シミと肝斑の違いは?消したいシミの5つの種類と特徴で集中ケア!

Beach

私達は、顔や身体の色んな所にできるものをシミと呼んでいます。

しかし、医学的には顔にできるものだけを指し、その原因などによって様々なタイプに分かれています。

今回は、そんなシミの種類別に対策方法をご紹介します。

スポンサーリンク

シミにも種類がある

老人性色素斑

point最も一般的なシミで、長い年月をかけて浴びてきた紫外線が影響し、メラニン色素が蓄積してしまったことが原因で現れてきます。

頬やこめかみにできるのが特徴で、茶褐色や薄茶色をしています。 このシミは、皮膚から少し盛り上がっていることもあり、その場合は老人性のイボに変化して、更に扁平上皮ガンへと進行するケースもあります。

炎症性色素沈着

pointニキビ跡 虫刺され スクラブ洗顔 過度なパック ナイロンタオルなど、これらが原因で肌の炎症が起こり、その炎症跡が茶色く残ったものです。

この肌の炎症は、日常的にも毎日少しずつつみかさねっていいきます。

また、潰してしまったニキビの跡が、頬や顎の周りに残ってしまうことも少なくないようです。

肝斑

point主に、35歳くらいから上の年齢の女性に見られるシミで、額 眉毛の上 頬 鼻の下などに左右対称にできます。 月経不順 妊婦 卵巣腫瘍などの症状を伴うと現れてくるとされていますが、検査をしても異常が無いことが多く、原因ははっきり分かっていないようです。

ピルを長期間使用している人にも現れれる傾向があります。

雀卵斑(そばかす)

point10代に多く見られ、鼻を中心に直径数ミリほどの淡褐色や褐色のシミが現れてきます。 斑の形や色が、雀の卵にいていることから雀卵斑(じゃくらんはん)と呼ばれることもあります。

思春期の頃にでき始め、春~夏の日光の照射時間が長い季節になると、斑が濃くなり余計に目立ってきます。 また、優性遺伝しますので、両親のどちらかにできれば子供にも出来やすい傾向にあります。

黒皮症

point赤褐色や青銅色をした色素沈着が、ムラなく、または網状に顔に現れる病気です。 色素沈着が生じる前に、かぶれが起こっているので痒みを伴います。

化粧品に含まれているタール色素 香料 防腐剤、衣服の染色に使用される色素等が原因で黒皮症になります。 これらのシミは、それぞれ原因が違いますので、間違ったケアを行うと濃くなったり、肌のトラブルを招くので以下の対策を行います。

スポンサーリンク

シミの種類別に気になる対策・予防

woman_face

 老人性色素沈着

初期のシミや予防には、メラニン合成を防ぐ効果があるビタミンC誘導体配合の化粧品水、甘草エキス、カモミラET等で毎日美白ケアをすると良いです。

また、ピーリングで代謝を上げればメラニンが排泄され、肌が若返るのでアンチエイジングにも有効です。 進行したシミは、美白化粧品が効かないので、レーザー治療が必要です。

炎症性色素沈着

時間とともに薄くなっていきますが、シミが消えるまで数年かかる場合もあります。

ですがピーリングや美白化粧品でケアすれば早く消すこともできます。 ビタミンC誘導体 プラセンタ トラネキサム酸などの美容成分を肌の奥に浸透させる、イオン導入器で対策することも可能です。

※しかし、レーザー治療はこのシミには向いていないようです。

>炎症性色素沈着も防ぐ【トラネキサム酸配合】三共ヘルスケアの化粧品

肝斑

簡単には治りませんが、メラニン色素を抑制する ビタミンC、トラネキサム酸 パントテン酸などの内服薬を長期間服用し、肝斑を日光に当てないようにすれば目立たなくなってきます。

早く治したい場合はピーリングも良いです。 また、精神的なストレスは肝斑を悪化させるので、上手く気分転換することも大切です。 

雀卵斑

根本的に治すことが難しいシミですが、ビタミンCを服用すると、多少は斑が濃くなるのを防げます。

レーザー治療も良いですが再発する場合もありますので、やはり肌に合ったファンデーションを塗って紫外線から皮膚を守る対策が良いでしょう。

黒皮症

原因物質が何であれ、かぶれの症状が治まるまで化粧品などの使用は避けます。 症状が治まり色素沈着だけの状態になれば、メイクも可能ですが、原因物質が含まれていない化粧品を選ぶ必要があります。

それには、皮膚科でパッチテストを受け、原因物質を突き止めることが一番の対策です。 また、これらのシミは共通して紫外線を浴びると悪化するものが殆どです。

※UVカット成分の化粧品 帽子や日傘などで紫外線対策をすることが重要です。排卵から次の生理が始まるまでの黄体期は、体温が高くなりシミができやすくなります。

生理不順で黄体期が分からない人は、日頃から基礎体温を記していけば、シミの注意時期が把握できシミ対策になりますのでオススメです。 

スポンサーリンク

トランシーノで有名な製薬会社の美白潤いケア

t3.

毎日の肌炎症の積みかさなり、年齢的にも潤いが気になりはじめたら、製薬会社がつくった炎症をおさえながら、美白もできる年齢肌のためのスキンケアがオススメです。

加齢と共に炎症しやすくなる肌荒れを防ぎならが美白するブライトエイジ。

「かんぱん」を改善する「トランシーノ」でおなじみの第一三共ヘルスケアエイジングケアと美白ができる実力派化粧品

♡トライアル1日140円でお疲れ肌を復活するチャンス♡

しみの種類と改善方法のまとめ

シミ対策は美肌や若返りはもちろん、気持ちまでも若々しくなれます。

シミに気づいた時には早めのケアを行うことが大切であり、それがアンチエイジングにも繋がっていきます。

シミにはフォトエステがありますが、効果は日とぞれぞれで一回数万円とお値段もはりますので、レーザーが使用できる場合は、レーザーや皮膚科の飲み薬、ピーリングやビタミン導入と併用する事で、全体のお肌もキレイになり、ターンオーバーも早くなります。

また、乾燥してしまっては肌ダメージも深くなります。保湿には特に気をつけてましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする