シアバター10個の美容効能☆ニキビ跡や美髪にもなれる効果的な使い方とは

Sheabutter

近年販売されている、保湿効果がある化粧品やハンドクリームなどには、「シアバター」が含まれているものが多くあります。

お手持ちのスキンケアアイテムの成分表でも、見たことがある方もいらっしゃるでしょう。

そんな「シアバター」について、期待できる効果なども含めて、ご紹介していきます。

シアバターとは

まずは、シアバターについて、基礎的部分を見ていきましょう。

植物性のバター

シアバターは、「シア」という西アフリカ原産の植物の実から採れる、植物性のバターのことです。

保湿に優れているため、スキンケアアイテムのクリームやハンドクリームの保湿剤の成分として、配合されていることが多いです。

シアバター単体でも販売されている

保湿剤の成分として配合されているだけでなく、シアバター単体でも販売されています。
オーガニックショップなどの自然派店や、ネットショップなどで購入可能です。

未精製シアバターは使い勝手が良い

香り成分が配合されているものが多いですが、「未精製シアバター」には、美容効果成分が精製後のものに比べて、多く含まれています。

また、未精製であれば色々な使い方ができるので、使い勝手に優れています。

シアバターの効能・効果

milk_crown

次に、シアバターに期待できる効果について、ご紹介しましょう。

保湿、抗酸化効果

シアバターは保湿効果に優れているため、乾燥によるシワなどを防ぎ、老化防止に効果があります。
また、肌の細胞の活性化により、ニキビ跡の改善効果やシミなどの予防にも効果的です。

紫外線を吸収

シアバターに含まれるケイ皮酸のエステル成分が、紫外線を吸収する働きがあります。
ですので、日焼け止めの効果が期待できます。

抗炎症作用、皮膚の新陳代謝の促進

シアバターには、抗炎症作用があります。
ですので、傷や火傷にも効果が期待できますし、新陳代謝を促す効果もあるため、傷跡の予防や改善にも期待できます。

未精製シアバターの効果的な使い方

heart

最後に、未精製シアバターの効果的な使い方や、ちょっと変わった使い方について、ご紹介しましょう。
是非、試してみてください。

顔や手の保湿剤

これは一般的な使い方ですが、顔や手などに保湿剤として使ってみましょう。
手のひらの体温で温めることで、塗りやすくなります。

少量を薄く伸ばして、使用しましょう。

髪の毛の保護

hair2

タオルドライした髪の毛に、少量つけます。
髪の毛の、外敵ストレスの予防になります。

手のひらの体温で伸ばすか、少し水を加えると伸びやすくなります。

ヘアパック

シャンプーの後にシアバターをつけ、数分間置き、洗い流します。

その後、いつも通りコンディショナーを使います。

シアバターのヘアパックをすると、乾かした時の指やブラシの滑りが良くなります。

スタイリング剤

hair

まとめ髪の時のヘアワックス代わりとして使うと、まとまり具合も良く、ツヤも出るので仕上がりがきれいです。

また、保湿効果があるので、毛先などはしっとりとまとめてくれます。

リップケア

乾燥による唇の荒れやガサガサ感には、シアバターのリップが効果的です。
入浴中にシアバターを唇に塗って、ホットタオルをのせるだけです。

洗い流す必要はなく、繰り返すことで潤いのある唇になります。

日焼け止め

強い日焼け止め効果はありませんが、室内にいる時の紫外線対策には、十分効果があります。
また、日焼け止めを使う前に下地として使うと、肌の保護機能として役立ちます。

傷跡や火傷

傷や軽い火傷の炎症部分に使うと、炎症を鎮めるだけでなく、傷跡として残ることを防ぐことができます。

既にできてしまっている傷跡に使うと、薄くしたりなどの改善効果もあります。

まとめ

flower

ここまで、シアバターについて、効果などをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

保湿効果が高いことで知られるシアバターの、いつもと少し変わった使い方をぜひ参考にされて下さい。

全身に使える優秀なシアバター、まずはこれからの紫外線対策に下地として使ってみましょう。