色白の人も?シミができやすい人の特徴とメラニン色素を減らすには?

sora

日差しが強い夏は、短時間の外出でも肌へのダメージは増していきます。

毎日スキンケアをしているつもりでも、夏が終わるころには、

「肌のハリがなくなった」

「カサカサになってきた」

こんな感じになっていませんか?

ケアをせず放置しておくと、老化促進に繋がり、シミやシワ、たるみやくすみを招いてしまいます。

今回は、シミができやすい人の特徴と紫外線の予防・対策についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

色が白い人はシミができやすい?

色白だとシミができた時に、目立ちやすいとは思います。実際はどうなんでしょうか?シミができやすい体質についてみていきます。

こんな肌体質だと「シミ」ができやすい

point「少し日焼けすると、赤みがなかなかひかない」

日焼けしても、黒くならなくて赤みだけがしばらくの間続く人。この肌タイプの人は色白で皮膚のメラニンが少ないタイプの人といわれています。

反対に、色が黒くメラニンがもともと多い肌タイプの人は、シミになりずらいといわれています。これは、日差しから皮膚を守るためのメラニンがもともと多いためです。

肝斑(かんぱん)ができやすいのは?

pointシミの中でも、肝斑(かんぱん)という種類がありますが、このシミは色が黒い人に多いといわれています。

できてしまった肝斑は、日焼けが原因ではないものの、浴びてしまうとそれにより症状が悪化していきます。

肝斑は、目の下から頬の間に出来やすいことから、日に当たりやすい部分といえます。シミができにくいタイプの人も、日焼け対策は大切なんですね。

スポンサーリンク

毎日の日焼けが重なると・・・

シミやシワの原因物質「チロシナーゼ」が増える

point紫外線は、メラニンを合成する酵素(チロシナーゼ)の働きを促す作用があります。

チロシナーゼとは、肌のメラニンを作る酵素のことです。

日光を浴びることにより活性化したチロシナーゼは、メラニンを黒色に変化させ、皮膚へと沈着していき、やがて「シミ」となります。

更には老化や病気の原因となる活性酸素を増やし皮膚の脂質を酸化させたり細胞の弾力を失う為、シワやくすみの原因になります。

ただ、ココで紫外線を浴びたからといって諦めないで、日焼後の対策をすることが大切です。チロシナーゼを抑えることができれば、黒色のメラニンは生成されないので、外からと中からの美白ケアで、シミのもとを減らすことが可能です。

チロシナーゼを減らすには、「アルブチン」・「エラグ酸」・「ビタミンC誘導体」・「プラセンタエキス」などが効果的といわれています。

★メラニンの生成を抑えるL-システイン・トラネキサム酸配合の美白化粧品。

【最安値はココ】年齢肌をストップ!ブライトエイジ化粧品を買うにはどこがいい?
20代半ばまでは、疲れても化粧水をつけて一晩寝ると翌日にはふっくらとメイクのりがいい肌に戻っ...

眼の病気にもかかりやすい

point白内障の約20%は、紫外線量と関係があるといわれています。

白内障とは、眼の中になる水晶体がにごり視力がだんだんと低下していき、最悪のケースだと失明にまで至る眼の病気です。

50歳以上で加齢が原因となることが主ですので、年齢とともに減少していくルテインとも関係があるといわれています。

外部刺激から、網膜を守るのが「ルテイン」の大切な働きで、紫外線など外部の光によるダメージを軽減し、加齢による眼病の予防にも効果的といわれています。

眼からの紫外線には、UVカットのサングラスや帽子を被るなどの予防をしてみましょう。

スポンサーリンク

日焼け後の対策

fruit

ビタミンC

point胞と細胞を繋ぐコラーゲンや脂質の材料になりますが、その他に肌を潤す効果もあります。

  • ビタミンCは1日に50mg摂ると良いですが、日焼け対策には「100~150mg」摂るのが理想です。

DHA

point脂質の主成分はDHAやコレステロールですから、DHAですと1日に0.5gを摂ると良いでしょう。

  • 鰻の蒲焼き マダイ サンマ アジ ホタテなどから摂取できます。

ビタミンAとビタミンE

point紫外線によって増える活性酸素をストップさせるには、ビタミンAとビタミンEが必要です。

ビタミンAは、身体の細胞を生成する際に欠くことのできないビタミンであり、皮膚の新陳代謝を速やかに促して、健康的な肌作りに貢献してくれます。

ビタミンEは、ビタミンCがしっかり摂れていると、何回も活動ができて、効率良く活性酸素を撃退してくれます。 また、ビタミンEは血行促進の効果もありますので、結果的に顔色も良くしてくれます。

  • レバー 人参 ニラ アーモンド タラコ カボチャ 納豆 モロヘイヤ サツマイモ 抹茶などに多く含まれています。
スポンサーリンク

髪の紫外線ダメージ対策

髪の紫外線ケアはどうするの?

point紫外線は肌だけでなく髪の毛にも影響を及ぼし、抜け毛 枝毛 赤茶けなど原因になります。

髪の毛は、肌のように暑さを感じないものですので、身体の一部ということを忘れがちです。 ですから、髪の毛に栄養を送ってあげることも大切になってきます。

髪の毛の主要成分は、硫黄を含んだタンパク質なので、硫黄を含むアミノ酸が有効です。 アミノ酸は、卵 ゴマ 大豆 肉や魚類 はと麦などに含まれています。

point鉄や銅が不足すると赤茶けたり細くなりますので、鉄は1日に12mg、銅は2.5mgが目安になります。

ひじき 鶏レバー アサリ キクラゲ イカ クルマエビ こうや豆腐 アジ きな粉 切干大根などから摂取できます。

pointまた、日差しに当たって汗をかくと水分を失いますので、失った水分は、ビタミンCで補うと良いです。

緑茶や抹茶はビタミンCやEが豊富ですし、カテキンには抗酸化作用やガンを抑制する作用もあるのでオススメです。 抹茶に砂糖を混ぜて凍らせれば、カキ氷にもなりますのでちょっしたおやつにも最適です。

スポンサーリンク

体内から全身ケアできる紫外線対策サプリ

flower

体内からUVケアをすると全身の紫外線予防にもなりますよね。

このやかないサプリには、セラミドやビタミンCなど肌によい美容成分がタップリ含まれて、肌ケアまでできるのでオススメです。

また現在、キャンペーン中ですので、通常3,067円のところが、初回30%OFFの2,147円で購入することができます。

※いつでも解約OKですので、紫外線量の多い期間だけWケアしたい方にも!

♡美容家電が当たる!?キャンペーン中

最後に

日焼け対策は、バランスのとれた食事が基本でもありますので、身体の内からも紫外線をガードしてあげることが大切になってきます。

生活習慣も大事ですが、時にはビタミンやミネラル等、栄養に目をむけた食事内容にしてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする