妊活にも効果的!副作用はある?ルイボスティーの7つの効能と入れ方とは

皆さんは、ルイボスティーをご存知でしょうか?

ルイボスティーは古くから飲まれてきたものですが、近年その効能に注目され、女性の健康と美容に効果があると話題になっています。

そこで今回は、ルイボスティーの効能などについて、ご紹介していきたいと思います。

ルイボスティーとは

tea

まずは、ルイボスティーについて、基礎的部分を見ていきましょう。

奇跡のお茶

南アフリカ先住民の日常的な飲み物として、古くから活用されていたようです。

健康維持のために飲まれてきたルイボスティーは、奇跡のお茶と呼ばれてきたほど、親しまれていました。

原料は、お茶の葉ではない?

茶葉を使っているわけではなく、マメ科の植物から生成しているため、正確に表現するとお茶ではありません。

ルイボスティーの元となる植物は、南アフリカ共和国のセダルバーグ山脈一帯でしか育たない、大変貴重なものです。

ミネラルが豊富

セダルバーグ山脈一帯の気候は、気温差が大きくとても乾燥しています。

そんな厳しい環境の中、地面の奥底から吸い上げたミネラルなどを豊富に蓄えています。

効能

flowers

次に、ルイボスティーの持つ効能について、ご紹介しましょう。

妊娠中でも安全

pointルイボスティーは完全ノンカフェインですので、安心して摂取することができます。

■妊娠中

胎児への影響を懸念し、カフェインの摂取を避けるように言われています。

緑地や紅茶にはカフェインが含まれていますので、その代用として美味しく飲むことが可能です。

■妊活中

ストレスや年齢的なものにより活性酸素が増えると、体内のホルモンバランスが崩れ妊娠しにくい(受精・着床・成長しにくい)身体の状態がおきます。

これを、ルイボスティーが持つ、抗酸化作用で生殖機能の老化防止のサポートをし、更に、活性酸素除去物質の原料・卵子の成分である「亜鉛」も含まれていますので、Wで効果があります。また、ホルモンバランスが整えられるので、体質改善にも効果があります。

その他に、下記でご紹介する効果ももちろん得られますので、薬をカフェイン同様、薬を服用できない期間にはオススメです。

アンチエイジング効果

butterfly

pointシミやシワ、たるみなどの肌トラブル、生活習慣病などの健康トラブルの原因とされている、活性酸素を抑える働きを、ルイボスティーに含まれるSOD様酵素と呼ばれる酵素が持ちます。

アレルギー疾患の緩和

pointSOD様物質の抗酸化作用によって、身体の免疫力を高めることができます。

アトピー性皮膚炎や喘息、花粉症などのアレルギー疾患をお持ちの方にオススメです。

免疫力が高まるので、アレルギーの抑制作用があり、肌のかゆみや腫れなど炎症反応を緩和することができます。

ダイエット効果

point活性酸素が増えると、代謝が低下して老化も進んでしまい、痩せにくい体質へ変化していきます。

加齢と共に、元から身体の中にある、抗酸化作用のある酵素は減少していきます。
そこで、ルイボスティーを摂取して、抗酸化作用を持つSOD様酵素を増やし、ダイエットのサポートをするのです。

便秘改善

pointルイボスティーは、腸の働きを活性化し、腸内の悪玉菌の排除に効果的です。

悪玉菌が排除され善玉菌の働きが活発になり、腸内環境が正常な状態に導かれます。
飲み始めは、便の硬さが安定しないこともありますが、腹痛や下痢などの副作用はありません。

美肌効果

candle

point毎日のお茶をルイボスティーにするだけで、手軽に美肌作りができます。

ミネラルやビタミンC、カルシウムなどの美肌作りに必要不可欠な成分が、ルイボスティーにはバランス良く含まれています。

安眠効果

pointルイボスティーには、ストレス軽減効果がある成分が含まれています。

この成分は、海外ではストレスの改善薬に配合されていることもあります。

この効果により安眠へと導かれ、質の良い睡眠をとることができると言われています。

効果的な摂取方法

cup

最後に、ルイボスのティー効能を十分に得るための効果的な摂取方法を、ご紹介しましょう。

ルイボスティーの入れ方

  1. ステンレスやアルミなどのヤカンや鍋に、1.5リットル程度の水(薄味好みの方は2リットル程度)とルイボスティーのティーパックを入れて、沸騰させます
  2. 沸騰したら10分程度、そのまま煮立て完成です
  3. ホットでもアイスでも、同様の効果が得られるのでお好みに合わせて飲んで大丈夫です。

   ※アルミのヤカンや鍋は、ルイボスティーの褐色がつく場合があります。

ポイント

ルイボスティーを入れる際のポイントは、煮出すことです。

10分以上煮出すことによって、フラボノイドというストレス軽減効果の物質を、多く抽出することができます。

目安量

たくさん摂取したからと言って、副作用があるわけではありませんので、特に摂取量を気にすることはありません。

しかし、効果を得るためには最低1日にティーカップ2~3杯は、飲むようにすると良いでしょう。

まとめ

flower

ここまで、ルイボスティーについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
女性にとって、とっても嬉しい効能がたっぷり詰まったルイボスティー。

是非、皆さんも生活の中に取り入れて、女子力をアップさせてみませんか?