギ

味や匂いにクセが無く、コリコリとした食感が楽しいエリンギは、中性脂肪の吸収を抑える効果があります。

また、ビタミンB2が肌荒れの防止に、カリウムがむくみの解消に効果的です。

エノキ、なめこ

キノコの中でも、安価で手に入りやすいエノキやなめこには、ギャバという成分が多く含まれていて、肝機能や腎機能を高める効果、また、神経の興奮を鎮静させる効果があります。

ほかのキノコよりもビタミンB1を多く含んでいて、疲労回復に効果が期待出来ます。

椎茸

老化防止に効果的なグルタミン酸や、免疫力アップに効果的な成分が、椎茸には多く含まれています。

特に、乾燥椎茸にはそういった成分が凝縮されているので、オススメです。

効果的な摂取方法

mushroom

効能がわかったところで、次は効果的に成分を摂取できる方法を、種類別にご紹介します。

まいたけ

まいたけに含まれる栄養素は、熱に弱いので加熱時間は少なくしましょう。

また、水で洗うことで栄養素が流れ出てしまうので、キッチンペーパーなどで軽く水拭きする程度にしましょう。

エリンギ

エリンギは比較的熱に強いキノコなので、炒め物などで使いやすい食材です。
また、ほかに組み合わせる食材によって、風邪予防や血圧の正常化などの効果を得られます。

エノキ、なめこ

エノキは細胞壁がとても丈夫なので、そのままでは栄養素を十分に摂取出来ません。

ですから、細かく刻んだり、熱をとおす、冷凍するなどの方法で、細胞壁を破壊する必要があります。
一方、なめこは熱に弱いキノコですので、加熱時間に注意が必要です。

椎茸

椎茸の茎や石づきの部分というのは、調理過程でついつい捨ててしまいがちですが、ちゃんとその部分にも栄養があるので捨てずに摂取したいものです。

また、上記でもあげたように乾燥椎茸にすると栄養素や旨み成分が凝縮されるので、オススメです。

効果を引き出す調理法

mushroom

ここでは、効果的な摂取方法を取り入れた調理法をご紹介していきますので、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

エリンギ

エリンギにピーマン、椎茸、キャベツを合わせて摂取することで、風邪予防になりますので、スープカレーやポトフなどがオススメです。

また、ほうれん草と合わせると血圧の正常化に効果的で、オススメはエリンギとほうれん草のバター炒めなどの炒め物です。

エノキ、なめこ

エノキ氷という調理法を耳にしたことがある方も多いと思いますが、エノキの栄養素を一番効果的に引き出すには、エノキ氷が最適な方法です。

なめこは、独特のぬめりに栄養成分があるので、軽く水洗いしたなめこを仕上げ直前の味噌汁に入れ、サッと熱を通すのが最適な調理法です。

椎茸

乾燥椎茸を水で戻し、その戻し汁を様々な料理の出汁として使用したり、戻した椎茸をみじん切りにして、ハンバーグや餃子などの具に混ぜ込んだりすると、栄養素を丸ごと身体へ取り入れられるでしょう。

まとめ

cat

ここまで、一部ではありますが、キノコの持つ隠れた効能や効果的な摂取方法、調理法をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

中にはキノコが苦手…という方もいらっしゃるでしょう。

しかし、こんなにもすばらしい効能がありながらも、比較的安価で購入しやすい食材を摂取しないのは勿体無いですよね。調理法でご紹介しましたハンバーグの具等にしてしまえば、お子様でも美味しく食べれます。

これを機に、キノコが持つパワーを最大限に取り入れ、皆さんも健康に美容に役立てていきましょう。