内臓脂肪と皮下脂肪の見分け方は?2種類の「脂肪の落とし方」の秘訣とは

皆さんも、1度は耳にしたことがある、「内臓脂肪」と「皮下脂肪」という言葉。

この2種類の脂肪は、健康面で見ても美容面でも見ても、少ないに越したことはありませんよね。

しかし、

「ダイエットをして体重は減ったけどスタイルが変わらない」

「痩せているのに健康診断で内臓脂肪を落とすように医者に言われた」

など体重や見た目ではなかなか判断できないのが、この2種類の脂肪です。

そこで今回は、内臓脂肪と皮下脂肪について、減らし方も合わせてお話します。

脂肪の種類と違いは?

belly

内臓脂肪とは

まずは、内臓脂肪について、ご紹介しましょう。

・溜まっていることが分かりにくい

内臓脂肪は、腹部の中にある内蔵の周りにつく脂肪であるため、一見分かりにくいのです。

そのため、見た目でいくら痩せている、スタイルが良いという方でも、内臓脂肪が溜まっているということがあるのです。

ですので、内臓脂肪は外からはわからない脂肪が多いようです

・男性につきやすい

筋肉量が多い男性は、筋肉を動かすエネルギーの元である内臓脂肪を溜めやすいため、内臓脂肪は女性よりも男性につきやすい脂肪です。

muscular-exercise

※特徴として、内臓脂肪は溜まりやすく減らしやすいようです。

・生活習慣病のリスクが高い

内臓脂肪が溜まると、糖尿病や高血圧症、脂質異常症、動脈硬化などの生活習慣病のリスクが高まります。

皮下脂肪とは

skinfold-thickness

次に、皮下脂肪について、ご紹介しましょう。

・皮膚のすぐ下にある脂肪

皮下脂肪は、その名の通り皮膚のすぐ下に溜まっている脂肪のことです。

皮膚のそばにある脂肪のため、自分で掴むことができます。座ってプニっとつまめたら・・・それは皮下脂肪のことが多いです。

・女性につきやすい

皮下脂肪は、子宮を衝撃から守る、という重要な役割を持っています。

また、身体を妊娠や出産のために冷えから守る、という働きもあるのです。

女性の重要な臓器の子宮が、皮下脂肪は女性につきやすいという、大きな理由です。

・溜まりやすく、減りにくい

皮下脂肪は、内臓脂肪と違って一度溜まってしまうと、減らすことが難しいと言われています。

・スタイルの崩れ

皮下脂肪は内臓脂肪に比べると、病気に対してのリスクは少ないですが、スタイルが崩れて見た目に影響を与えます。

 ダイエット方法

内臓脂肪の減らし方

vegetable

次に、内臓脂肪の減らし方について、ご紹介しましょう。

・有酸素運動

内臓脂肪を減らすのに効果的なのは、有酸素運動です。

有酸素運動は、体脂肪をエネルギーとして活用するためオススメです。
ウォーキングなど、長時間の有酸素運動が良いとされています。

・炭水化物カット

炭水化物ダイエットというダイエット法は、皆さん耳にしたことがあると思います。

炭水化物を抜いた食事をすると、蓄積された内臓脂肪を、身体がエネルギー源として使うようになります。
ですので、比較的すぐに減らすことができるようです。

皮下脂肪の減らし方

最後に、皮下脂肪の減らし方について、ご紹介しましょう。

sports

・有酸素運動+筋トレ

皮下脂肪を減らすためには、有酸素運動と筋トレの二刀流が効果的です。

有酸素運動に合わせて、筋トレなどの無酸素運動を行うと、より効率的に減らすことができます。

・脂肪部分のマッサージ

最近では、エステなどでも「皮下脂肪燃焼プラン」などというものがありますね。

脂肪部分のマッサージを行うと、血流が良くなり、皮下脂肪を減らす効果があります
入浴時や入浴後の身体が温まっている時に行うと、効果的です。

まとめ

coffe

ここまで、内臓脂肪と皮下脂肪について、特徴や減らし方などをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

内臓脂肪は様々な病気へのリスク、皮下脂肪はスタイルの乱れ、どちらの脂肪もある程度は必要なものですが、少ないに超したことはありませんね。

今回ご紹介したそれぞれの脂肪に対する減らし方は、日常の中ですぐに始められるものばかりです。

皆さんも、効率良く二種類の脂肪を減らし、健康でスタイルの良い身体を手に入れましょう。