シミや美肌に「レチノール」 効果と種類・副作用はある? ⋆ MOFUBU

シミや美肌に「レチノール」 効果と種類・副作用はある?

skin-care

小ジワやたるみに効果がある、と近年注目を集めている「レチノール」。

そもそも、レチノールのいう成分はどんなもので、どんな効果に期待ができるのでしょうか?

また、使用する際に気をつけるようなことはないのでしょうか?

今回は、美肌に効くレチノールの効果や注意点について、ご紹介していきます。

レチノールとは

まずは、レチノールの基礎知識について、ご紹介していきましょう。

レチノールとはビタミンA誘導体

レチノールとは、美容に効果があるという認識が広まっているため、美容成分と思われている方が多いですが、実は「レチノイド」という正式名があり、ビタミンA誘導体のことを示し、成分ではありません。

しかし、ビタミンAというのは肌と深い関係性のあるビタミンですので、肌への影響力は大きいとされています。

重要なビタミン

pointレチノールは、私たち人間の身体に元々存在するビタミンで、血液の中に含まれているビタミンAの大半は、レチノールでできているとされています。

■ レチノールの身体の中での主な働きは下記のようなものがあり、健康な身体、正常な身体機能などの維持には、必要不可欠なとても重要なビタミンであると言われています。

  • 細胞分裂化
  • 免疫機能の保持
  • 皮膚・粘膜のサポート
  • 視力を維持する

レチノールの種類

「レチノール」と一言で言っても、実はいくつかの種類があり、それぞれに特性があるようです。

pointレチノイド

  • 美容皮膚科や皮膚科などを受診し、医師からの処方箋が無ければ手に入らない。

pointレチノイン酸

  • 肌の奥深いところへの作用や、細胞の再生促進に優れていることから、高い評価を受けている。

pointシラスフィアレチノール

  • レチノールに天然のビタミンEを配合して作られたもの。

point酢酸レチノール

  • 合成酢酸レチノール、もしくは、合成酢酸レチノールに植物油を配合して作られたもの。

pointピュアレチノール

  • エステで主に使用されることが多く、市販化粧品にも配合されているものもある。

pointパルミチン酸レチノール

  • 角質層への浸透をアップさせるため、パルミチン酸を結合して作られた、レチノール誘導体。

効果

次に、レチノールで得られる効果について、上記であげた種類毎にご紹介していきましょう。

ピュアレチノール、シラスフィアレチノール

drops-of-water

上記2つに期待ができるとされているのが、アンチエイジング効果です。

これらは即効性に優れていて、エステなどで使用されることが多く、高額な成分になります。

酢酸レチノール

point酢酸レチノールに期待ができるとされているのが、シワの改善効果です。

これは、表皮組織の代謝促進作用、表皮細胞の保護作用を持っていますので、乾燥を原因とする小ジワや角質化の改善に効果があるとされています。

市販化粧品にも多く使用されていて、中でもシワ対策のアイテムに含まれていることが多いようです。

パルミチン酸レチノール

pointパルミチン酸レチノールに期待ができるとされているのが、肌のハリを生む効果です。

これは、肌のターンオーバー周期を保ち、コラーゲンの生成促進することで、肌のキメを整えたり、たるみや毛穴を引き締めハリを生む効果が得られるとされています。

レチノール全般

ここからは、レチノール全般に期待ができるとされている効果を、ご紹介していきましょう。

pointニキビ予防、ニキビ痕改善、シミの改善

レチノールには、古くなった角質や細胞を適度に除去する「ピーリング作用」があると言われています。

古い角質が蓄積し、皮脂の汚れが詰まることでニキビが作られますが、このピーリング作用で除去できるので、ニキビ予防にも効果があります。

また、昔からのシミや色素沈着をしている皮膚(角質)を除去を繰り返すと、ニキビ跡やシミの改善にも、効果があると言われています。

pointターンオーバーの正常化

レチノールには、ターンオーバーの正常化作用があると言われています。

ターンオーバーが正常な状態になることで、皮脂の過剰分泌を防ぎますから、毛穴詰まりや毛穴を引き締める効果、シミやそばかすなどが作られにくい美肌へと導いていけると期待されています。

注意点

最後に、レチノール配合のアイテムの使用方法や注意点について、まとめてみていきましょう。

敏感肌には要注意

green

point上記でも挙げたように、レチノールにはピーリング作用があります。

この作用は、敏感肌の方にとっては、炎症やかぶれなどを引き起こす危険性もあると言われています。

大抵の場合、半月程度で徐々に治まることが多いようですが、その期間を経過しても改善が見られない、悪化した、このような場合には無理に使用せずに、中止したほうが良いでしょう。

外出時には紫外線対策を

point上記のピーリング作用によって、肌は刺激に弱く、紫外線もより吸収しやすい状態になっています。このことから、レチノールを使用した後に、外出する時には注意が必要です。

肌の内部に紫外線ダメージが入り込む危険性がありますから、レチノールの使用後の外出時には、紫外線対策を忘れずにしっかりと行ってください。

医薬品との併用も要注意

point例えば、定期的に皮膚科や美容クリニックでピーリングケアの施術を受けている場合、自宅でピーリング作用洗顔料を使用している場合には、レチノールを併用することで角質を落としすぎてしまい、肌トラブルを引き起こす原因になるので併用は避けるようにしてください。

また、ステロイド入りのクリームや軟膏、ディフェリンゲルなどの併用も危険が伴うとされていますので、注意するようにしましょう。

まとめ

gerbera

ここまで、美肌に効くレチノールの効果や注意点について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

レチノールは、美肌効果に優れた成分であることに間違いはありませんでしたが、使用される時はいくつかのポイントがあります。

効果を実感するためにも、注意点をしっかり確認し、肌トラブルを招くことなく、正しい方法でお肌をケアしていきましょう。