朝洗顔しないと老化の原因に!水だけでいいの?正しい方法で美肌を手に入れよう ⋆ MOFUBU

朝洗顔しないと老化の原因に!水だけでいいの?正しい方法で美肌を手に入れよう

毎朝の洗顔は、誰しもが行うものだと思いますが、その方法は人それぞれのようですが、皆さんはどうですか?

水やお湯だけで洗う派と、洗顔料を使う派とに分かれると思います。

では、美肌のためには、どちらの方法が良いのでしょうか?

そこで今回は、美肌に効く朝の洗顔方法についてお話します。

寝起きの肌の状態とは

まずは、夜にきちんとお手入れをして、眠りから覚めた朝の肌の状態はどうなっているのか、ご紹介していきましょう。

寝起きでも汚れはたまる

lavatory

「寝ているだけだし、汚れていないはず」このように考える方も、少なくないようですが、実は寝起きの肌でも汚れはたまっているのです。

皮脂汚れやハウスダストなどの汚れ

夜にしっかりとお手入れをする時に使った、化粧水やクリームなどの油分が、睡眠中に酸化したものや、睡眠中にも皮脂の分泌は行われているので、そんな皮脂汚れが寝起きの肌にもあります。

cosme

また、寝具や寝室を清潔にしておかないと、ダニやホコリなどのハウスダストも、肌に付着している可能性が高いのです。

放置すれば肌トラブルの元

夜間に、1日の汚れをきちんと落としておかないと、肌トラブルが起こるのと同じように、寝起きの肌にも汚れが蓄積されているわけですから、放置してしまうと毛穴の皮脂汚れが酸化、詰まった状態が続き、乾燥や肌荒れなどのトラブルの原因にもなるのです。

やはり、美肌にとって朝の洗顔は、とても重要であると言えます。

美肌に効く正しい方法

次に、美肌を手に入れるための、朝の正しい洗顔方法について、ご紹介していきましょう。

洗顔料は使うべし

soap

上記でも挙げたように、寝起きの肌にも皮脂汚れがあります。

皮脂汚れは、水やお湯だけで落とすのは困難なので、夜間同様、洗顔料を使うのがベストです。

メイク落としのようなクレンジングは使う必要は無いので、洗顔料を使っていないという方は、使うひと手間を加えるようにしましょう。

部分使いも視野に入れる

洗顔料を使った方が良い、とは言っても、朝に洗顔料を使うとカサカサする部分がある、という方も多いでしょう。

同じ肌でも、部分によって皮脂の分泌量に、差があるからです。

face

鼻や額、こめかみ、あごは、皮脂分泌量が多い部分で、それ以外の部分は皮脂分泌量が、比較的少ない部分です。

皮脂分泌量が多い部分には洗顔料を使い、それ以外には洗い流す時の洗浄力に頼る、という部分使いも視野に入れると、乾燥などを防ぐこともできます。

自分の肌質を見極める

混合肌の方は上記のような方法がオススメですが、脂質肌であれば、全体的に洗顔料を使用するべきですし、逆に乾燥肌であれば、洗顔料を使わずにぬるま湯で洗い流すだけで十分、ということもあります。

まずは、自分の肌質を見極め、洗顔料が必要かどうか、部分使いが良いか、見極めるようにしましょう。

ただし、基本は洗顔料が必要、ということに変わりはありません。

朝洗顔のNGな方法

朝の洗顔は、美肌には欠かせないものですが、間違った方法では、逆に肌トラブルを引き起こすこともあります。

自分の方法が間違ってはいないか、チェックしながらお読み下さい。

水で洗い流すだけにしている

洗顔料を使うと、洗い上がりがつっぱるし乾燥するから水だけで洗う、という方は、意外にも多いのですが、洗顔料が必要なことは上記でご紹介した通りです。

洗い上がりのつっぱりや乾燥が気になるという方は、洗顔料の洗浄力が強すぎて、必要な皮脂までも落としている可能性が高いです。

洗顔料を変えることを、オススメします。

しっかりと泡立てていない

朝は、夜間に比べて何かと忙しい時間帯です。

だからといって、洗顔料をしっかりと泡立てずに洗顔をするのは、NGです。

顔の肌と手との摩擦が増え、上記でも挙げたようなつっぱりや乾燥を招きます。

洗顔料はネットを使って、しっかりと泡立てるようにしましょう。

アベンヌ・スキンバランスフォーミングジェル SS 200ml (洗顔料) [並行輸入品]

アベンヌ・スキンバランスフォーミングジェル SS 200ml (洗顔料) [並行輸入品]

または、泡立ての必要が無いジェルタイプの洗顔料を使うと、馴染ませるだけなので、手軽で便利なのでオススメします。

アベンヌのスキンバランスフォーミングジェルは、植物由来成分で敏感肌の方でも安心です。化粧水にも温泉水が使われていますが、洗顔にも含まれています。

すすぎが不十分

やはり、忙しいから、時間が無いからといって、すすぎが不十分な方も多いようです。

夜の洗顔に比べて、すすぎの回数が少ない、ということはありませんか?

夜間はシャワーで洗い流す方も多いため、気付きにくいことでもありますが、一度思い返してみましょう。

面倒であっても、30回程度はすすぎを行うと良いでしょう。

すすぎ後に水気をとるタオルで、ゴシゴシとこするのもNGですので、注意してください。

ポンポンと、肌にタオルを押し付ける程度で十分です。

まとめ

flower

ここまで、朝の正しい洗顔方法について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

皆さんの方法は、間違ってはいませんでしたか?

毎日行う洗顔だからこそ、また、様々な外部刺激を受ける前の1日の始めの洗顔だからこそ、正しい方法で行い、肌ストレスやトラブルを抱えないようにしていたいものですね。