7つのポイントで安全に!サプリメントの効果や正しい選び方 ⋆ MOFUBU

7つのポイントで安全に!サプリメントの効果や正しい選び方

sapri

皆さんの中にも、健康のため美容のためにと、サプリメントを積極的に摂取している方も、多いことでしょう。

では、そのサプリメントはどのような理由で摂取しているのか、間違いなく自分の健康や美容に役立っているのか、自信をもって答えることができますか?

実は、たくさんのサプリメントが流通している近年、正しい知識を持ってサプリメント選びを行っている方は、とても少ないと言います。

そこで今回は、サプリメントの賢い選び方やチェックポイントについて、まとめていきます。

サプリメントの為の正しい基礎知識

まずは、サプリメントを選ぶ際、摂取時に重要な、サプリメントの正しい知識について、ご紹介していきましょう。

国の特別な審査は無い

pointサプリメントというものは、日本では医薬品の扱いではなく「食品」に分類されています。

ですので、国の特別な審査が無いので、サプリメントとしてどんなものでも、誰でも販売することができてしまいます。

このことで、時として健康被害等のトラブルが起こることもあるのです。

中には有害なものも…

point審査が無い、誰でも販売ができますから、無名メーカーが販売するものの中には成分や容量の異なるものや、主要成分が全く含まれないもの、有害物質や異物の混入、などのサプリメントも存在しています。

また、サプリメントにも副作用はありますので、身体にとって必要不可欠な栄養素を補う目的のサプリメントも、摂取方法を間違えたりすることで過剰摂取になり、健康被害を引き起こすケースもあります。

万人に有効なものは無いに等しい

point例えば、友人が飲んでいるサプリメントに効果があったからと言って、自分にも効果があるということは無いに等しいのです。

人それぞれの体質をはじめ、食生活や年齢、体重、性別、運動量など、最適な栄養素の種類や量は変動します。

また、一定期間摂取していたサプリメントであっても、体調や季節の変化、ストレスの度合いなどによっても、急に合わなくなるケースもあります。

注意しておくべきサプリメント

次に、既に流通しているサプリメントの中で、注意しておくべき種類などを、ご紹介していきましょう。

輸入品

caution

pointサプリメントには副作用は無いという思い込み、海外からの個人輸入、含まれている成分の不明確など、うわさや宣伝だけを信用してしまうことは、絶対に避けておきましょう。

個人輸入等の場合、製品到着後は自己責任という事が多いです。海外には、PL保険のようなものに入ってない製造元も多いので、健康被害があったとしても、補償されることはほぼ不可能です。私達の口から身体の中に入れるものなので、何かあってからでは遅いのです。

過去に、海外からの輸入製品の中の、ダイエット食品の摂取を原因とする死亡事故例があります。このダイエット食品の成分に、医薬品が含まれていたため、大きな副作用を起こしてしまったのです。

ビタミンK を含むサプリメント

point治療目的で血液をサラサラにする薬、「ワルファリン」を服用している方が、ビタミンKのサプリメントを併用してしまうと、治療効能を損なってしまいます。

ですので、有効成分の多くを、ビタミンK(クロレラなど)が占めているようなサプリメントの摂取を控えるべきです。

鉄分を含むサプリメント

point慢性肝炎を患っている方の摂取は、禁忌であるとされています。

多くの女性が、意識的に摂取した方が良いとされる鉄分にも、注意が必要なケースがあります。

鉄分は、必要不可欠な成分ではあるものの、摂取のし過ぎは健康被害を引き起こすとされています。

肥満解消系のサプリメント

tape

point肥満解消系のサプリメントには、本来であれば毒性の強い成分だったり、下剤などを含んでいるものも存在しています。

サプリメントを摂取しているからといって、食生活や運動などを意識的に改善しなければ、効果を感じられないばかりか、無意味に等しいとさえ言われています。

成分表示は、十分注意して確認するようにしなければなりません。

サプリメントの正しい選び方

最後に、サプリメントの正しい選び方について、ご紹介していきましょう。

判断基準となるポイントは?

サプリメントを選ぶ基準として、下記のチェックポントをご確認の上、購入・摂取をするようにしましょう。

  1. 原料の原産地、製造元の電話などの詳細が具体的に記載されているか
  2. 製造番号・ロット番号の表示・加工方法がきちんと表示されているか
  3. 内容量、成分表示・アレルゲンの表示(mgなど単位表示はあるか)
  4. 栄養素の含有量(含有量の表示・1日の目安摂取量を満たしているか否か)

適切な成分を使用し、適切な加工工程を取っているものは、ある程度の費用がかかります。あまり安価なサプリメントは特に注意して成分を確認するようにしましょう。

また、【 トクホ 】商品がある場合は医学的な効果、根拠があるため、どれにするか迷っている時はトクホを摂取するようにするとよいでしょう。

医学的根拠に「欠ける」サプリメント

medicina

医学的に見たときに、効果を裏付ける明確なものが無いとされているものを下記に挙げてみます。

point既に、日本でも爆発的にヒットしたようなサプリメントも、実は医学的根拠に欠けるというケースもあるのです。

  • クロレラ
  • プルーン
  • ケール
  • アガリスク
  • 霊芝
  • メシマコブ
  • 発芽玄米
  • ゴマ
  • ローヤルゼリー
  • プロポリス など

医学的根拠があり、効果のあるサプリメントは?

pointしっかりと、医学的根拠があるサプリメントも存在しています。

  • マルチビタミン
  • ミネラル
  • 抗酸化物質配合のサプリ
  • EPA
  • DHA
  • 骨粗鬆症用サプリメント など

まとめ

cat

ここまで、サプリメントの選び方について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

手軽に購入出来てしまうサプリメントは、正しく選んだり、正しい摂取方法を守らないと、健康のために取り入れたもので健康被害を起こしてしまうこともあるのです。

また、○○エキス配合、○の抽出物といった商品には、含有量が少ないものが数多くあります。量をきちんと調べ購入し、継続しても効果がない場合、そのサプリの摂取をやめるのも1つの手です。

サプリメントの位置づけを正しく理解し、極端に安いものや海外からの個人輸入品などに飛びつくのは、避けるようにしていきましょう。