あなたに似合うのは?メガネフレームの種類と選び方のポイント ⋆ MOFUBU

あなたに似合うのは?メガネフレームの種類と選び方のポイント

皆さんは、「メガネ」をお使いでしょうか?

視力が悪いために仕方なく使用している、という方もいらっしゃるでしょうし、ファッションの一つとしてダテメガネを取り入れている、という方も多いでしょう。

生活を送る上でメガネが必要不可欠という方も、ファッション感覚で取り入れるようにすると、メガネのある生活を楽しめるのではないでしょうか。

そこで今回は、メガネのオススメの選び方について、ご紹介していきたいと思います。

メガネの形

まずは、代表的なメガネの形をいくつか、ご紹介していきましょう。

スクエア

glasses

スクエアタイプのメガネは、直線的で四角いフレームが特徴です。

丸い輪郭、顎を引き締めて見せる効果があるので、丸顔の方にオススメの形です。

シャープでキリっとした顔立ちを、作ることができますよ。

また、横長な形によって目元を横に向かって強調するので、目元にインパクトを与えることができて、目元を強調することで、大人な美人系スタイルも楽しめます。

ラウンド

glasses

ラウンドタイプのメガネは、フレームが丸いのが特徴です。

この丸い形が、三角顔・四角顔の角張った輪郭を、柔らかい印象にしてくれるので、優しいイメージを作ることができます。

オーバル

glasses

オーバルタイプのメガネは、フレームが楕円形なのが特徴です。

この形は、最もシンプルな形なので、取り入れやすいですし、様々なヘアスタイル、服装、顔に馴染みやすいので、メガネ初心者の方ににオススメです。

女性に人気のある形ですので、フレーム選びに悩んだ時は、オーバルタイプを選んでおけば妥当と言えます。

フォックス

フォックスタイプのメガネは、その名の通り、フレームがキツネ目のような、つり目形なのが特徴です。

丸顔の方が使用するとシャープな顔立ちにする効果がありますし、クールな印象を与えることができます。

知的な雰囲気を持つ形なので、頭が切れるような印象を与えることもできます。

ウエリントン

glasses

ウエリントンタイプのメガネは、フレームが逆台形型をしてるのが特徴です。

縦幅が広い形てすから、面長の顔立ちの方にはピッタリのフレームです。

以前は、ダサ眼鏡などと言われていた時代もありましたが、近年ではレトロな感じが可愛いいと、ダテメガネでファッションに取り入れる方も増えています。

輪郭に合わせて選ぶ

次に、輪郭の形別に、オススメのフレーム、オススメできないフレームを、それぞれご紹介していきましょう。

丸顔

glasses

point丸顔の方にオススメなのは、スクエアタイプ・フォックスタイプです。

スクエアタイプは、四角いフレームが、丸顔の引き締め効果を持っていますし、細めのフレームを選ぶと良いでしょう。
また、フレームの下ふちが無いものを選ぶと、面長効果によって丸顔をより緩和できます。
フォックスタイプは、顔の縦ラインを強調するので、丸顔を緩和してアゴをシャープに見せる効果があります。

丸顔の方にオススメできないのは、ラウンドタイプ・ウエリントンタイプです。

ラウンドタイプのような丸みのあるフレームは、丸顔を強調してしまいますし、上下幅の広いウエリントンタイプは、顔の縦ラインを短く見せてしまいます。

四角顔

point四角顔の方にオススメなのは、オーバルタイプ・ラウンドタイプ・フォックスタイプです。

オーバルタイプ・ラウンドタイプのような、丸みのあるフレームには、角張った輪郭を緩和する効果があります。

フォックスタイプは、アゴをシャープに見せる効果がありますし、縦幅が広くてフレームのふちが太いものが特にオススメです。

四角顔の方にオススメできないのは、四角いフレームが特徴のスクエアタイプです。

四角いフレームでは、角張った輪郭を強調してしまいますので、避けておくのがベストです。

三角顔

glasses

point三角顔の方にオススメなのは、オーバルタイプです。

オーバルタイプの特徴である、緩やかな丸みのフレームが、シャープな印象の顔を優しい印象にする効果があります。
さらに、ふちが無いタイプ、フレームの色が肌に近く淡いもの、小ぶりなものを選ぶのがベストです。

三角顔の方にオススメできないのは、縦ラインを強調してしまう、ウエリントンタイプ・フォックスタイプです。

縦幅があってフレームが太いものは、シャープな顔立ちを強調しやすくなります。

面長

glasses

point面長の方にオススメなのは、ウエリントンタイプです。

太めのフレームで、大きな丸みがあり、上下ともに幅のあるものを選ぶと、顔の縦のラインを緩和することができます。

また、上ふちの無いタイプもオススメです。

面長の方にオススメできないのは、スクエアタイプ・フォックスタイプです。

上下ともに幅が狭く、細いフレームだと尚更、顔の縦のラインを強調してしまいます。
下ふちの無いものも、オススメできません。

メガネ選びのポイント

glasses

最後に、メガネを選ぶときのポイントをまとめていきましょう。

輪郭と同じ形はNG

point輪郭をメガネでカモフラージュする時に気をつけておきたいのが、輪郭と同様の形を選ぶのはNGだということです。

丸顔の方が丸いメガネ、四角い顔の方が四角いメガネ、このような選び方をしてしまうと、輪郭の形を強調してしまうことになります。

フレームの縦横の長さのポイント

pointメガネの縦の長さは、眉毛~アゴまでの間で、1/3におさめることが最も自然だと言われています。

メガネの横の長さは、顔と同等、もしくは多少小さめがベストとされています。
しかし、近年ではファッションの一貫として、わざと大きめのフレームを選択するのも一つとして考えられています。

point眉毛のライン=フレームのライン

眉毛のラインとフレームの上のラインを同等の長さにすると、顔に馴染みやすいようです。

フレームの色は髪色に合わせる

フレームの色の選択に迷ったら、自分の髪色に近い、同系色を選ぶのがオススメです。

また、髪型・メイク・ファッションに合わせて、メガネのカラーを楽しんでも良いですね。

まとめ

flower

ここまで、メガネのオススメの選び方について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

メガネを上手に取り入れることで、顔の形などのコンプレックスの解消もできますし、おしゃれ度をアップさせることもできます。

ぜひ、メガネやサングラスを購入される時の参考にしてみてくださいね。