血液ドロドロの原因・サラサラにする効果的な4つの食べ物・食事の方法とは?

私たちの身体の全身に流れている血液。

その血液がドロドロになると、高血圧にも影響があり、様々な病気を引き起こすリスクが高まるということは、近年非常に注目されています。

では、なぜ血液がドロドロになってしまうのでしょうか?
そして、ドロドロになってしまった血液は、サラサラの健康な状態へと戻すことはできるのでしょうか?

そこで今回は、血液がドロドロになる原因と、サラサラな血液に戻す効果的な食べ物について、ご紹介していきます。

血液がドロドロになる原因

pressure

まずは、なぜ血液がドロドロになるのか、その原因について、見ていきましょう。
ご自分に当てはまるものがないか、チェックしてみましょう。

運動不足

運動不足になると、身体に溜まった糖分や脂肪が、燃焼されずに溜まり続けていきます。
そして、新陳代謝も低下して老廃物も溜まっていきます。

これらの不純物が溜まることによって、血液がドロドロになっていくのです。

食事

脂肪分の多い肉類や油分、糖分の多いお菓子やジュース類は、中性脂肪を増やす原因になります。血中の中性脂肪が増えると、血液がドロドロになってしまいますので、他の臓器にも影響がでてきます。

また、暴飲暴食もその原因としてあげられます。

水分不足

汗をかくなどにより体内の水分量が減少すると、血中の水分不足が起こり、血液をドロドロにしていきます。

夏の時期や、風邪などによって高熱がある時など、脱水症状が見られる場合は、血液がドロドロになっている時でもあるそうです。

アルコールや煙草

過剰なアルコールの摂取や喫煙は、体内に活性酸素を発生させ、コレステロールや中性脂肪が増え、血液がドロドロになってしまいます。

ストレス

強いストレスを感じつづけると血圧が上がり、血糖値やコレステロール値が上がることがわかっています。

これらの値が上がると、血流が悪くなるため、血液がドロドロになるということに繋がります。

血液をサラサラにする食べ物

salad

では、どんな食材に血液をサラサラにする効果があるのでしょうか?

緑黄色野菜は、皮も食べよう

野菜の中でも、緑黄色野菜には抗血栓成分、抗酸化成分が含まれています。

また、実はもちろのこと、皮や皮に近い部分に多く含まれているので、なるべく皮を剥かずに摂取すると良いでしょう。

1食120g、1日350g以上の野菜量を摂取することがオススメですが、まずは積極的に摂取することを心掛けてみてください。

玄米や雑穀でダイエットにも

玄米や雑穀には、白米よりも食物繊維が、たっぷり含まれています。

食物繊維には、コレステロールの吸収抑制、排泄の働きがあるため、血液をサラサラにする効果が期待できます。

青魚

魚の中でも、特にアジやサバ、サンマ、イワシなどの青魚がオススメです。

青魚には、不飽和脂肪酸が含まれていて、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす働きがあるため、血液をサラサラにできるのです。

海藻やキノコ、豆類

海藻やキノコ、豆類には、食物繊維がたっぷり含まれているので、コレステロール排泄や抗血栓などの効果があります。

なるべく、毎食摂取できるようにしておきたい食材です。

注意点

shower

血液をサラサラにしてくれる食材がわかったところで、その他の注意点をまとめてみます。

多く摂ることよりバランスを意識

何事にも言えることですが、ただ沢山食べれば良いということではありません。

どんなに効果的な食材であっても、ずっと同じ食材ばかりをとり続けずに、食材をローテーションしながら、バランス良く摂取するようにしましょう。

適度な運動

食事に気をつけると共に、是非行っていただきたいのが、適度な運動です。

血液をサラサラにする効果的な運動というと、有酸素運動の軽いものが効果的です。
ウォーキングやストレッチ、水中の全身運動などが、オススメです。

入浴も効果的

入浴にも、上記にあげたような有酸素運動の軽いものと、同様の効果が期待できるとされています。ただし、温度には注意が必要です。

42度以上の熱いお湯に浸かると、逆に血液をドロドロにしてしまいますので、やめておきましょう。

まとめ

aroma

ここまで、血液がドロドロになる原因と、サラサラにする食べ物についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

原因をきちんと理解し、それらを排除しながら、血液をサラサラにする効果的な食べ物を積極的に食べて、いつまでも健康な状態を保てるようにしていきましょう。