ファスティング(断食)・置き換えなど酵素ダイエットの正しいやり方で効果を高めよう ⋆ MOFUBU

ファスティング(断食)・置き換えなど酵素ダイエットの正しいやり方で効果を高めよう

少し前から話題になり、大人気になった「酵素ダイエット」
既に実践したという方も、多いのではないでしょうか?

 実は、酵素ダイエットには落とし穴があったのです。

間違った考え方や方法で行うと、ダイエットどころか体重が増えるという、逆効果になることもあるのです。

そこで今回は、酵素ダイエットの正しい方法について、ご紹介していきたいと思います。

酵素とは

apple

まずは、酵素ダイエットの元となっている、酵素について見ていきましょう。

補助的成分

酵素とは、身体の中の様々な部分で、細胞などの働きをサポートする、タンパク質の一種です。 そして、その中でも消化や代謝の働きに、大きく関係しています。

酵素は何種類かあります!

酵素と一言で言っても、1種類ではありません。
その種類は数多くあり、それぞれ別々の役割があります。

plus 消化酵素

  • 食べ物を体内に吸収しやすいようにする酵素
  • ご飯はアミラーゼ・お肉はプロテアーゼ・脂質はリパーゼという酵素で分解されます

plus 代謝酵素

  • 消化酵素によって食べ物がエネルギー化され、そのエネルギーを消費し、活動させる酵素
  • 肌のターンオーバーにも関わりがあり、活動する上で重要な酵素です

plus 食物酵素

  • 消化酵素のサポートの役目をしてくれる酵素
  • 納豆や味噌などの発酵食品・お刺身・生野菜に多く含まれる。これにより、消化酵素の使用出来る量が増え、代謝酵素の働きもよくなるため、美容と健康に良い体の環境が形成される。
  • 炭水化物分解・・・大根・リンゴ・レモン
  • タンパク質分解・・・バナナ・パイナップル
  • 糖質分解・・・納豆・お漬物・アボガド 等

吸収する働きも持つ

酵素には、食べたものの消化や分解をサポートすることは、良く知られていますが、食べたものを吸収するサポートの役目も持ち合わせています。

酵素ダイエットに多い間違いとは?

次に、酵素ダイエットを行う際の間違いについて、多く見られる事柄をご紹介しましょう。

飲むだけで痩せると勘違いしてしまいがち!

酵素ダイエットの売り文句としてあるのが、飲むだけで痩せるというフレーズ!!これは、大きな間違えです。

上記でご紹介した通り、酵素には食べ物の吸収をサポートする働きがあるため、食べたものを無かったことにする効果や、それなりに食事の量を取っていれば、酵素ダイエットは逆効果になります。

栄養の摂りすぎ

酵素ダイエットで酵素を補うことで、今まで正常に栄養分が吸収されていなかったものが、栄養の吸収が正常化され、栄養過多になってしまうこともあります。

 しかし、これは今までの異常を正常化できたということで、健康的な範囲とされています。

ローカロリー、ノンカロリーと勘違い

酵素ドリンクは材料によっては、高カロリー飲料になってしまいます。

甘さを出すため、飲みやすくするために、シロップなどを入れればダイエット効果はありません。

酵素ドリンクは、ダイエット飲料では無い、ということを理解しなければなりません。

酵素ドリンクの使い方自体が間違っている

酵素ドリンクを、食事と一緒に飲んでいたり、オヤツ感覚で飲んでいる方は、使い方自体間違っています。

酵素ドリンクは、ファスティング(断食)や置き換えの方法でなければ、効力を発揮することはできません。

酵素ダイエットの正しい方法

vegetable

最後に、酵素ダイエットの正しい方法を知って、酵素の効果を発揮させましょう。

ファスティング(断食)

酵素ドリンクを使って、ファスティング(断食)ダイエットを行います。
この方法が一番、効果があると思われます。

2~3日の間、食事の代わりに酵素ドリンクを取り入れる方法です。

ファスティングダイエットをすることにより、体の消化器官が休まり代謝酵素が活性化され、体質改善にもつながります。

置き換え

1日3食のうち、1食もしくは2食を、酵素ドリンクに置き換える方法です。

 夕食を酵素ドリンクに置き換えることで、効果が現れやすいようです。

 また、他の食事はバランスの良い食事を心がけて食べれるので、食べれない!というストレスが少なく済みます。

※どちらの方法であっても、置き換えるけど間食をしてしまうなどのことがあれば、効果は半減してしまうので注意しましょう。
期間を決めて行うなど、きちんと一定期間続けることが最も大切です。

酵素ドリンクを飲むタイミング

食事をする場合の酵素を飲むタイミングは、ご飯を食べる前になります。

食事の約30分前迄に飲み、空腹状態に入れることで、食事後の消化や吸収を大きく助けてくれます。また、酵素は熱に弱いため、単体で飲みにくい場合は、50度以下のもので割るようにして下さい。

「フルーツ青汁」人気の3種類を比較!ダイエットや目的別に合った青汁を選ぼう
青汁が健康に良いのはわかっていても、飲みにくいと感じる方もいらっしゃるようです。 しかし最近では、...

まとめ

flower8

ここまで、酵素ダイエットについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

既に実践されて結果が出なかったという方、実践した方法に間違いはありませんでしたか?
以前チャレンジするも効果が無かった、これからチャレンジしたいという方は、是非酵素ダイエットの正しい方法を参考にしてみてくださいね。