オリゴ糖を含む食品の4つの効果と副作用とは?種類と摂取方法を知って美肌に! ⋆ MOFUBU

オリゴ糖を含む食品の4つの効果と副作用とは?種類と摂取方法を知って美肌に!

yoghurt

皆さんは、オリゴ糖を含んだ食品を摂取すると、美肌効果が得られるということを、ご存知でしょうか?

「オリゴ糖は身体に良い」ということは、広く知られていると思います。

しかし、具体的な効能までは、浸透していません。

そこで今回は、オリゴ糖の様々な効能などについて、ご紹介していきたいと思います。

オリゴ糖とは

suger

まずは、オリゴ糖とはどんなものなのか、基礎的部分を見ていきましょう。

ブドウ糖や果糖が結びついたもの

ブドウ糖や果糖など、単糖類と呼ばれるものが結びついたものを、オリゴ糖と呼んでいます。
オリゴ糖は善玉菌の餌となり、腸内環境を正常化するのに役立ちます。

腸内環境を正常にするため、健康はもちろん、美肌効果も期待できます。

ビフィズス菌の大好物

腸内環境を正常に保つために必要なビフィズス菌は、オリゴ糖が大好物なのです。
そのため、オリゴ糖を摂取したビフィズス菌が活発化し、腸内環境の正常化に繋がります。

食材からも摂取可能

オリゴ糖は甘味料として広く知られていますが、オリゴ糖を含んでいる食材が自然界には存在するので、食材からも摂取が可能です。

どんな食材があるのかは、後ほどで紹介しますので、参考にしてみてください。

オリゴ糖の種類と効能、含まれている食品

次に、オリゴ糖には様々な種類があります。
その種類別に、期待できる効能と含まれている食品も合わせて、ご紹介しましょう。

フラクトオリゴ糖

onion

【効能】
・虫歯になりにくい

【食材】
・菓子類などに多く利用されている
・ニンニクやアスパラガス、玉ねぎ、ごぼう、バナナ、ハチミツなど

ガラクトオリゴ糖

【効能】
・たんぱく質の消化・吸収、ミネラルの吸収の補助

【食材】
・母乳や牛乳などに含まれている

イソマルトオリゴ糖

honey

【効能】
・防腐効果に期待
・長期保存可能

【食材】
・醤油や味噌、みりんなどの調味料
・ハチミツに多く含まれている

大豆オリゴ糖

tofu

【効能】
・ほかの種類と比較して、少量で腸内の善玉菌の増加を促す

【食材】
・大豆全般に含まれている

オリゴ糖の摂取について

Sapri

最後に、腸内環境を整え、美肌効果を期待できるオリゴ糖を摂取する際の、注意点や方法についてご紹介しましょう。

食材のみでは限界がある?

本来、どんな成分でも自然界に存在する食材から必要量を摂取するのが、1番安心安全なので良いのですが、食材のみから摂取するのにはどうしても限界があります。

なぜなら、食材に含まれるオリゴ糖は、極微量だからです。

例えば、1日に必要とされるオリゴ糖をニンニクだけで摂取しようとすると、ニンニク3個以上にもなり、これを毎日続ける必要があるのです。

サプリメントの活用がオススメ

効率的にオリゴ糖を摂取するなら、サプリメントの活用がオススメです。

オリゴ糖をサプリメント化するために、人工的にオリゴ糖を抽出して作っていますが、天然のオリゴ糖と成分などは全く変わらず、その効能や働きも確認されているため、安心して活用できるでしょう。

副作用・注意点など

整腸作用があるオリゴ糖は、過剰摂取しすぎるとお腹がゆるくなることがあります。
オリゴ糖は元々、人間の身体に吸収されにくい性質です。

ですので、過剰摂取すると、腸内環境を整えるのとは逆に、乱してしまうのです。
くれぐれも、オリゴ糖の摂取量には、十分注意しましょう。

まとめ

Tulipa

ここまで、オリゴ糖の効能などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

美肌に必要不可欠な、腸内環境の正常化という効能は、女性にとってとても嬉しい成分ですよね。

ただ、オリゴ糖に限らずどんなものにでも言えることですが、効能に期待しすぎて大量に摂取して、健康被害を起こしてしまわないように気をつけましょう。