マツエクを自分でつける方法!セルフのメリット・デメリット「もちを良くする」5つのコツとは

woman

近年のメイクの常識として、今ではまつげエクステは当たり前のアイメイク法ですが、皆さんも付けていますか。

通常、サロンなどで行うまつげエクステですが、自宅でできるセルフまつげエクステについて、今回はご紹介していきたいと思います。

まつげエクステについて

まず、まつげエクステについて少しお話したいと思います。

メリット

beautiful-eye

まつげエクステのメリットというと、昼夜問わず、パッチリで目力のある目元をキープできる、ということでしょう。

洗顔しても、寝ていても、朝が早くてメイクをしていなくても、自信の持てる目元で居られるのは、女性にとってとても嬉しいことです。

また、自まつげへの負担も、通常のメイクに比べたら少なく済みます。

ビューラーでまつげを上にカールして、マスカラを何回も塗る、ということが無くなるためです。

さらに、朝の忙しい時間に、アイラインを引いてアイメイクが完成するのですから、かなりの時短になります。

デメリット

では、まつげエクステのデメリットというと、定期的に付け直す必要がある、ということでしょうか。

まつげの生え変わりの周期は、大体3週間~1ヶ月と言われているので、付けてから2週間目を過ぎた頃になると、段々と抜けてきます。

専用の接着剤で自まつげに付けているわけですから、永久的なものではないため、人それぞれのまつげの周期に合わせて外れていきます。

施術価格

専用のサロンで施術を行うと、お店によって価格の変動はありますが、1回あたり約5,000円~10,000円ほどでできるようです。

キレイなまつげをキープするには、月1回程度はかよわないといけません。

施術後、時間がたって取れた部分だけをリペアで付けることもできますが、大体のサロンが3回に1回のペースで、全て付け変えを行っているようです。こまめにかよっても、結構な金額になります。

最近では、モデルさんの募集もありますが・・・、なれてないと目元なので不安ですよね・・・。

セルフまつげエクステ

room

まつげエクステについてわかったところで、次は、セルフまつげエクステについて、ご紹介しましょう。

時と場所を選ばない

通常、サロンで施術を行う場合、事前予約が必要で、自分の予定に合わせてできないことも、サロンの予約状況次第ではあり得るのてすが、セルフなら自分で行うわけですから、自分の好きな時間に好きな場所で、まつげエクステを付けることができます。

簡単に購入できる

今まで、サロンでしか付けられなかったまつげエクステは、最近ではインターネットで購入できるようになりました。

まつげエクステだけではなく、専用の接着剤などの必要な道具もセットになったキットも販売されていて、自宅に居ながらセルフまつげエクステの全てを購入できます。

中には、付け方を詳しく紹介しているDVDが同封されているものもあります。

価格が安く済む

上記のまつげエクステの説明でもお話しした通り、サロンで施術を行うと、結構な金額になりますが、インターネット販売でキットを購入すると、サロンで施術を1回受けるのと変わらない価格でできます。

キットの中には、たくさんのまつげエクステか入っているので、複数回付けることができるので、サロンよりも安く済みます。

セルフですると、形がちょっとおかしいかな?と思ってもその1本だけ付け替えられます。

しかし慣れるまで難しい

ここで、セルフまつげエクステのデメリットとしてあげられるのが、自分で行うのは難しいということでしょう。

サロンで施術を行う方は、プロですから仕上がりもとてもきれいですし、時間も早く済みます。

しかし、つけまつげと同様、はじめは上手くいかなくても慣れてくると、仕上がりも十分きれいに見えますし、時間も早くなってきます。

練習と思って、繰り返しチャレンジすることで、上達できます。

セルフでつけてみよう!マツエクの付け方

簡単ではありますが、セルフまつげのつけ方をご紹介します。

カールの種類も沢山ありますが、束になっているエクステが何種類もあるので、自分の好きな形に短時間で出来、ボリュープアップされて華やかになります。

①まつ毛を清潔にします

swab

サロンにいった時も、アイラインや目の上・目元のメイクを落とします。

スッピンでも、必ずお水で、コットンや綿棒を使い油分やほこりをとりましょう。

②まつげをコームでとかす

キレイにまつ毛1本1本がセパレートするようにとかして下さい。

③テープで固定

 サージカルテープ、医療用テープ等で固定しましょう。(無くてもできました)

ドラッグストアなどでも購入できます。

④まつげをつけます

xtension

まつげの根元から2ミリ程度離してつけるとキレイな仕上がりになります。

この時、目線は下向きに鏡を見ながらつけていくと着けやすいです。

また、接着用のグルーは付けすぎると、他のまつげがくっつく為、少量ずつ付けて下さい。

ツイザー(ピンセット)で、付けるまつげの横をかき分けてつけると、1本ずつ付けれます。

⑤乾かします

目を閉じたりしてみたり、いろんな方向からみても良い形になっていたら、ドライヤーの冷風か自然に乾かします。

まつげエクステのもちを良くするためには

soap-bubble

 最後に、まつげエクステを1日でも長くもたせるためのポイントを、ご紹介しましょう。

濡れたままは厳禁

シャワーや入浴、プールなどで水やお湯に長時間濡れると、接着剤の力が弱くなります。
ですので、必ずドライヤーで乾かすようにしましょう。

この時、冷風で行うのがポイントです。

ブラッシング

まつげは髪の毛と同じで、日々のお手入れが必要です。

専用のまつげコームで、優しくブラッシングして整えるようにしましょう。

ダメージを与えない

ついつい目をこする癖がある方は、要注意です。

つけ始めの頃は、まつげエクステに慣れずにこすったり、触ったりしてしまいがちです。
また、メイク落としにオイルタイプのクレンジング剤を使用すると、接着剤が剥がれやすくなります。

こすらずに、ジェルタイプ等、優しくメイクを落とせるクレンジング剤を選びましょう。

仰向けで寝る

寝ている時は、無意識で体勢を変えるので難しいのですが、横向きやうつ伏せで寝ると、まつげエクステの形が崩れたり、外れやすくなるため、仰向けで寝る癖をつけると良いでしょう。

自まつげのケア

自まつげをケアしてあげることで、まつげエクステのもちを良くする効果が得られます。

まつげ美容液などを使って、自まつげを強く元気にしてあげましょう。

自分でオフするには?

oil

専用のリムーバーを使う

まつげエクステのリムーバーで検索すると沢山のアイテムがあります。

マツエクのグルーの強度により、粘着力は異なりますがセルフオフをするために専用のリムーバーをなじませるとスルっととれます。

しかし、グルー(接着剤)を溶かす強力なものが多いようです。

専用のリムーバーを使うときは、必ず綿棒などを使用してくれぐれも目に入らないように最大限に注意し自己責任で行うようにしましょう。

ですので、あまりオススメできる方法ではありません。

また、皮膚が弱い方は、まぶたについただけでも荒れてしまうこともあるようです。

そういう方は、セルフではなく、自マツゲを長く育てるのが一番だと思います。

オイルを使う

マツエクのお店に行くと、オイルクレンジングは使わないでくださいね!といわれます。

このように、マツエクのグルーはオイルに弱いことがわかります。

★オフの方法

  1. オイルをまつげの根元までなじませ、10分程度時間をおきます。
  2. その後、ムリにひっぱらずに優しくマツエクを外していきましょう。

クレンジング用のオイルでもいいですが、まつげをいたわるということを考えると、なじみのよい美容オイルで保湿しながらオフするのがおすすめです。

セルフでまつげエクステのまとめ

まつげエクステについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

サロンでしかできなかったまつげエクステも、今では自分で簡単に付けられるようになりましたよね。しかし、正しい方法で行わないと、自まつげや肌へのトラブルも起こるリスクはありますし、長持ちもしません。

付け方をマスターすることはもちろんですが、マツゲも肌と同様に潤いを与えることで、強くなり抜けるまでの周期が長くなります。

美容液やサプリで自まつげを強くし、成長する周期を長くすることでパッチリとした目元を目指していきましょう♡

 
 
♡自まつげをフサフサに育毛しよう