不眠症や自律神経失調症にも効く!?サウナで体質改善 7つの効能・効果と入り方とは ⋆ MOFUBU

不眠症や自律神経失調症にも効く!?サウナで体質改善 7つの効能・効果と入り方とは

sauna

健康法の一つとして、長年多くの人に愛されてきたサウナ。
あなたも1度は、入ったことがあることでしょう。

一般的に「ダイエットに効果的」と認識されていますが、サウナにはダイエット以外にも、沢山の効果が期待できるのを、ご存知だったでしょうか?

そこで今回は、サウナの驚くべき効果について、ご紹介していきたいと思います。

美容効果

まずは、女性に嬉しい美容面で期待ができる効果について、ご紹介していきましょう。

美肌

milk

pointサウナの中でも、「スチームサウナ」「ミストサウナ」の2つが、美肌効果に期待ができます。

この2つは、通常のサウナよりも低温なので、その分長く入浴でき、ゆっくりと汗をかくことができます。

普段あまり作用していない汗腺からも汗をかくことで、汗が持っている保湿効果を引き出し、質の良い汗をかくことができます。

また、皮脂腺の活動も活発化し、毛穴詰まりの解消にも効果的なので、ニキビなどの肌トラブル回避に繋がります。

ダイエット

pointサウナで老廃物を汗を通して排出するため、デトックス効果があります。

デトックス効果によって、新陳代謝が高まり、痩せやすい体質、脂肪が燃焼しやすい体質に変わっていきます。
このことにより、メインのダイエット法として考えるよりも、ダイエットのサポートの役割を持つ、と考えた方が良さそうです。

体質改善

flower

point多くの女性が悩んでいるとされる、「冷え」「むくみ」にも効果が期待できます。

サウナで、表面上の皮膚だけでなく、内臓など身体の内側も温めることができるので、冷え性の方は定期的に入浴することで、改善が期待できます。

身体の芯から温めることで、血行促進の効果があるため、老廃物を排出しやすくなり、むくみ改善にも効果があります。

1回きりの入浴では改善は期待できませんが、定期的に入浴することで、徐々に体質を改善していけるので、継続が重要でしょう。

健康効果

次に、老若男女問わず、健康維持に期待ができる効果について、ご紹介していきましょう。

不眠症の改善

bud

point疲れていると感じていても、なかなか眠りにつくことができない、夜中に目を覚ますことが多いなど、不眠に悩んでいる方へも、サウナはオススメです。

血行促進効果によって、運動したような疲労感が起こり、入眠しやすくなります。
運動とは違って、老廃物を体外へ排出するため、疲労蓄積が起こる心配もありません。

頭痛やコリの改善

point偏頭痛に悩んでいる方や肩コリ、首コリなどに悩んでいる方にも、症状の改善が期待できます。

サウナのデトックス効果で、身体の老廃物、毒素を排出することで、慢性的な痛みやコリが解消されやすくなります。

ストレス解消

pointサウナの浴室は、マイナスイオンがたっぷりと放出されています。

このマイナスイオンは、精神を落ち着かせ、リフレッシュ効果があるため、ストレス解消やうつ病緩和にも効果があるのです。

自律神経を整える

pointサウナに入ることで、自律神経が働きはじめる。

自律神経失調症は、交感神経と副交換神経の切替がスムーズに行えずに起こる症状です。

室内は、温かいため、繰り返しサウナに入ることで自分で体温を調整することを覚えるようになります。これが、交感神経の切替時と同じような状態になるので、徐々にうまくバランスを取れるようになるわけです。

自律神経を整えるには、少し熱めのサウナと水風呂(冷たいシャワー)を交互に5回程度繰り返すのがおすすめです。

こうすることで、切替時に近い環境が短時間で作れます。

また、発汗作用があるので、ストレス解消や代謝アップも同時に期待できます。

注意点

water

最後に、サウナ入浴のための注意点を、まとめてみます。
以下のことに気をつけて、効果を十分に感じてくださいね。

入浴前の食事はNG

サウナに入る前に、食事をとるのはやめておきましょう。

消化活動によって、本来なら胃に血液が集中しなければならないところへ、サウナに入ると血液が身体全体へ行き渡ろうとするため、吐き気が起こることがあります。

水分補給

サウナで大量の汗をかくため、脱水症状の予防のために、入浴前には水分補給を、必ず行うようにしましょう。

入浴中にも小まめに水分をとることで、脱水症状の予防と汗を出しやすくする効果があります。

長時間の入浴はNG

通常のサウナであれば10~15分程度、スチームサウナやミストサウナなどの低温サウナであれば、20~30分程度の入浴にしましょう。

長時間の入浴は、身体への負担が大きく、様々な効果を得るどころか健康被害が起こる可能性があるので、無理をしないようにしましょう。

入浴後のアルコールはNG

アルコールを摂取すると、身体の水分を奪ってしまうため、入浴後のアルコールは避けましょう。

ミネラルウォーターやスポーツドリンクで、身体の水分を補うようにしてください。

まとめ

green

ここまで、サウナの驚くべき効果について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?
ダイエット効果だけではなく、美容にも健康にも、沢山の嬉しい効果があることがわかりました。
是非、注意点を頭に入れながら、サウナの効果を十分に感じてくださいね。