引越しのあれこれ(不動産の契約から引越し会社迄) 口コミ ⋆ MOFUBU

引越しのあれこれ(不動産の契約から引越し会社迄) 口コミ

ldk

私事ではありますが、今年引越しをしました。 引越しは、片付けや不動産会社との契約等少し(結構)面倒です。 何回か引越経験はありますが、メリットのある事となるべく順序よくする為に書いていきます。

訪問前にWEBで賃貸物件を検索を

まず、あらかじめWEBで物件を検索しましょう。料金や物件の目安も見えてきます。

引越しを何回かしている私から・・・

早速ですがあまり多くの物件、できれば5件以上の物件はみない方が検討しやすいです

なぜならA物件はオートロックがあるのに、B物件にはない。でもB物件は、改装していてキッチンがとても広い。C物件には両方あるけど、お湯の温度設定機能がついていない!など。 現在住んでいる物件とも比較してしまい、考え出したら・・・残念ですがキリがないんです。 これではせっかくのお引越しの前に疲れてしまいますので、なるべく条件を先に最低3つ以上は決めて不動産屋に訪問し、物件を検討する事をおすすめします。

※電話や不動産屋のホームページのメールフォームから事前に条件と訪問日時を連絡しておくと、鍵の準備もありますのでスムーズに案内してもらえうことができます。

実際に不動産屋へ行って物件を見る

準備ができたら早速不動産屋へ行きます。 予約していた事を伝えて、物件の説明を受けながら車に乗り案内してもらいましょう。

当日は、メジャーと筆記用具を持っていくと便利です。 物件を見ながら、メモしていくと後で比較しやすいです。 また、気になる箇所は、携帯・スマホのカメラで写真を保存しておきます。

 balloon

現在使用しているものは節約にもなるので、引越し先でも使いたいですよね。 物件見学の時に使えそうなものはサイズを測っておくといいです。

※ポイント ガスコンロ きちんと置けるか幅を確認しておきます

・照明器具

見落としがちですが、ついてない物件は結構多いです。現在の照明器具が、ご自身で購入されたものでしたら新居に付け替えましょう。

・カーテンの長さ

物件がステキで長さが合わなければカーテンくらいは・・・心機一転新しく購入しましょう。

・駐車場の確認

あまり気にならないところかもしれないですが、車が駐車しにくい場合物件を検討中なのですがと相談すると変更できる事もあります。

・インターネットの環境

ADSLしかひけなかったのにもう契約したからしょうがない!という事にならぬように、事前に不動産屋又はプロバイダーにご自身で確認してみましょう。ネット環境が悪いと不便ですよね。

物件の検討・契約

living

物件を何件か見たら、その場では決めずにまずは持って帰って考えますと伝えます。とはいえ、自分で見てきたので、だいたいの気にいった物件に絞れているかと思います。写真や上記のポイントも含め、この物件でいいのか再度自分自身と相談しましょう。 他にも、契約前に確認事項はないか、修理してもらう箇所はなかったか確認します。

契約の時

stamp

さて、確認して問題がなければいよいよ契約です。 ここからの流れは以下のようになります。

①不動産に決めた物件を連絡(要望があれば契約前に伝えて下さい)

・入居希望日も伝えます。

②契約書と重要事項説明書に押印します

・契約に必要な書類は契約者 本人の住民票

・保証人が必要な場合 保証人の印鑑証明  (保証会社を使用している場合は必要ない場合があります。)

③料金を支払い、入居日にカギをもらいます。

・月の途中に入居する場合など、その月と翌月の賃料迄を支払います。

・シリンダー代・保険料 ※その他 料金については別ページに後日記載します。

   こちらからどうぞ → 引越の気になる料金 

引越から入居まで

house

引越業者に見積依頼 私は今回http://ny-service1.com/福岡県のNy エヌワイ・サービスという引越業者に依頼しました。とても親切で料金も安いです。現場には若い方たちが来られてこまごまとした事も頼みやすくてしかもスピーディーでした。引越しの価格ガイドさんでも口コミが良かったです。【引越し価格ガイド】見積もり比較サイト 配置などあらかじめ決めておいて、重たいものは引越し時に動かしてもらいましょう。 せっかくなので、不要なものは引越し前に捨てるとスッキリします。

最後に

 お部屋が広くなったり、配置を変更したりすると気分もリフレッシュします。

順序よくお引越して、快適な日常にしましょう!