寝酒をするとアルコール依存症になりやすい?効果やメリットとデメリットについて ⋆ MOFUBU

寝酒をするとアルコール依存症になりやすい?効果やメリットとデメリットについて

ストレス社会に生きる現代人の、5人に1人が不眠症 に悩んでいる、というデータがあるのをご存知でしょうか?

「睡眠薬は怖いけど、寝る前にお酒を飲めば安心だし、眠れるから」

このように、寝酒を睡眠導入剤代わりに飲んでいる方も、多いようです。

しかし、本当に寝酒には効果があるのでしょうか?

また、睡眠薬よりも安心と言えるのでしょうか?

今回は、そんな「寝酒」について、ご紹介していきたいと思います。

寝酒の真実

寝酒は、世界中で「ナイト・キャップ」と呼ばれ、古くから親しまれてきた方法の一つです。

その中でも、日本人の寝酒習慣は世界トップクラスと言われています。

実に、不眠症に悩む方の3割が、睡眠薬を処方してもらうのではなく、寝酒を選択している、というデータもあります。

それでは、まず寝酒のメリットとデメリットについて、ご紹介していきましょう。

メリット

star

アルコールを摂取することには、不安や精神の緊張を緩和する効果があります。

常用ではなく、たまにアルコールを摂取するのであれば、このような効果により眠りに入りやすくなる、というメリットがあります。

デメリット

眠りに入りやすいとは言っても、その効果に持続性は無く覚醒作用もあるため、夜中に目が覚めたり、早朝に目が覚めるような、睡眠の不安定を引き起こします。

アルコールには、睡眠中に尿の生成をストップさせるホルモンの働きを邪魔をする作用があり、尿の生成が休むことなく行われ、結果として夜中にトイレに行きたくなり起きてしまう、ということも挙げられます。

また、舌の筋肉の麻痺させたり、血行を促進する効果によって鼻の血流も良くなりすぎてしまい、睡眠中に舌が喉に落ちやすく、鼻の粘膜が腫れ詰まりやすくなる為に、いびきをかきやすくなるのです。

bed

いびきをかくと酸素不足に陥りやすいので、寝ていても熟睡することができずに、質の悪い睡眠になってしまいます。

習慣化することで摂取量が増えることになり、肝臓への負担も大きくなってしまい、肝臓病のリスクもぐっと高まります。

そして、習慣化からアルコールの量が増え、止めるべきと判断をして止めたとしても、今度は前よりも不眠の症状が酷くなることが多いようです。

alcohol11

そして再び、アルコールの力を借りるようになり、アルコール依存症へ陥る危険もあります。

睡眠薬とは違うので、良質な睡眠のためにはアルコールは不適切である、という方が正しいでしょう。

アルコールに頼るよりも、医師にきちんと処方してもらう睡眠薬の方が、様々なリスクを回避できると言えます。

寝酒の飲み方

次に、寝酒の効果的な飲み方について、ご紹介していきましょう。

夕食と共に

dish

寝る前に飲酒をするのではなく、夕食時に飲むようにした方が良いでしょう。

もしくは、就寝の3時間前までに飲み終えるのがベストです。

「眠るための寝酒」というスタンスではなく、「夕食時の晩酌」というようにしましょう。

休肝日

晩酌というスタイルをとっていても、アルコールによる肝臓への負担は懸念されます。

健康維持のために、必ず休肝日を設けるようにしましょう。

目安としては、連日でなくても良いので1週間に2日程度は、アルコールの摂取を止めるようにしてください。

寝酒の種類

alcohol

最後に、寝酒としてオススメしたい種類を、ご紹介していきましょう。

温かいもの

就寝前にホットミルクを飲むと良い、という話は誰しもが耳にしたことがあるのではないでしょうか?

alcohol

温かい飲み物で体を温めると、睡眠に入りやすくなるからです。

これは、アルコールにも同じことが言えるので、キンキンに冷えたビールなどはNGです。

冷たいものは、体を冷やしてしまうだけでなくトイレも近くなりますから、睡眠の妨げになります。

お湯割り

梅酒などの果実酒のお湯割りがオススメです。

果実酒とハーブティーの相性も良いので、お好みでブレンドするのも良いでしょう。

美容効果が高いローズヒップティーで割ったり、精神の緊張を緩和する効果のあるカモミールティーやジャスミンティーも、睡眠導入効果があるので試してみてはいかがでしょうか。

ホットカクテル

ブランデーやリキュールをベースとした、甘口のホットカクテルもオススメです。

  • ラム酒+ホットコーラ=ホット・ラムコーク
  • コニャック(ブランデー)+レモン汁+ハチミツ=コニャックレモネード
  • カルーア+ホットミルク=ホット・カルーア・ミルク

アイディア次第で様々なホットカクテルを作れますので、その日の気分に合わせて楽しむのも良いでしょう。

まとめ

green

ここまで、寝酒についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

「眠れるから」という理由だけで、寝酒するのはやはりオススメはできませんが、正しいタイミングや体への負担の少ない種類を選べば、お酒の力を借りることも良いでしょう。

くれぐれも、深酒になり二日酔いになった、などと本末転倒になることの無いように、上手に取り入れてくださいね。