ニキビ跡にも効く3種類のビタミンC誘導体!化粧水・美容液からの効果とは

皆さんは、「ビタミンC誘導体」という成分を、ご存知でしょうか?

名称だけは聞いたことある、という方は多いのではないでしょうか。

美白効果に優れているとされるビタミンC誘導体ですが、その効果や選び方などについては、あまり知られていないようです。

そこで今回は、ビタミンC誘導体の効果や選び方などについて、ご紹介していきます。

ビタミンC誘導体とは

まずは、ビタミンC誘導体とはどんな成分なのか、ご紹介していきましょう。

浸透しやすいように、安定化された成分

cosmetics

美白に有効的とされるビタミンCですが、成分がとてもも壊れやすく、崩れやすく不安定という難点があります。

そのため、化粧品にビタミンCを配合しても、効果を発揮するのは難しいという、問題がありました。

そこで、ビタミンCの効力が壊れないように、人工的に改良して安定化させた成分を、ビタミンC誘導体と呼んでいます。

皮膚に浸透しやすい

hada

ビタミンCをそのまま皮膚に塗っても、成分が壊れやすいため、皮膚へ浸透することはほぼありません。

ビタミンC誘導体にすることで、皮膚に浸透しやすくなり、効力を発揮しやすくなります。

また、最大の特徴というと、皮膚内へ浸透後、ビタミンCに変化するということです。

ビタミンC誘導体にはタイプがある

ビタミンC誘導体にはタイプがあり、水溶性タイプ・脂溶性タイプ・2つの性質をもつ、合わせタイプの3種類があります。

  特 徴 用 途

代表的な表示名

・水溶性タイプ 

 ・皮膚に浸透しやすい

 ・ニキビや美白に効果

 ・即効性が高い

化粧水、美容液

アスコルビルリン酸エステル塩

・アスコルビルリン酸Na

・脂溶性タイプ

 ・水溶性のビタミンCに油を結合

 ・肌への刺激が少ない

 ・乾燥しにくい

クリーム

テトライソパルミチン酸アスコビル

ステアリン酸アスコルビル

・合わせタイプ

・水溶性・脂溶性、両方の性質

・皮膚への浸透力が1番 高い

化粧品・皮膚科

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

進化したビタミンC誘導体「APPS」(合わせタイプ)

人工的に改良されたビタミンC誘導体ですが、実は既に進化系が生まれています。

それが、進化型ビタミンC誘導体APPSです。 

上記でご紹介した、合わせタイプがこれにあたり、通常のビタミンC誘導体と比較すると、その浸透力は100倍にもなると言われています。

cosme

期待できる作用や効果に違いはありませんが、高浸透力のおかげで高い効果が得られるとされています。

また、合わせタイプですので、多くの化粧品に配合しやすいという特徴があり、刺激性も低いとされています。

しかし、原料価格が高額なので、化粧品に多く配合するというのは、まだまだという段階のようです。

ビタミンC誘導体の効果

次に、ビタミンC誘導体の効果について、ご紹介していきましょう。

ニキビ・毛穴引き締め・エイジングケアにも!

ビタミンC誘導体は、実に様々な作用を持ち、美容効果の高い成分とされています。

  • 抗酸化作用によるアンチエイジング
  • 新陳代謝促進作用によるターンオーバーの正常化
  • 色素沈着予防作用による美白効果
  • 皮脂分泌コントロール作用
  • 肌を整える作用による美肌効果

 他にも様々な作用があります。

コラーゲン生成への働きかけ

皮膚へ浸透しやすくなったビタミンC誘導体には、もう一つ嬉しい作用があります。

それは、真皮でのコラーゲン生成・セラミドの合成へのサポートです。

この作用により、加齢と伴うシミやシワ、たるみなどの肌トラブルに対する効果が期待できるのです。

選び方のポイント

最後に、ビタミンC誘導体を配合している化粧品の選び方についてご紹介していきましょう。

濃度に注意

配合されている濃度は、誰しもが気になる部分であり、より高い濃度を選ぼうとすると思います。

しかし、濃度が高いからといって、必ずしも高い効果を得られるわけではありません。

cosmetics

確かに、高濃度であれば少量で効果を得やすい、というメリットがありますが、その反面、高濃度によって刺激になり肌トラブルを招くこともあるという、デメリットも併せ持ちます。

濃度よりも、自分の肌に合うかどうか、ということが重要です。

濃度が10%以下なら問題はなさそうですが、敏感肌や乾燥肌の方は4~5%前後のものを選ぶとよいでしょう。

相乗効果を狙う

ビタミンC誘導体そのものでも、十分に効果は期待できますが、一緒に配合されている成分を確認し、相乗効果を狙うことがオススメです。

自分の悩みに合わせて、選んでみましょう。

例として、アンチエイジング効果と美白効果をご紹介しておきます。

pointアンチエイジング効果

  • アスタキサンチン
  • ビタミンE
  • レスベラトール
  • フラーレン

point美白効果

  • ローズマリーエキス
  • ユキノシタエキス
  • 甘草エキス
  • アルブチン

このように、ビタミンC誘導体と共に配合されている成分が、どんな効果を持つ成分なのかをチェックするのも、選ぶ時のポイントになります。

まとめ

green

ここまで、ビタミンC誘導体の効果や選び方などについて、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

これだけ期待できる効果があると、たっぷり使おう!!と思いますが、乾燥肌質の方は皮脂量が減り、乾燥しやすく、敏感肌になってしまうことがあるので、注意したいところです。

自分の肌質を見極めて、選ぶことがとても大切です。

これから先、まだまだ進化が期待できるビタミンC誘導体ですが、新しい成分を使用する時には、肌トラブル回避のためにも、パッチテストを忘れずに行いましょう。