まぶたの脂肪が多い原因と自分で落とす方法とは?たるむ前に自力でケアしよう

まぶたの脂肪が多い人は、下記の悩みはありませんか?

  • 「目つきが悪く見られる」
  • 「いつも眠たそうと言われる」
  • 「アイメイクが上手くいかない」

なかなか脂肪が落ちにくい場所ではありますが、可愛いメイクを生かすためにもスッキリした目を手にいれたいですよね。

また、まぶたの脂肪が多い人は年齢を重ねるにつれて、たるみがでてきて目の部分にまでかぶさり目が小さくみえたりしますし、放置しておくのは心配です。

今回は、そんなまぶたの脂肪の原因と、脂肪除去の方法についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

まぶたの脂肪の原因は?

まぶたに脂肪がつく原因にはいくつかありますので、順に見ていきましょう。

日本人は、まぶたの脂肪が多い!?

woman

point実は、日本人は約7割の人が一重で、二重の人は残りの3割といわれています。

海外の方、アメリカや中東アジア、インドの方もパッチリ二重の方がほとんです。

しかし、北東アジアの日本や韓国の方は、一重の方が多いようです。

これは、氷河期に、寒い地方にまで食糧を求め、環境適応するために、顔の脂肪が増えて、まぶたにも厚みができたともいわれています。

こんな歴史から日本人は、遺伝的に「一重」でまぶたに脂肪が多い人が多いことになる?わけですが、両親のどちらかが二重だと、優性遺伝の関係で子供も二重になりやすいようです。

しかし、隔世遺伝との関係もありますし、両親とも二重でも、私のように奥二重になる人もいるようですので一概にはいえません。

それにしても、寒い地方に行ったから脂肪がついたという説の考えだと、脂肪だけじゃなくて「まつげ」も長くなってほしかったですよね・・・。

加齢によるもの

face

加齢による「目元の筋肉の老化」が1番の原因であるようです。

歳を重ねるにつれ、顔の筋肉も身体と同様に老化していきます。

顔の筋肉や目元の筋肉を使わないと、お腹や足のように筋力低下によって脂肪がつきやすくなってしまうのです。

このケースだと、もともと二重の人でも、下にたれてきたまぶたのお肉が二重のラインに乗ってしまい、理想的な目の形からは遠のいてしまいます。

体重の増加

weight

体重が増加すると身体だけではなく、顔全体にお肉がついて、もまぶたにも脂肪がつきやすくなるので腫れぼったい印象になります。

生活習慣によるもの

身体と同じように、運動不足や、アルコールの摂取によって脂肪がつきやすくなります。

慢性的な生活習慣の中にも、まぶたに脂肪がつく原因は潜んでいます。

スポンサーリンク

脂肪がつくことで引き起こる症状

まぶたに脂肪がつくことで、色々な症状が引き起こります。

まずたのたるみ・目の輪郭がパッチリしなくなる

face

まぶたに脂肪がつくと血行が悪くなり、老廃物も溜まりやすくなります。

そして皮膚の老化も促進され、目元のハリや弾力が失われ、脂肪と皮膚の重みをまぶたが支えきれず、垂れ下がってきてしまいます。

おでこ・額のシワ

上記にあげたようにまぶたが垂れ下がると、当然ながら視界が狭くなり、物が見ずらくなります。

一生懸命見ようとして無意識のうちに目を大きく開こうと、まぶたを上へ持ち上げようとするため、額にシワがより、そのシワがくせになって額に刻みこまれてしまうのです。

頭痛や肩こり

まぶたの脂肪やたるみにより視界が狭くなることで、目は一生懸命見ようと無意識に働きます。

目を酷使することで疲れ目を引き起こし、頭痛や肩こりを起こすこともあります。

このように、まぶたに必要以上の脂肪がつくことで、見た目だけでなく身体の辛い症状も引き起こすのです。

スポンサーリンク

私的マッサージ+くせづけで結構効きます!

整形手術によって除去する方法は後ほどご紹介します。セルフでもある程度できますので、自分でマッサージするのがまずは、オススメです!

マッサージの方法

eye

これで目元がかなりスッキリしますので、まずは1ヶ月試してみてはいかがでしょうか。

point下記は、私がよくしているマッサージ方法です。

目の上の骨部分にお肉を押し込むような感覚で少し強めに押して下さい。皮膚が柔らかくツッパリ感が減り、目の上が動きやすくなるため、短時間でスッキリした印象になります。

  1. まず、目頭から目の縁に沿って目尻の横の少しくぼみがある箇所まで押していきます。
  2. 眉毛の上から順番に、人差し指・中指・薬指の3本をくっつけて、髪の毛の際までクルクル押しながらとマッサージしていきます。
  3. 目の下も一緒にアイクリームやジェルをつけて、目尻の外側までマッサージしてみましょう。
  4. まぶたの脂肪が厚めの方は脂肪部分を、縦につまんでほぐします。(痛くないくらいに)

1~3まででも良いですが、4まですると減りが早い気がします。だけど、顔や周辺が凝っていては中々難しいので、ヘッドスパや首や肩周辺のマッサージも併用するとよいです。

スポンサーリンク

目元のケアにプラスすると”効率的”

太った人を想像してみて下さい(スミマセン・・・)

ア○パン○ンのように(本当にスミマセン)ほっぺのお肉がまる~く固まり、それにつられて鼻のすぐ横のお肉からひっぱられ横に伸びている感じがわかるでしょうか?

baby顔の固くなった”筋肉”は、ほぐしてあげることで

・鼻の脂肪・すぐ横の筋肉も柔軟に動くようになる

・顔に影ができないので、わか~く-○才にみえたり

・赤ちゃんのように、”どの角度からみても肌がふんわり” した感じ

このように、つっぱり感も気にならいスッキリ顔になることができます。

顔全体の筋肉をほぐしすことが、回り道のようで一番スピーディー!

エステナード LIFTYは 表情筋を”グイッ”

hyoujyoukin

エステナードは、みなさんご存知のRIZAPが監修の3ステップの美顔器。

①温めてホッとする ②グイっと表情筋を持ち上げる ③美容液でピーンとしたハリを!

es1

ダイエットと筋肉を鍛えるプロのライザップだけあって、顔の固まった筋肉をほぐす美顔器は口コミでも効果がスゴイと評判!毛穴対策も一緒にできるのでオススメです。

ic7エステナードの口コミ

♡ハリ感が出て【パン】【ピーン】っていう状態(笑)

♡ゆらいでた肌がキュっと引き締まった

♡翌朝には、もちもちでツルンとした肌になった

 

\赤ちゃんのようにふっくら/

二重アイテムを利用しても◎

マッサージではないですが、夜用の二重アイテムを併用してケアされるのも1つの方法です。

マッサージを継続し、脂肪の厚みが少し減ったかなという状態ですると、クセもしやすく!

夜ケアをして朝起きると、美容液を塗った部分がとれたてたりしますが、根気よく続けてみましょう。

夜眠っている間って、眠りが人生の1/3といわれてるだけに長い時間ですよね。この時間が目の美容になるならとっても効率的だと思います。

寝るたび二重に近づく「ナイトアイボーテ」

スポンサーリンク

脂肪を除去する方法

では、すでについてしまったまぶたの脂肪を落とす方法には、どんなものがあるのか見ていきましょう。

美容整形などセルフケア以外の方法もご紹介します。

脂肪吸引

eyelid

脂肪吸引の方法は、吸引と言っても脂肪を吸い出すわけではなく、小さな穴から脂肪を引っ張り出し切除する、というものになります。

手術費用は、埋没法と合わせて大抵行われることが多く、埋没法の費用にプラス5~6万円程度となっています。

しかし、よほどの脂肪の塊でない限り、脂肪吸引はオススメしません。というのも、年をとると目がくぼむ(へこんで見える)原因になると、いわれているからです。

脂肪吸引を行い、しばらくの間は満足した目元に見えるかもしれませんが、将来のことを考えると不安が残ります。

まぶたの皮膚切除・埋没法

まぶたが腫れぼったいと感じていても、その原因がまぶたについた脂肪ではなくたるみだった場合には、皮膚切除・埋没法のみでも効果があることもあります。

脂肪吸引にするか、皮膚切除・埋没法にするかは、手術を受ける際に、ドクターと良く相談するべき項目の1つです。

脂肪溶解注射

これまで、目元への脂肪溶解注射は、腫れが強く出るので眼球を圧迫する危険があり、使用することはできませんでした。

しかし、近年では目元への使用が可能になったので、一つの方法としてご紹介していますが、注射してもむくみが解消されるだけなので、また元に戻るでしょうし、脂肪燃焼作用の働きは少ないのが事実のようです。

スポンサーリンク

まぶたの脂肪の改善まとめ

まぶたの脂肪の原因と脂肪除去法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

まぶたに脂肪がつくことで、色々な症状を引き起こすということもわかりました。

ずっと、目元にコンプレックスを抱えているのではなく、手軽にできるマッサージや、悩みが大きい方は本格的に整形手術を受けことも視野に入れ、スッキリとした若々しい目元を手に入れましょう。