酷い頭痛の原因は?薬を飲みたくない方に2つのタイプの症状と解消法・予防法について ⋆ MOFUBU

酷い頭痛の原因は?薬を飲みたくない方に2つのタイプの症状と解消法・予防法について

cephalalgia

15歳以上の日本人の約3,000万人以上が悩んでいると言われる「頭痛」は、とても身近にあります。

軽い痛みのものから生活や仕事に支障をきたすほどの重いものまであり、頭痛の発症する箇所も人により違います。

そんな頭痛にもいくつかの種類がありますが、患者数が多いと言われる「偏頭痛」と「緊張型頭痛」について、原因・症状と解消法・予防法をご紹介します。

頭痛が続く原因は?

偏頭痛

stress

何かのきっかけで脳の血管が急激に拡張して起こるのが偏頭痛です。

学校や仕事などで溜まった、心や身体のストレスから解放されたときなど、急に血管が拡張することがあり、学校や仕事がない週末などの休日に起こりやすいと言われています。

他にも、寝過ぎや寝不足、女性ホルモンの変動だったり、空腹時、疲労、光や音などの強い刺激、これらも偏頭痛を引き起こす原因とされています。

緊張型頭痛

pc

頭部の横の筋肉・肩や首の筋肉などが緊張することで起こるのが緊張型頭痛です。

筋肉の緊張で血流が悪くなり、筋肉内に老廃物がたまって周囲の神経が刺激されて起こるのが原因とされています。

心や身体のストレスがきっかけであることが多く、コンピューター操作やデスクワークなどの、同じ姿勢を長時間とり続ける方は起こりやすいと言われています。
これらの原因のように筋肉の緊張ではなく、うつ病などの心の病が原因となる緊張型頭痛もあります。

また、この「偏頭痛」と「緊張型頭痛」の両方を併せ持つ方も多くいます。

種類別の症状

偏頭痛

migraine-headache

頭痛を感じる直前には肩こりが出ることもあり、こめかみから目元の周辺がズキンズキンと心拍に合わさるように痛みを感じます。

片側だけが痛いとは限らずに両側が痛む場合もあります。
日常生活や仕事などに支障が出るほど、酷い痛みが出る方もいる発作性の頭痛です。

特徴としては、体を動かして頭の位置を変える(左右に頭を動かすなど)と、痛みが増すことです。

頭痛以外にも吐き気や嘔吐、下痢などの症状を併せもつことがあり、光や音、におい、気圧や温度の変化に過敏になることがあげられます。

1度痛み出すと、睡眠などの休養をとっても2、3日は続き、1ヶ月に1、2回、多い方だと1週間に一回起こるなど、周期的に頭痛を繰り返します。

緊張型頭痛

tension-headache

午後から夕方にかけて、目の奥の疲れや倦怠感などとともに頭痛が現れやすいのが特徴です。

後頭部から首筋を中心として、全体がギューッとしめつけられるような痛みを感じます。

吐き気や嘔吐などの頭痛以外の症状は現れることも無く、日常生活や仕事への支障も片頭痛ほどではないようですが、数時間で治まる場合、もしくは頭痛が数ヶ月以上も続くなど慢性化する場合もあるようです。

解消法・予防法

偏頭痛は冷やす

sleeping-room

・解消法

冷たいタオルなどを痛む部位に当てて冷やすことにより、血管を収縮させ、痛みを緩和させます。

※入浴やマッサージなどで暖めることは血管を拡張させることに繋がるので、痛みが増すので注意しましょう。

また、頭痛の時に体を動かしたり、光や騒音でも痛みは増してしまいますので、静かで暗い場所で身体を休めましょう。

・予防法

頭痛が酷くなる前の早い段階でコーヒーや紅茶、日本茶を飲むと、カフェインにより血管を収縮させ痛みを和らげる効果があります。

※毎日のように摂取すると過剰摂取になり、逆に頭痛を誘発しますので注意が必要です。

緊張型頭痛は温める

stretch

・解消法

偏頭痛の解消法とは逆に、マッサージや蒸しタオル、半身浴などで、首や肩の筋肉を温めてこりをほぐし、血行を良くすることが効果的です。

また、頭痛がし始めたら、心身にストレスを加えていることを一時中断し、その場所から離れるなどの気分転換を早めに行いましょう。

・予防法

姿勢を正しくし、同じ姿勢を長時間しないようにする、簡単なストレッチをこまめにして、首や肩の筋肉の緊張をほぐしましょう。

また、高すぎる枕や柔らかい枕は首の負担になるので、気付かないうちに筋肉を緊張させてしまうので、自分に合った枕を選ぶことも効果的です。

あたまが重たい・・・ズキズキ頭痛専用サプリ

zuki

頭が痛くなるたびに、お薬を飲みたくないという方は、サプリでその頭痛の回数を減らしてみませんか?

頭痛を軽減させるための「ずきしらずの実」は、実感度が高いハーブサプリです。

point特徴としては、下記のように90%以上の方が実感されています。

  • 頭痛が起こる回数が減ったように感じる
  • 頭痛が起こっても以前のように重くなくなった

このようにズキズキする痛みから、飲んでなかった時に比べ軽減されたという声が多いようです。

薬だけに頼りたくない方は、植物由来のサプリを試してみるのも1つの方法です。

まとめ

cat-2

このように、一言で「頭痛」と言っても種類があり、それぞれ症状も違います。

あなたの頭痛がどれにあてはまるのかをきちんと見極め、その種類にあった解消法や予防法を行うことで、辛い痛みを緩和することが出来ます。

また、帰宅後はリフレッシュできる時間を少しでもいいのでとり、ゆっくり睡眠をとって、頭痛が起きにくい身体に近づけていきましょう!